【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2007/11/13 00:00

さて前回まででエフェクターについてのお話はひとまず終了しまして、今回から新しいカテゴリー「サンプラー」について始めます!


アーティストのインタビューやライナーノーツなどで、

「有名な○○という曲のフレーズを大々的にサンプリングして話題となった~」

「効果音はサンプラーを使って鳴らしていて~」

「数種類のサンプルから厳選して使用した~」

「サンプリング周波数は44.1kHz、16bitで録音し~」


など


「サンプラー」「サンプリング」「サンプル」という言葉をよく目や耳にすることと思います。このBlogにも何度か登場していますね。

果たしてこれらはどういうことを意味しているのでしょうか。


まず、電子楽器でのサンプラーというのは簡単に言うと、

「外部から取り込んだ音声信号を楽器のように演奏できる機材」

です。


「外部から取り込んだ音を楽器のよう演奏」にといってもなかなかイメージが付かないかもしれませんが、例えば、猫の鳴き声「ニャ~!」を使って「猫ふんじゃった」のメロディを演奏できる楽器とイメージしてもらうと良いのではないでしょうか。

♪ニャニャ ニャンニャンニャン~

といった具合にできるのがサンプラーです。


したがって音楽業界の中では、世の中にある全ての音を曲の素材としてできるのがサンプラー、そして音を素材としてサンプラーに取り込む行為をサンプリングといいます。


なぜ「音楽業界の中では」という言い方をしたかといいますと、

実はサンプリングというのは、元々の意味は統計学で使用される「標本化」ということなんです。

例えば選挙の世論調査とか出口調査がまさにサンプリングですね。

全員にどの人を投票するかを調べるのは困難。そこで数を絞ってランダム(またはある一定の規則)に選んだデーターを元に当確をあらかじめ予想するわけです。

つまり調べたい全体(母体)から抽出した一部の集まりから、母体を知るということができます。

抽出することがサンプリング、抽出されたものがサンプルということになります。




音を取り込むのも、選挙の世論調査なども、ジャンルは違ってもその行為には共通しているものがありますね。


それでは次回、サンプリングについてさらに検証していきましょう!(^ー^)ノ

最終更新:2009/04/23 11:50

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2007年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム