【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2006/06/15 00:00

今回はツインCDJまたはデュアルCDJと呼ばれるタイプについてご紹介いたします。

ツインCDJとは、その名の通り、2つのCDJの機能を持ったタイプのことで、

ほとんどが19インチのラックにマウントできるように横長な形をしております。

このようにコントローラーと、CDドライブ部が別になっており、コントロールケーブルで繋がってます。

cmx3000.jpg

また、CDJが2個くっ付いた形をしていますが、ミキサー機能はなく、それぞれのCDの再生音は別々に出力されるので別途DJミキサーが必要です。


現在主流の単体のCDJに比べるとずいぶん珍しく思う方もいらっしゃるかもしれません。


しかし、世界で初めて発売されたのは、DENONのツインCDJでした。

ツインCDJのメリットは、放送等の業務用で使用する場合、設置が容易です。19インチのラックに設置しやすく、場所も省スペースで済みます。

また、19インチのラックはいろんな種類が発売されており、例えば、GATOR GRC-8×2という
ラックには、手前にTASCAM CD-X1500のドライブ部分、トップにコントローラそして、TASCAM X-15などの19インチサイズのDJミキサーをピッタリ収納することができ、配線を行った状態で持ち運びができるので大変便利です。

↓ラックにマウントするとこのようになります。

grc.gif

まさにモバイルCDJの元祖ですね。

このようにラックマウントを行うことが前提に作られた機材ですが、自宅で使用しても全く問題ありません。単体のCDJを2台購入するより、比較的お求め安いのも特長です。 


当店で販売しているのはこの3機種です。


TASCAM CD-X1700
TASCAM CD-X1500
Pioneer CMX-3000


ちなみにCDJ単体機として初めて発売したのがPioneerです。
今ではクラブの定番CDJとなっていますね。


それでは次回はまだ補足が足りなかった部分の機能をご紹介して、まとめに入ります!

最終更新:2009/04/23 11:50

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2006年6月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム