【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2019/03/08 21:28

こんばんワン♪
少し前の話になりますが、浜松の木下惠介記念館に行って参りました。
これまで木下監督の映画に触れる事はなかったものの名前だけは耳にしていたので
物のついでではありましたが立ち寄らせて頂きました。
結果、これは作品を観ない訳にはいかないだろうという事で代表作『二十四の瞳』を観賞。
評判通りの素晴らしい映画でした。
小豆島の12人の小学生たちと1人の女教師が出会い成長していく過程で、
貧しさと戦いながら徐々に戦争という時代の荒波に巻き込まれていく様子を描いた作品。
映画の中に戦争というファクターがある事はつまり
辛く悲しい現実を突きつけられる事から避けては通れないという事。
なぜなら戦争というものは辛く悲しいものだから。
しかしこの映画には辛く悲しい現実に相対しても決して切れる事のない、
人と人との心温まる繋がりも大きな要素として描かれています。
それに加えて日本の風景の美しさ(=映像)、日本の唱歌の美しさ(=BGM)。
戦後10年ほどで撮られたこの映画は「日本人は戦争には負けないんだ」という
木下監督の高らかな宣言にも思えます。
涙なしには観れない映画、しかし泣いてばかりもいられないんだぞ、という思いのこもった映画です。

魂の評価 ★★★★★


ヤマトDM便発送可・高峰秀子・天本英世・夏川静江・笠智衆・浦辺粂子・明石潮・高橋豊子・小林十九二・草香田鶴子【中古】DVD▼二十四の瞳 デジタルリマスター2007▽レンタル落ち

最終更新:2019/03/08 21:28

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2019年3月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

今月

過去の日記

2019年
2018年
2017年

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム