【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2011/03/31 23:59

ついに次世代トラックメイキングツールとして人気の高い

Native Instruments MASCHINEバージョン1.6が発表されました!





今回の大きなフィーチャーは以前も少しご紹介したとおり、
VST/AUプラグインが使用できるようになったことでしょう!


さっそく店内のiMacにインストールされているMASCHINEを最新Ver 1.6.2にアップデートしてみました!

店内のMASCHINEがインストールされているiMacには、KONTAKT、MASSIVE、FM8など(つまりKOMPLETE 7)のNative Instrumentsのプラグインソフトがインストールされてますので、それらをさっそくMASCHINE内でたち上げてみます(^_^)

あら!ユーザーインターフェイスがちょっと変わってますね。

サウンドタブからソースタブの▼の部分をクリックするとプルダウンメニューが現れるので、その中の「Plugin」にマウスポインタを持っていくと、インストールされているVST/AUプラグインが現れます。

今回はFM8を選んでみました。

1.jpg

NO MODULEと表示されていた部分にFM8のロゴが現れました。

この状態で、パッドをKEYBOADモードにしたり、接続したUSBコントローラーキーボードで演奏するとFM8の音が出るはずです。プリセットを変えたり音作りができるようにするには、FM8のロゴをクリックします。

2.jpg

FM8が表示されました!

3.jpg

このようにピアノロール画面で打ち込むことができます。簡単ですね!

4.jpg

そしてこの音にエフェクトをインサートすることも簡単!

先程と同じようにソース1タブの横のソース2タブをクリックしてプルダウンメニューからエフェクトを選びます。
もちろんMASCHINEに搭載済のエフェクターだけでなく、VST/AUプラグインエフェクターも選べます。

5.jpg

このように、MASCHINE内でFM8を立ち上げ、さらにFM8にGuitar Rigでエフェクトをかけて出力することもできるわけですね。

6.jpg


しかもVST/AUプラグインのパラメーターはMASCHINEでコントロール可能。MASCHINEコントローラー側でフィジカルに操作できます!

7.jpg



また、別のVST/AUプラグインインストゥルメントを立ち上げることもできます。

8.jpg


Sound 2にREAKTOR5を立ち上げてみました。

9.jpg


MASCHINEは6GBの膨大な音源がインストールされていますが、VST/AUプラグインを使うことでさらに制作の幅が広がります!

これはすべてのMASCHINEユーザー対象の無償アップデータですので、是非Ver 1.6にしていただくことをオススメします!




ただ、ここで問題なのが、

VST/AUプラグインを一つも持ってない!!


という方もいらっしゃるのではないでしょうか?



しかし!そんな心配は御無用!!




なんと、今回のバージョン1.6発表と同時にMASCHINEユーザーの方全員に、来月発売予定のVST/AUインストィルメント、

KOMPLETE ELEMENTSが無償提供されます!!


11.jpg

こちらはなんと5980円相当のバリューです!NIさん、かなり太っ腹ですね(^^;)

10.jpg


最終更新:2011/03/31 23:59

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2011年3月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム