【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2006/07/22 00:00

さて、今回はディレイタイムをBPMと同期させて可変させたときのディレイのかかり具合を聞き比べてみましょう。


今回使用したエフェクターはPioneer DJM-600です。

Pioneerのミキサーはいち早くBPMのシンクロしたエフェクターパラメーターの搭載したメーカーです。DJM-500というミキサーの後継機種がPioneer DJM-600で、さらに上位機種が、ただ今在庫切れでご迷惑をおかけしておりますPioneer DJM-800です。


Pioneer DJM-600のディレイ系エフェクトは「Delay」「Echo」が搭載されています。
「Delay」はDJM-600の仕様上、2回しかフィードバックされませんので、ディレイに余韻を残したい場合は「Echo」がオススメです。
※フィードバックについてはこちらをご覧下さい。


今回はEchoを使用してみます。

DJM-600は自動的にBPMを検出してくれるAUTO BPM機能が搭載されています。

10.jpg


ご覧の通り、138BPMとカウントされています。
その下のディスプレイはディレイタイムが表示されており、LEDが1/1のところで点灯していることから、4分音符のタイミングでディレイタイムが設定されているわけです。

EFX-500の機能がDJM-600にも搭載されているのですね。

DJM-600にはエフェクトのパラメーターを2つ変えられるのですが、ECHOを設定した場合、上のツマミはディレイタイム、下のツマミはDRY/WET、つまりエフェクト音と原音をどのくらい混ぜるかを変えられます。

11.jpg

一番左に回すとDRY(原音)、一番右に回すとWET(エフェクト音)。Delayなどの空間系エフェクトは原音もある程度混ぜた方が効果的です。

11.jpg


余韻を聴き比べやすいように、今回はDRY状態にして徐々にWETにしていきます。最後はフェーダーを切って原音は止めて、エフェクト音だけにしました。

12.jpg


実際聞いてみましょう。(うまく聴けない場合はディスクに保存してからお聞きください)


●ディレイタイム4分音符(1/1)の場合

こちらをクリックすると音が聴けます


●ディレイタイム付点8分音符(3/4)の場合

こちらをクリックすると音が聴けます


●ディレイタイム8分音符(1/2)の場合

こちらをクリックすると音が聴けます


●ディレイタイム16分音符(1/4)の場合

こちらをクリックすると音が聴けます


ディレイタイムが変わると聞こえ方も変わりますね。

僕はディレイをかけるときは2番目の付点8分に設定することが多いです。
単純なリズムにかけると勝手に変わったリズムができることがあるので面白いです(゜ー゜)



さて、曲作りにおいてもエフェクターはなくてはならない存在です。

まず、エフェクターを使用していない場合の曲を聞いてみてください
こちらをクリックすると音が聴けます


リズムだけにディレイをかけるとこうなります。
こちらをクリックすると音が聴けます


今度はピアノだけにエフェクトをかけてみます。
こちらをクリックすると音が聴けます

このように、エフェクトをかける原音が何であるかによって曲にいろんな表情を持たせることができるのがエフェクターなんですね。

次回がディレイの変わった使い方をご紹介します。
多分皆さん聴き覚えがあると思いますよ!(⌒▽⌒)

最終更新:2009/04/23 11:50

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2006年7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム