【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus


fb-a.jpg

2019/01/14 18:57

PowerDJ's池袋の遠藤です。

ついにPowerDJ's池袋で『ALLEN&HEATH XONE:96』の店頭展示を開始しました!

96_1.jpg

2018年6月9日(英語表記だと9.6ですね)に発表され、同年8月から発売が開始されたXONE:96ですが、当初より世界的な品薄が続き、今もなおその影響を受けている中で貴重なユニットを開封し、当店にて店頭展示しました!
早速その機能と性能を見ていきましょう!

96_2.jpg

XONE:96はXONE:92と同様に、ぱっと見た限りでは4つのステレオ入力チャンネル(一般的なDJソースですね)と、2つのマイク兼用AUXステレオチャンネルフェーダーが搭載されています。フェーダー操作できるチャンネル数に関してはXONE:92と同様の数が設けられていますが、XONE:96には更に2つのAUXチャンネルが搭載されています!

96_3.jpg

左からA、B、C、下にDの計4系統のAUX入力を設けたXONE:96は、DJのみならずマシーンライブや外部エフェクトを多用する方に、より一層の創造性が提供できる仕組みになっています!

またXONE:96のAUXチャンネルには帯域可変可能な周波数コントロールとボリュームノブが設けられたパラメトリックEQを搭載しており、メインチャンネルとなるCDJやターンテーブルとは別に、シーケンサー類のハードウェアを接続した場合、任意の帯域を狙ったEQが可能になっています!
これによって、メインチャンネルとのミックス時など、帯域の重複による音の飽和を防ぎ、フロアに適切なサウンドのアプローチが可能となっています!

96_4.jpg

メインとなる1-4チャンネルにはXONE:92と同様に4バンドEQが設けられていますが、XONE:96は周波数帯域に違いがあるようです。

XONE:92のEQ
Hi 2.5kHz
Mid 1 2kHz
Mid 2 350Hz
Lo 250Hz

XONE:96のEQ
Hi 3kHz
HI MID 1.1kHz
LO MID 350Hz
LO 180Hz

このようにそれぞれのEQに関しても、狙える周波数帯域が異なっています。
個人的にこの数値をみて思い浮かんだのが、LOの周波数帯域の違いでした。XONE:96の方が少し低い帯域に位置していますよね。昨今の楽曲の多くに仕込まれているスーパーローの帯域により近いポジションにEQが位置されるので、低域だけ抜きたい、または混ぜたいというようなシチュエーションにおいてもキレイに馴染んでくれるであろうと感じます。

96_8.jpg

XONE:96はヘッドホンアウトを2系統(赤く囲ってある箇所)搭載しております。B2Bやクラブでの転換時に便利ですね。

96_9.jpg

PHONES2は側面に出力端子があります。

96_6.jpg

XONE:92には搭載されていなかったUSBポートがXONE:96にはなんと二系統搭載されています!この二つのUSBポートはMac(またはWindows)で、”XONE 96 USB 1”、”XONE 96 USB 2”としてそれぞれ認識し、1台のXONE:96に対して2台のパソコンを同時接続、使用することが可能です。
チャンネル入力ソースでもUSB1、USB2がスイッチで切り替えられるようになっているので、DJの転換もさることながら、2台のパソコンを同時に使ったB2Bにも活用できます!
また、XONE:96のUSBは、Traktor Scratch Cetificationも収録しているので、Traktor DVSミキサーとしても使用可能です。もちろん一般的なオーディオインターフェイスとしても使用できますし、MIDIインターフェイスとしても機能します。MIDIクロックにも対応しているので、ドラムマシーンやシーケンサーなどの外部機器を同期することも可能です。

96_7.jpg

XONEシリーズを代表するVCFフィルターも健在です。
そしてXONE:96には新たに、”CRUNCH”という機能も追加されています!このCRUNCHがどのような効果を発揮するかというと、フィルター(FREQのボリュームです)の値に対して、ディストーションを与えられる新機能となっているのです。フィルターミックスでレゾナンスブーストや帯域可変カットを行うときに、ディストーションサウンド加える、というような新しいミックスの手法にも活用できますし、ミニマルな音楽だったり、デジタル感の強い楽曲などに対してCRUNCHボリュームを微量に加え、いい塩梅のアナログっぽい特性をサウンドに与えることもでき、今までにない音響演出も十分に行えます!

こちらのCRUNCHフィルターを店頭で試してみました。
(動画内で効果を分かりやすくする為、少し大げさにCRUNCHをかけています。)



ヘッドホンやスピーカーで聴いていただくと効果がはっきり分かると思いますが、ツマミを12時よりあげると結構エグイかかり方になります。
実際にDJプレイで使う場合は、フィルターと一緒に少しだけかけてあげるといった使い方が多くなるのではないでしょうか。

以上、ざっとXONE:96について特徴をあげてみましたがいかがだったでしょうか。

当店ではXONE:96に加えて、Allen & Heathも製造に携わるUK製の少量生産アナログミキサー「PLAYdifferently MODEL 1」も店頭展示しております!音の特性やEQ、フェーダーの操作感など、じっくりと店頭で吟味いただけますので、PowerDJ's池袋へお立ち寄りください!

96_x.jpg

ALLEN&HEATH
XONE:96

販売価格230,000円(税別)

最終更新:2019/01/14 19:51

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

2019/01/09 11:01

こんにちは!DJ機材専門店PowerDJ’sです。

当店の今週(1/2 - 1/8)の人気商品ランキングを発表!

1位の商品はTeenage Engineering OP-Z
他にも2位にはAKAI Professional MPC LIVE 【Power DJ'sオリジナルMPC簡単トラックメイクガイドと専用保護カバープレゼント!】【P10】
10位には【2大特典プレゼント!】 Pioneer DJ DJM-S9-Sなどもランクインしております♪

店内にもオススメ商品がたくさん揃っているので
気になる方は是非チェックしてください!
DJ機材専門店PowerDJ’sのトップへ!

王冠
DJ機材専門店PowerDJ’s週間ランキング

(1/2 - 1/8)

7
11,880円 送料込
クレジットカード利用可
レビュー1件

※本ランキングは楽天市場ランキングチームが独自にランキング順位を作成しております。
※ランキングデータ集計時点で販売中の商品を紹介していますが、このページをご覧になられた時点で、価格・送料・レビュー情報・あす楽対応の変更や、売り切れとなっている可能性もございますのでご了承ください。

最終更新:2019/01/09 11:01

2019/01/08 11:07

TechnicsからDJ用のターンテーブルがついに復活となります!

sl-1200mk7

なんとSL-1200MK6の後継にあたる「SL-1200MK7」として復活します!

今まではシルバーだったボタンやアームが黒くなり、マットな質感の黒いボディの「オールブラック」のモデルとなるようです!

電源とオーディオケーブルも取り外し可能となり、リバース再生機能も搭載!

2019年夏に製品化を予定となっております!

気になる価格などはまだわかりませんが、情報が入り次第あらためてお知らせいたします!


以下、メーカープレスリリース情報です。

SL-1200シリーズは1972年に発売して以来、ダイレクトライブ方式ならではの高音質と信頼性で、世界中のオーディオ愛好家はもとより、クラブやスタジオ、放送局などにおいても高い評価を得てきました。とりわけ、1979年発売のSL-1200MK2以降は、ピッチコントローラーを「つまみ型」から上下にスライドさせる「フェーダー型」に変更するなど楽器を演奏するような操作性を実現し、当時アメリカを中心に台頭してきたディスコやクラブにおける定番機になりました。2010年に生産終了となったSL-1200MK6までのシリーズ累計の販売台数は350万台を超え、今もなお世界中で愛用されています。

「SL-1200MK7」は、2016年に製品化したSL-1200Gをはじめ、新生テクニクスの開発で培った技術を用いて音質を高める一方で、ボタンレイアウトやプラッターの慣性質量などDJパフォーマンスに影響する仕様はSL-1200MK6を踏襲。過去のモデルを使い慣れた方でも従来と同様の操作感でお使いいただけます。さらに、トルク・ブレーキスピードの調整機能や逆回転再生などパフォーマンスの可能性を広げる新たな機能も搭載します。

テクニクスは、「SL-1200MK7」を通じて新たな音楽文化の創造に挑戦していきます。

【主な特長】

(1)操作性を追求、進化させ、多様なプレイスタイルを実現
・外形寸法やボタンレイアウト、プラッターの慣性質量などSL-1200MK6の仕様を踏襲し、過去モデル同様の操作感を実現
・ケーブルの脱着が可能な電源/フォノケーブル端子を採用することで、メンテナンス性を向上
・起動トルクやブレーキスピードの調整、レコードの逆回転再生などの新機能を搭載し、多彩なパフォーマンスが可能

(2)アナログレコードの音質を引き出す高精度な回転と徹底した振動の抑制
・新開発のコアレス・ダイレクトドライブ・モーターの採用で回転中の微小振動を抑制するとともに、デジタル制御により高精度な回転を実現
・ABS樹脂にガラス繊維を配した特殊素材とアルミダイカストの2層構造による高剛性筐体、およびスプリングとラバーを組み合わせたインシュレーターの採用で、大音量環境下における外部からの振動を効率的に遮断

最終更新:2019/01/08 11:07

2019/01/04 22:57

人気のMAGMA DJバッグケースのシリーズに新たなラインナップ登場!

今回はキャリーカートを搭載した万能モデル、DIGI CARRY-ON TROLLEYの登場です!


blog-1.jpg


DJコントローラーはもちろん、PT01SCRATCHやDJM-S9などのオリジナルパフォーマンスに欠かせない機材も12インチサイズのレコードを含めて収納可能!

blog-2.jpg

blog-3.jpg

blog-4.jpg

内部の仕切りを自由にレイアウトして、DJ機材やライブ用機材などの持ち運びに大変便利な構造となっています!


容量が大きく、持ち運びしやすいカート付きバックをお探しの方におすすめです!

brog-kochira.jpeg

最終更新:2019/01/04 22:57

2019/01/02 19:57

みなさん、あけましておめでとうございます!!

PowerDJ's池袋店スタッフの金子です!

ついに始まりましたね!2019年!

平成最後のお正月、いかがお過ごしでしょうか。
まだまだお休み中の方も多いですかね。

ダラダラと過ごすのも楽しみの一つではあると思いますが、そろそろ飽きてきませんか?
惰性でダラダラ中のそこのアナタ、暇つぶしがてら、DJソフトの楽曲整理でもしちゃいましょう!

というわけで、前回の記事では「マイタグ機能」についてご紹介させて頂きましたが、今回はその後編です。
1曲ずつ地道につけたタグを一体どうやって活用するのか?という実践的な内容に触れていきたいと思います。
(前回の記事を読んでいない方は是非ご一読いただくことをオススメします)

前回の記事では、マイタグ機能はSNSのハッシュタグに似ているという話を冒頭でチラッとしていました。

SNSのハッシュタグの活用法は色々ありますが、中でも多いのは「情報をまとめる」という使い方です。

かわいい動物を見て癒されたい時は、「#動物 #癒し」で検索。
眠れない夜、同士を見つけようと思ったら、「#眠れない」で検索。
好きなアニメの感想を眺めようと思ったら、そのアニメのハッシュタグで検索。

すると、癒しの動物たちや同じ悩みを抱える仲間、好きなアニメを語る同志が見つかります。

マイタグ機能では、上記のハッシュタグのような感覚で楽曲のフィルタリングを行なうことができます。

会場にチルな空気感が欲しい時は、「#chill #mellow」で検索。
古き良き楽曲で雰囲気を変えたい時は、「#古き良き楽曲」で検索。
好きなアニメの曲をかけたい時は、「#好きなアニメの曲」で検索。

すると、フロアの熱を冷ます曲、誰もが知っている名曲や、自分が好きなアニメの曲が出てきます。

この通り、マイタグ機能を活用することで、自分の求める楽曲をより素早く見つけ出すことができます。

ハッシュタグと使い方はほぼ一緒ですよね。

前回ご紹介したとおり、マイタグは自分の好きなように作成が出来ます。
だから、「#好きなアニメの曲」のように多分に主観的なタグも運用できるのです。
むしろ、そのようなタグをたくさん作成しておくことで自分好みに楽曲のフィルタリングを行なうことができる。
これが「マイタグ」機能を運用する上での大きな利点であると思います。

タグを作成するときは、「自分」がどのような観点から楽曲のフィルタリングを行いたいかというところから逆算すると、より効率的なタグの活用が出来そうですね。

これは前回の記事で話しておくべきだったかもしれませんね。ごめんなさい。

さて、マイタグ機能の理屈についてはなんとなくご理解いただけたかと思うので、早速実際に使用してみましょう!

マイタグ機能を使って楽曲をフィルタリングできる機材は大きく分けて二つあります。

1つは、rekordboxのソフトウェア。
もう1つは、トラックフィルター機能に対応する各種プレーヤーです。

どちらにも共通するのは、「トラックフィルター機能」を使用することです。
トラックフィルター機能は、BPMやKEYなどといった要素で楽曲の絞込みが出来る機能で、実はマイタグ機能はこのトラックフィルター機能の一部だったというわけでございます。

早速、rekordboxソフトウェア上での使用方法から見ていきましょう

まずは楽曲リスト上部のこの四角いマークをクリック。
(隣にある似たような四角いマークはまた別の機能なので注意)

01.jpg

するとこんな感じの画面が出てきます。

02.jpg

これがrekordboxのトラックフィルター機能です。

そしてマイタグのセクションはここ!

03.jpg

タグをクリックすると、そのタグが付けられた楽曲が表示されます。

04.jpg

05.jpg

これで簡単に楽曲の絞り込みができます!

次は各種プレーヤーでの使用方法を見てみましょう。
といっても、正直rekordboxソフトウェアとほぼ同じです。

プレーヤーの場合、ブラウザ画面でここを長押しするとトラックフィルター機能の設定画面が出てきます。

06.jpg

07.jpg

そして、画面内のMY TAGを選択、あとはrekordboxと同様にタグをタッチして選択すると、そのタグの付いた楽曲が絞り込まれます。
やっぱり簡単ですね。
ちなみに画面右上の数字は、トラックフィルター機能で絞り込んだ楽曲の数を表しています。

一度トラックフィルターのを設定しておけば、同じボタンをポンと押すだけで同様の設定での絞込みができます。

なお、rekordboxソフトと異なる点として、プレーヤーでは楽曲に対してタグをつけることはできません。
あくまでもrekordboxでの下準備が前提の機能となります。

トラックフィルター機能を使う際、ソフト、ハードに共通して気をつけたいポイントが2つあります。

タグのチェックボックスにチェックを入れること

そして

AND,ORの切り替え

この2つです。

まずチェックボックス。
08.jpg

09.jpg

ここにチェックを入れないとフィルタリングに適用されません!
基本的に全てチェックを入れておくのが良いかと思います。

また、トラックフィルター機能のうち、マイタグ以外の機能にチェックが入っているとタグのみでの検索ができません。
不要の場合はチェックを外しましょう。

次に、AND,ORの切り替え。


10.jpg

11.jpg

ANDの場合は選択したタグを全て含む楽曲が、
ORの場合は選択したタグのいずれかを含む楽曲が出てきます。

シチュエーションによってAND,ORのどちらで検索するかを選ぶような感じになると思いますので、適宜切り替えていきましょう。

チェックボックスとAND,ORについて理解しておけばマイタグの機能をしっかりと使いこなせると思いますので、是非とも覚えちゃって下さい!

個人的なイメージですが、rekordboxソフトウェアでは事前のプレイリスト、セットリスト作成時に。
各種プレーヤーでは現場での臨機応変な選曲等に活かしやすい機能かなと感じます。

使うDJや環境によってはもっと面白い活用方法もあるかと思いますので、ちょっと遊ぶくらいの感覚でマイタグ機能に触ってみるといいと思います。
また、マイタグ機能以外のトラックフィルター機能もありますので、そちらも是非活用して下さい!



それではみなさん、改めまして、2019年もPowerDJ'sをよろしくお願いします!

最終更新:2019/01/02 19:57

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2019年8月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム