【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2007/08/06 00:00

ずいぶん機材コラムのコーナーにブランクができてしまいましたので早く進めたいと思います(^-^;

エフェクター搭載のDJミキサーはまだ他にもありますが、今回で一区切りです。
おそらく今月末あたりにはKORGからエフェクター搭載のDJミキサーKMシリーズ
発売されることと思いますが、発売後それらのレビューを行います(^_^)

さて、今回ご紹介するエフェクター搭載のDJミキサーはロングセラーのオールジャンル対応DJミキサーECLER NUO5です。

ECLER NUO5


ECLER NUOシリーズの中で一番初めに発売された機種ですね。

NUO5のエフェクトは以下の12種類

・L.F.O Filter
・Low Pass Filter
・High Pass Filter
・Delay
・Reverb
・Flanger
・Phaser
・Vocoder
・Pitch Shifter
・Echo Reverb
・Filtered Echo
・Flanger Echo



奇をてらったタイプのエフェクトは少ないものの、DJミックスの際
重宝する空間系、フィルター系が中心です。

↓こちらがエフェクトコントロールセクションです。


Delayなどエフェクトの一部はビートにあわせたパラメーターに設定できるようになっており、曲のBPMはPeramaterノブを上から3回以上タップした間隔でBPMを算出します。



NUO5のエフェクターとフェーダーへの音声信号の流れはこのようになっております。

縦フェーダーの前にエフェクターが通るようになっているので、Delayなどのエフェクトをかけて縦フェーダーやクロスフェーダーで音を切ると、余韻まで切れてしまいますので注意してください。

毎回登場してますが、もう一度確認!
↓プレフェーダー仕様の音の信号の流れの図



エフェクトは施したいチャンネルの上の、FX SENDを押し、FX LAUNCHというボタンを押して処理をしますが、DRY/WETフェーダーがDRY側になっている場合はエフェクトがかかりません。



このDRY/WETフェーダーは原音とエフェクト音の音量を調節する際に使用します。



さらに興味深い機能としてはなんと、ECLER NUO5にはUSB端子が搭載されているんです。



このUSB端子を使用してPCと接続することによって、エフェクトのパラメーターをさらに細かく設定することができます。ちなみにオーディオインターフェイス機能やMIDIコントローラー機能として使用できるわけではないのでご注意を!
※設定できるパラメーターの種類、数はエフェクトによって異なります。


NUO5や、前回ご紹介したNumark DXM06など、エフェクターがプリフェーダー仕様のものですと、ディレイやリバーブなどを使用する場合、フェーダーを切ると残響音まで消えてしまいますが、うまく残響音を残す方法があるんです!w( ̄o ̄)w

バックスピンにエコーをかけて残響音を残し、次の曲へ繋ぐ場合は、エフェクターの手前で音声信号を切ってあげれば残響音を残すことができます。




例えば、現在使用しているのがターンテーブルだったらインプットセレクトスイッチでLINE側に切り替えてPhonoから入力されている信号を遮断させたり。。。。



ターンテーブルの電源を落としたり、手でとめたり、CDJなら、一時停止を押して音声を遮断させたりすれば対応できますね。




それでは次回はDJプレイでエフェクターを効率よく使用できるための便利なアイテムについてご紹介いたします!(^ー^)ノ

最終更新:2007/08/06 18:41

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2007年8月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム