【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2006/01/19 00:00

針先はカンチレバーの先についている、溝の信号を読み取る部分のことを言います

カンチレレバーは針先を取り付けるための部分ですね。

針先とカンチレバー

針先のほとんどがダイヤモンドでできています。
だから値段が高いのでしょうか(^^;)


DJで使用される針先の形は2種類あり、

円錐針(丸針ともよばれます)と呼ばれるSタイプ

楕円針と呼ばれるEタイプ
があります


ほとんどのDJ用カートリッジは円錐針を採用しています。

円錐針の断面は丸い形をしています。

円錐針

円錐針の場合、溝と針先が溝に深く入り込まないようになっているため、キューイングやスクラッチをしても振動に耐えやすく、針飛びに強いとされています。

なるほど、DJで使用されているほとんどがSタイプなのは納得ですね。


さて次は楕円針です。

その名前のとおり、断面は楕円の形をしており、研磨して楕円の形に生成するために円錐針よりも若干高価です。

楕円針

レコードの溝を深く入り込んでトレースするので、より高い音質で音楽を再生するという特徴があります。

ただし、溝に深く入り込むのでスクラッチなどの作業の際の振動がレコード針に大きく伝わり、通常の円錐針のレコード針にくらべ針飛びが生じやすいという点があります。


楕円針を採用しているカートリッジはこちらです。

Vestax VR5E
Vestax VR7E
ortofon Concorde DJ E、OM DJ E
ortofon Concorde NightClub E、OM NightClub E
ortofon Concorde Gold

楕円針の特徴をうまく引き出すためには、レコードの質、録音の状態が影響します。

デジタル機器で44.1kHzで録音されたものや雑なプレスが多いクラブミュージックのレコードではあまり、楕円針の良さが生かされない場合がありますので、DJをする場合、通常の円錐針で十分だと僕は思います。

しかしマスターがアナログでプレスされたジャズやクラシックのレコードはなどを再生するとぜんぜん楕円針の方が再生能力が高いのでオススメです。


Vestax VR7、ortofonのDJとNightClubはSタイプとEタイプのカートリッジが販売されておりますが、違いは針先が異なるだけで
カートリッジ本体はSタイプもEタイプも同じです。

したがって、DJ Sを使用されている方が、「DJ Eも使ってみたいな」と思われたら、交換針のStylus DJ Eだけ購入してカートリッジに付け替えればよいので、改めてカートリッジごと購入する必要はありません。

つづく!

最終更新:2006/11/17 20:57

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2006年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

今月

過去の日記

2019年
2018年
2017年

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム