【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2007/06/17 00:00

今回でPioneer DJMシリーズは一区切り!

最後にご紹介するのがこのDJM-3000です。



DJM-3000DJM-600の次に発売され、操作性はDJM-600とほとんど変わらず、19インチラックマウントサイズで、とても使いやすいDJミキサーです。

主な違いはDJM-3000になってサンプリング機能が削除された替わりに後述するエフェクトミックス機能が搭載、デジタルアウト端子が搭載、マイク入力端子がさらに1つ追加された点です。

エフェクトの種類はご覧の通りDJM-600と同じで、使い方も同様です。

DJM-600


DJM-3000



19インチラックマウントできるためDJM-3000は持ち運びを頻繁にするDJや業務用として使用されることが
多いようです。

先ほどお話しました「エフェクトミックス」は、とてもユニークで、2つの曲をミックスするときにエフェクト音(ECHO、ZIP、ROLL)を使用することが出来ます。


EFFECT MIXをOFFの状態の時、クロスフェーダーのサイドにあるLEDは消灯しています。



それではEFFECT MIXをAUTOにしてみます。



すると現在、クロスフェーダーの位置が左側にあるので左側のLEDが点灯します。



この状態でエフェクトミックスの(ECHO、ZIP、ROLL)いずれかのボタンを押すと選ばれたエフェクト処理を施しながら、次の曲に自動につなげてくれるのです。

そのため、クロスフェーダーの位置は左側になっていますが、右のLEDが点灯したということでクロスフェーダーの位置に関係なく現在は右側の曲が出力されているということになります。



この機能は曲のBPMをあわせなくても簡単にクイックミックスが楽しめます(^ー^)。

次回はVestaxのDJミキサーに搭載されているエフェクターについてご説明いたします!

最終更新:2009/04/23 11:50

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2007年6月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム