【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2019/06/20 19:15

こんばんワン♪
絶賛と酷評の真っ二つに評価の分かれる作品というのは
作り手も世間に訴えるべく敢えてそういう作りにしているのでしょう。
映画に関しては倫理的に物議を醸す描写を入れるか入れないかというのがひとつの分岐点になります。
映像を作る方が表現者として今までにない映像や刺激のある映像を入れたい気持ちもわかりますが、
刺激だらけになっても観ている方としては不快です。
つまりその描写が作品に必要な描写か否かというのが鍵になってきます。
『おおかみこどもの雨と雪』の中にはアニメという大人から子供まで幅広い層に訴えかけるメディアとして
果たしてこの描写は必要だったのかという場面があります。
細田守監督自身は「必要な描写だった」と振り返っていますが、
例えこの描写を受け入れられなかったとしてもこの作品の高い完成度には誰もが唸らせられるはず。
ストーリーはジャケットに書いてある文言から推して知るべしといった内容ですが、
観賞後の何とも言えない切なさや叙情感は他の作品では感じる事が出来ない大いなる個性。
誤解を恐れずに言うならば“現代版日本昔ばなし”といった情緒のある作品でした。

魂の評価 ★★★★☆


ヤマトDM便発送可 (出演) 宮崎あおい 大沢たかお 黒木華 西井幸人 大野百花 加部亜門 平岡拓真 林原めぐみ 中村正【中古】Blu-ray▼おおかみこどもの雨と雪 ブルーレイディスク▽レンタル落ち

最終更新:2019/06/20 19:15

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2019年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

今月

過去の日記

2019年
2018年
2017年

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム