【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2011/10/06 22:06

iPad専用インターフェイスALESIS IO DOCKは、当店にて絶賛発売中です!!!

iodock-alesis-a.jpg

音の入出力環境がステレオミニアウト端子、小型スピーカー、内蔵マイクしか搭載していないiPadですが、

このALESIS IO DOCKと使うと、PHONEアウト、XLR/PHONEコンボ入力端子、MIDI IN/OUT、サスティンペダル端子、ビデオ出力端子が拡張されます!



しかも、これだけI/O環境が充実した上に、電源も供給できてしまうのがとても便利なんです!!


iPadのアプリで楽曲製作をされている方にとって、今のところ唯一無二のアイテムであることは間違いなさそうです(^^)


1.jpg

iPadを右からスロットからスライドさせるようにし、奥のDOCKコネクタにしっかりハマるよう押し込んで取り付けます。


3.jpg

もちろんiPad2にも対応しています。

iPad2を使う場合は、こちらのマウントトレーを使用します。

2.jpg

IO DOCKにiPadを接続して電源をONにします。
これだけで設定はOK!

ちなみに電源をONにしないとIO DOCKは使用できません

iOSの設定画面の一般→情報をみると、ご覧のようにAlesis iO Dockの表示が現れます。

9.jpg

さらにAlesis iO Dockをクリックすると詳細が表示されます。

ここで、ファームウエアのリビジョンが1.05よりも数値が低い場合は、ALESISのウェブサイトにてファームアップデートを行ってください。

MIDI関係の処理が改善されています。

10.jpg


それでは、キーボードのMIDI OUT端子とIO DOCKのMIDI IN端子をMIDIケーブルで接続します。

5.jpg

まず、KORG microKORG XLを使用し、iPadアプリKORG iMS20を演奏してみましたが、特に発音の遅れなど気になることはなく、バッチリ演奏できました!

6.jpg

AKAI SYNTHSTATIONでは、iPadのみでする時不可能だった「演奏しながらの音色を選び」ができて便利です!!

7.jpg

IO DOCKが一番活用できるアプリはやっぱりAPPLE GarageBandなのではないでしょうか?

8.jpg
内蔵音源を使ってリズムやベース、シンセパートなどをMIDIでレコーディングし、ボーカルやギターはiO DOCK経由でオーディオ録音することでiPad一台で楽曲を完成させることができます!!



今なら在庫あります! iPad/iPadユーザーの皆さんは要チェックですよ~(^ー^)ノ



最終更新:2011/10/06 22:06

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2011年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム