【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2007/11/07 00:00

本日PioneerメーカーサイトにてCDJのニューモデルが発表されました!!

Pioneer CDJ-400



CDJ-200とほぼ同じサイズでありながら、スクラッチ機能、USBメモリーを介した音楽ファイルの再生、PCと接続してDJソフトウエアのコントローラーとしての使用可能など、新しいDJシーンの動きに適応した、まさに次世代のCDJです!!

実は今日、渋谷のWombにてこの発表会が行われて行って参りましたが、予想以上にクオリティが高く、かなりグッドでした!

この模様は明日のBlogにてご紹介いたします!!(^ー^)ノお楽しみに!!

最終更新:2009/04/23 11:50

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2007/11/07 00:00

前回のコラムでは、エフェクトのON/OFFが足でコントロールできると便利だが、フットスイッチが使えるエフェクターやDJミキサーは意外と少ないという内容のお話をしました。

そこで今日はSEND/RETURN端子が搭載されたDJミキサーでエフェクトのON/OFFをコントロールできる方法をご紹介します。


しかしながら、以前DJミキサーのコラムでご紹介しましたが、DJミキサーのSEND/RETURNの仕様は機種によって様々です。


例えばVestax PMC-05Pro3の様にフェーダーを通った後の音声信号がSEND端子から出力されるPreフェーダータイプ。




Pioneer DJMシリーズのようにSENDに音声信号が丸ごと送られるインサートタイプ



RANE TTM56のようにDJミキサー側のDRY/WETフェーダーで原音とエフェクト音を調節できる
タイプがあります。




今回ご紹介するテクニックではPioneer DJMシリーズのようなSEND/RETURNタイプでは使用できません。また、エフェクトの種類も、原音とエフェクト音を混ぜると効果的な空間系(リバーブやディレイ、エコー)限定となります。


今回使用するアイテムはこちら!

BOSS FV-50L



シンセサイザーなどのフットボリュームペダルの中にはペダルの動きの情報を送るタイプもありますが、こちらのBOSS FV-50Lはステレオ音声信号の音量を直接コントロールするタイプです。

これをDJミキサーのSEND端子のエフェクターのINPUTの間に接続すれば完成です。

例えばVestax PMC-05Pro3EFX-500を使用した場合、設定は

EFX-500のMIXツマミを全てEFFECT側に回し、使用したいエフェクト(エコーなど)を選択し、エフェクトON。




Vestax PMC-05Pro3のSENDとRCVのツマミを調節して、エフェクトをかけたいチャンネルをONにします。



この状態でBOSS FV-50Lを踏みこむとDJミキサーからのSENDの音声信号がEFX-500に送られエフェクトがかかった音がRETURNへ戻ってきます。

逆にBOSS FV-50LをOにすると、EFX-500には音声信号が送られないのでRETURNに音声信号が送られず、エフェクトがかからないという仕組みです。



この方式ですと全てのエフェクター、SEND/RETURN端子搭載DJミキサーに適用できるものではありませんが、考え方次第でこのように足でエフェクトをコントロールできますよ!という僕からの提案でした(^ー^)。

最終更新:2009/04/23 11:50

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2007年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム