【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2014/10/31 23:31

11月3日発売予定のTRAKTOR専用コントローラーNative Instruments TRAKTOR KONTROL S8を先行展示いたしました!


是非お試しいただき、その操作性をお確かめください!

13.jpg


やはり大型ディスプレイが気になる所だと思います!もうPCのモニターを見なくても済みます。

曲をブラウザから選ぶ時は、まずブラウザと書かれたエンコーダーを押します。

4.jpg

するとこのようにブラウザのフォルダが表示されるのでブラウザエンコーダーを使って選択します。

6.jpg


ちゃんと日本語もバッチリ表示されます!


曲をロードする場合はロードしたい曲を選んでロータリーエンコーダーを押すだけ。

フォルダの階層に入るのも、曲のロードも同じ一連の動作で行えるところが感覚的で分かりやすいです。


7.jpg


曲がデッキにロードされるとこのように波形が表示されます。

うーむ。素晴らしい!PCを見るときはDJプレイを終了する時や、各デッキのフレイバー(DECK、Remixデッキなど)を設定変更する時ぐらいでDJプレイに集中出来るので、まるでハードウエア単体機でDJをしている感覚になります!

8.jpg



そして皆さんが気になっていると思いますが、このジョグホイールが付いていないんですね

では、通常ジョグホイールで行っているデッキの操作はNative Instruments TRAKTOR KONTROL S8の場合、どこで行っているかというと、タッチストリップと呼ばれるリボンコントローラー部分で行います。

まず、曲の再生中はピッチベント機能となり、曲のテンポの微調整が行えます。

9.jpg


そしてSHIFTを押しながらタッチストリップに触れると、ニードルサーチ機能となり、レコードの針を落とすような感覚で好きなポイントから瞬時に曲を再生することができます。

10.jpg


そして、曲を一時停止中にタッチストリップに触れるとスクラッチモードになり、レコードを擦った時の音がでます。

11.jpg


エフェクトやループ幅のコントロールもできるTRAKTOR KONTROL X1MK2のタッチストリップほど多目的ではないというところが特徴でもあります。

まあ、それぞれの専用のコントロールセクションが用意されているTRAKTOR KONTROL S8で、タッチストリップにそこまでの機能を求めなくてもいいですからね(^^;)



その他、特に私が良いなぁと思ったのはFILTERツマミの下に、FILTERのON/OFFスイッチが搭載したことです。

今までのKONTROLシリーズの場合、FILTERツマミのメモリがセンターに来ているときはOFFで、それ以外の位置に動かす事で同時にFILTERがONになる仕様でした。

12.jpg

これは便利な事は便利なんですが、うっかりFILTERツマミのメモリをセンターにすることを忘れて曲をミックスしていくと明らかに出音がおかしいことがあり、気がつくとツマミの位置がズレていてこもってたり、低音が出ていなかったりすることが意外と良くあります(^^;)

この仕様ならスイッチでFILTERのON/OFFをLEDで確認できるので安全ですね。

TRAKTOR 2.7から搭載したFREEZE機能など、まだまだスゴイ機能はたくさんありますが、
これらについてはまた追々ご紹介しようと思います!


只今先行予約受付中!予約特典のポイント5倍は発売日前の11月2日まで!

Native Instruments TRAKTOR KONTROL S8

最終更新:2014/10/31 23:31

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2014年10月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム