【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

お買い物部のプレゼントに移動します

2017-12-08 20:37

こんばんワン♪
SF映画は観る人によって好き嫌いがあると思います。
自分も正直に言うとそれほど得意な方ではありません。
一旦観てしまえば面白いんですが、それ以前になかなか手に取るところまでいかない。
自分の趣味趣向としてどうしても映画にリアルを求めてしまう嫌いがあるので、
SFのように全てが作り物で現実感がないと興ざめしてしまうのです。
ただ、何かしらきっかけがあると手に取るもので
今回の『ウエストワールド』も手に取ったきっかけは米国のテレビドラマ。
日本でもスター・チャンネルで放送されたようですが、これがとても評判がいいというのを耳にして
ひとまず映画の方を観てみようかと思った次第です。
言ってしまえばミーハーな野次馬根性がきっかけな訳で内容には全く期待していなかったものの、
蓋を開けてみるととても面白かった。
人間が作り出したテーマパークの中で人間によって
全てをコントロールされた人造人間たちが暴走をし始めるというストーリー。
制御不能になった人造人間の中で人間をひたすら追い立てる
最も危険な男を演じるのは『荒野の七人』のユル・ブリンナー。
人間が自ら作り出したものに追い詰められていくという皮肉を込めたテーマは
後年『ブレードランナー』『ターミネーター』といった作品に受け継がれていきます。

魂の評価 ★★★★☆


ヤマトDM便発送可・ユル・ブリンナー・リチャード・ベンジャミン・ジェームズ・ブローリン・ノーマン・バートールド・アラン・オッペンハイマー・ヴィクトリア・ショウ・スティーヴ・フ【中古】DVD▼ウエストワールド▽レンタル落ち

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2017-12-02 13:23

こんばんワン♪
歴史を映画作品にして後世に残していく事はとても重要な作業です。
史実を映画化する事は結末がわかっているためどうにもネタバレ感があるし
題材によっては「もう何回目の映画化なのよ」と辟易してしまうような場合もあるのですが、
世界中を見渡すと私たちが知らなかった史実というものが無数にあって
その映画に出会わない限り知り得なかった史実もあります。
『カティンの森』は第二次世界大戦中、ソ連が22,000人もの
ポーランド人を虐殺していたという事件を取り上げた映画です。
事件に関してはこの映画を観て初めて知りました。
題材が題材なだけに当然重く辛く悲しい映画です。
中には直視する事が出来ないほどの残酷な描写もあります。
しかしこの映画がなければ自分自身、事件について知る事はなかっただろうし
何よりポーランドという国にはナチス・ドイツとソ連の板ばさみに遭って
無残に陵辱された悲しい歴史があるというのも知る事はなかったでしょう。
ポーランドから遠く、東洋の日本という国に住む自分がそれを知る事が出来たというのはとても重要な事で、
この映画を観て同じように事件やポーランドという国について調べた人はきっと世界中にごまんといるはず。
このリアリティを突きつけられたら…悲しみが伝わらないはずはありません。

魂の評価 ★★★★☆


ヤマトDM便発送可・マヤ・オスタシェフスカ・アルトゥル・ジミイェフスキ・マヤ・コモロフスカ・ヴワディスワフ・コヴァルスキ・アンジェイ・ヒラ・ダヌタ・ステンカ・ヤン・エングレル【バーゲン】【中古】DVD▼カティンの森▽レンタル落ち

2017-11-24 18:14

こんばんワン♪
映画好きを公言している人に対して隠れ映画好きの人もいたり。
総じて映画好き人口の裾野はかなりのものです。
そういう人たちから実はコソコソとお勧めの映画を聞いて回っています。
これが非常に楽しいし面白い。
今はネット社会なので観たい映画を調べるのに全く手間はかかりません。
だからわざわざそういった人たちから情報を仕入れる必要は正直ないんですが、
しかし映画好きの人の熱量って半端じゃない。
好きな映画を語らせると止まらないのでその熱量を感じるのがとても好きです。
『薄化粧』はその情報収集の過程で知った映画。
五社英雄監督の映画を今まで観ているようでちゃんと観ていなかったので今回手に取りました。
緒形拳の殺人鬼役というと真っ先に思い浮かぶのが今村昌平監督の『復讐するは我にあり』。
『薄化粧』はまるで五社監督が『復讐~』に真っ向から戦いを挑んだような映画です。
内容はどちらも殺人鬼の逃走劇。
似通った内容ですが『復讐~』の乾いた手触りに対して『薄化粧』には人の繋がりを賛美する、
語弊のある言い方をすれば演歌的な湿り気がある。
どちらに軍配を上げるのかは非常に難しいですが、この映画はラストシーンがハイライトであり
そこに魅力が集約されているというのは確かです。

魂の評価 ★★★★☆


ヤマトDM便発送可 (出演) 緒形拳 浅野温子 松本伊代 藤真利子 大村崑 川谷拓三 竹中直人 宮下順子【中古】DVD▼薄化粧▽レンタル落ち

2017-11-16 21:59

こんばんワン♪
映画というのは一度観ただけではわからない。
その時々で印象が変わってくるのが映画です。
自分が今置かれた状況や新しい知識の蓄積で映画の見え方は全く変わってきます。
実は前回の『卒業 THE GRADUATE』も大昔に一度観た事のある映画だったんですが、
残念ながら以前と比べて個人的な評価が随分と落ちてしまいました。
また次回観る時には一体どんな評価になるのやら。それもまた映画を観るひとつの楽しみでもあります。
『ドライビング Miss デイジー』も以前に一度観た映画。
初めて観た時は「いい映画だけどおじいさんとおばあさんの地味な話だな」という印象でした。
しかしそれは昔の自分があまりにも無知だったせいで、今回改めて観てわかったのが
この作品には人種差別、貧富格差、老いといった社会問題が“さりげなく”盛り込まれているという事。
心温まる雰囲気の中で台詞の端々にも現実に対する「毒」がチクチクと含まれています。
その点でただの雰囲気ものの映画と思ったら大間違いであり、
さらにそれらの社会問題を受け止めた上で観る側に人としての本質を決して押し付けがましいやり方ではなく
あくまでも“さりげなく”訴えかけてくる手法には映画としての器の大きさを感じます。

魂の評価 ★★★★☆


ヤマトDM便発送可・ジェシカ・タンディ・モーガン・フリーマン・ダン・エイクロイド・パティ・ルポーン・エスター・ローレ・ジョー・アン・ハヴリラ・ウィリアム・ホール・Jr【バーゲン】【中古】DVD▼ドライビング Miss デイジー▽レンタル落ち

2017-11-10 20:34

こんばんワン♪
過去に「アメリカン・ニューシネマ」というムーヴメントがありました。
そこに括られる映画は多いし個人的にも好きな映画が多いのですが、
自分の感性が鈍いのかはたまた頭が悪いのか
「アメリカン・ニューシネマ」として括られる映画群にそれほど共通点を見出せません。
一般的に言われるように、終わり方が暗く刹那的という共通点はあるものの、
しかしそれらもむしろムーヴメントに乗ったかのように無理矢理暗い終わらせ方をしているような気がして
違和感、言い換えればあざとさを禁じ得ない作品もあったり。
『卒業 THE GRADUATE』も久々に観るとこれが違和感だらけで全く面白くない。
確かに常識とはかけ離れたストーリーで世の中の倫理観とは真逆の行動を取り続ける主人公。
ただ、これが「アメリカン・ニューシネマ」が内包していると言われる
反体制というテーマへの適切な表現なのかと問われると甚だ疑問。
動機付けが足りない分、社会に対してノーを突き付けているというよりは
自分勝手に行動しているようにしか見えず映画自体がだんだんコメディのように感じてきます。
サイモン&ガーファンクルの湿っぽい曲がこの映画を
何かシリアスなものに感じさせているだけ、と言ったら暴論でしょうか。

魂の評価 ★☆☆☆☆


ヤマトDM便発送可・ダスティン・ホフマン・キャサリン・ロス・アン・バンクロフト・マーレイ・ハミルトン・ウィリアム・ダニエルズ・エリザベス・ウィルソン・バック・ヘンリー・エドラ【バーゲン】【中古】DVD▼卒業 THE GRADUATE【字幕】▽レンタル落ち【アカデミー賞】

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

今月

過去の日記

2017年
2016年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2015年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

ケータイで見る

URLをケータイに送信

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム