【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2017/07/05 21:34

みなさんこんにちはデジタル担当青木です!

170705_11.jpg
ガジェット仕様のコンパクトなサイズからパワフルかつ制御不能のサウンドを生み出すREON driftbox

先日、POWERDJ'Sの系列店、渋谷鍵盤堂に、driftboxの生みの親、REON代表取締役の荒川氏をお招きして、スタッフ向けにdriftboxセミナーを開催していただきました。短い時間ではありましたが、じっくりと丁寧に、そして時に情熱的に熱く!driftboxに関してレクチャーして頂きました。色々なお話を聞くうちに、driftboxの魅力を改めて再認識することが出来ました。
170705_1.jpg

DriftBOXは、大きく分けるとこの様に音源モデルと、それ以外のモデルに分けられます。
170705_3.jpg


DriftBOXの音源モデルのサウンドは特徴があります。driftboxはVCO1、VCO2によるクロスモジュレーションとVCFの変調という、3ブロックで構成されます。可聴域の周波数によるVCO同士の変調=FM変調だけでなく、VCFを発振させて変調することで、より複雑な変化を持ったサウンドを作り出します。DriftBOX1台で非常に複雑な倍音のサウンドを楽しむことが出来ます。
170705_2.jpg

DriftBOXは、一見、ノブとスイッチがずらっと並んでいてなんだか難しそうと思うかもしれませんが、実はどのモデルもノブとスイッチが、概ね以下のような関係性になっています。
170705_4.jpg
こうしてみると非常にシンプルでわかりやすい構成になっていることがお分かりいただけるかと思います。

モジュラーシンセ等で良くみられる複雑なパッチングの配線を上部のスイッチがその役割を行っており、パッチングレスによるシステム構造を実現しています。


DriftBOXにはどのモデルにも共通して、何かを押しながら何かするといった操作がありません。階層構造の無い非常にシンプルな操作性で、感性の赴くままに音作りに没頭することが出来ます。

また、DriftBOXの音源系のモデルにはエフェクターが搭載されていません。これは、まず、シンセそのものの音で音作りをして欲しいからという理由からだそうです。
鍵盤レスでスタンドアローン動作が可能というのも、音作りを純粋に楽しんで欲しいという理由で鍵盤を排除したとの事です。
アナログシンセサイザーでの音作りを楽しむことに関して並ならぬ強いこだわりを感じます。

難しそうに見えて実はとってもシンプル。純粋にアナログシンセサイザーでの音作りを楽しめるようにデザインされています。しかしそこから発信されるのはとても複雑で奥深い唯一無二のサウンドを味わうことが出来る非常に魅力的なシンセサイザーです!

brog-kochira.jpeg


さらに今ならdriftboxを手にするチャンス!!
REON 数量限定 Summer Promotion 2017開催中です!

170705_10.jpg
対象の4モデルを期間、数量限定のスペシャル・プライスでお届けします。


対象モデルはこちら↓
■driftbox S
170705_6.jpg

通常販売価格¥49,464(税込)→ キャンペーン特価¥39,800(税込)

■driftbox SE
170705_5.jpg

通常販売価格¥56,473(税込)→ キャンペーン特価¥45,360(税込)

■driftbox J
170705_8.jpg

通常販売価格¥42,876(税込)→ キャンペーン特価¥34,560(税込)

■driftbox R_Limited
170705_7.jpg
通常販売価格¥54,000(税込)→ キャンペーン特価¥39,800(税込)


プロモーション期間:2017年6月27日(火)~ 2017年8月10日(木)

※本プロモーションは期間、数量限定です。予定数に達した場合、予告なく早期終了することがありますのでご了承下さい!

最終更新:2017/07/05 21:34

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2017年7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

今月

過去の日記

2019年
2018年
2017年

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム