【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus


fb-a.jpg

2019/01/02 11:01

こんにちは!DJ機材専門店PowerDJ’sです。

当店の今週(12/26 - 1/1)の人気商品ランキングを発表!

1位の商品はRME Babyface Pro 【RME特製 Tシャツプレゼントキャンペーン中!】【P10】
他にも2位には【4大特典プレゼント!】 Pioneer DJ CDJ-2000NXS2 + DJM-900NXS2 SET
7位にはSHURE (シュア) SE535-V【メタリックブロンズ】 【国内正規品・2年間保証】などもランクインしております♪

店内にもオススメ商品がたくさん揃っているので
気になる方は是非チェックしてください!
DJ機材専門店PowerDJ’sのトップへ!

王冠
DJ機材専門店PowerDJ’s週間ランキング

(12/26 - 1/1)

※本ランキングは楽天市場ランキングチームが独自にランキング順位を作成しております。
※ランキングデータ集計時点で販売中の商品を紹介していますが、このページをご覧になられた時点で、価格・送料・レビュー情報・あす楽対応の変更や、売り切れとなっている可能性もございますのでご了承ください。

最終更新:2019/01/02 11:01

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

2018/12/31 12:58

長期在庫切れとなっておりました、DJテーブルQUIK LOK DJ233が再入荷しました!

blog-1.jpg

折りたたみおよび高さ変更も可能なテーブルとして大変人気のテーブルです。

■主な仕様
高さ:64cm/75cm/86cm/97cmの4段階で変更可能
奥行:49cm
メイン台幅:100cm
折りたたみ時寸法:100cm x 10cm x 63.5 cm
耐荷重:90kg
重量:12.5kg

blog-2.jpg

今回の在庫が無くなりますと、次回入荷は未定となっております。導入をお考えの方はこの機会をお見逃し無く!


brog-kochira.jpeg

最終更新:2018/12/31 12:58

2018/12/27 16:04

こんにちは!DJ機材専門店PowerDJ’sです。

当店の今週(12/20 - 12/26)の人気商品ランキングを発表!

1位の商品はRME Babyface Pro 【RME特製 Tシャツプレゼントキャンペーン中!】【P10】
他にも2位には【3大特典プレゼント中!】 Native Instruments MASCHINE MK3 【P10】
9位にはPioneer DJ PLX-1000 + DJM-450 DVS SETなどもランクインしております♪

店内にもオススメ商品がたくさん揃っているので
気になる方は是非チェックしてください!
DJ機材専門店PowerDJ’sのトップへ!

王冠
DJ機材専門店PowerDJ’s週間ランキング

(12/20 - 12/26)

6
8,760円 送料込
クレジットカード利用可
8
284,904円 送料込
クレジットカード利用可

※本ランキングは楽天市場ランキングチームが独自にランキング順位を作成しております。
※ランキングデータ集計時点で販売中の商品を紹介していますが、このページをご覧になられた時点で、価格・送料・レビュー情報・あす楽対応の変更や、売り切れとなっている可能性もございますのでご了承ください。

最終更新:2018/12/27 16:04

2018/12/21 21:48

パワーDJ'sのオバラです。

今回は、10月にAKAI professionalから発売されました『MPK MINI PLAY』を遅ればせながらご紹介させていただきたいと思います。

まず、当ブログをご覧の方は、AKAIと言えば "MPC" という印象を持つ方も多いと思います。

現行の機種では、「MPC X」「MPC LIVE」「MPC TOUCH」「MPC STUDIO BLACK」となっており、中でもPCを使用せずにスタンドアローンでの使用が可能で、ハードウェアとしてはお求めやすい価格の「MPC LIVE」は非常に人気があります。

AKAI製品は、その他にもMIDIコントローラが多くあり、ableton用の「APC40 mk2」や、汎用のパッドコントローラの「MPD218」などがあり、中でもパッド搭載キーボードコントローラの「MPK MINI MK2」は非常に人気があります。25鍵のミニ鍵盤と8つパッドとノブを搭載していながら小サイズで、お求めやすい価格です。

そして今回ご紹介するのはその「MPK MINI MK2」にそっくりな見た目の『MPK MINI PLAY』です!

<上:MPK MINI MK2、下:MPK MINI PLAY>
mpk_mini_play

パッと見はほとんど同じですが、MPK MINI PLAYには、小さいながらに視認性の高そうなディスプレイと、AKAIロゴの下にはスピーカーが搭載しています。

mpk_mini_play

バッテリー駆動時は単三アルカリ乾電池 3 本での使用、または付属のUSBケーブルとUSB電源アダプタ(別売り)を使用しコンセントに挿して使用可能です。
単三乾電池で使用すれば、ケーブルを接続することなく、単体で内蔵音源鳴らして楽しむことができます。

mpk_mini_play

内蔵音源について、メーカーの情報によると"豊富な内蔵音色、128のサウンドと10のドラムキット"とあります。

実機さわってみました。
(音声は本体のヘッドホンアウトからのライン録りです)



生音からシンセサイザーっぽい音、パーカッションや環境音など様々入っていますね。


個人的に気になっていた"10のドラムキット"も見てみましょう。



中でも特に気になったのは、「Tr808 Set」「SFX Set」の二つです。

Tr808 Setは、言わずもがなあの音ですね。

<Tr808 Set>


SFX Setは、心臓の鼓動音やサイレン、環境音など入っています。
<SFX Set>


SFX Setは、正直使いどころはイマイチわかりませんが、鳴らすだけで楽しい気分になりますね。

内蔵音源は、本体内蔵のスピーカーから音を出すと、さすがに低域が出ず、音量も小さめで全体的に細く聞こえましたが、ライン録りで聞くと全然良いですね。

さらに内蔵の音源はアタック・リリース、フィルター・レゾナンス、EQ(HIGH/LOW)・リバーブ・コーラスの調整が可能となっており、簡単な音作りも可能です。

少しわかりづらいかもしれませんがさわってみました。



いかがでしたでしょうか?

その他、"ノートリピート/フルレベル/アルペジエーター機能、X/Y軸ジョイスティックでピッチ/モジュレーションコントロール"も可能で、サスティンペダル用端子も搭載しています。

個人的にはバッテリー駆動だからといって、外に持ち出して使用する機会は無さそうですが、PCを起動せず、本体のスピーカーから音が出せるのは良いと思います。
デスクに置いてテキトーにメロディを引いていればいつか神が降りてくるかもしれません(*´?`*)

本体にシーケンス機能やリズム音源などは搭載しておりませんが、
もちろんPCとのUSB接続で一般的なMIDIコントローラとしても使用可能なので、小さめのMIDIキーボードをお探しの方は、検討機種に加えてみてはいかがでしょうか。

価格も非常にお求めやすいため、オススメです!

mpk_mini_play

AKAI professional
MPK Mini Play

販売価格12,778円(税別)

最終更新:2018/12/21 21:48

2018/12/20 23:56

発売されてから、すでに1年以上過ぎ、音楽制作機材の定番モデルとなったAKAI MPC LIVEとMPC Xの本体ファームウェアが先日、2.3にバージョンアップしました!

blog-1.jpg

AKAI Professional
MPC LIVE
【Power DJ'sオリジナルMPC簡単トラックメイクガイドと専用保護カバープレゼント!】
販売価格118,518円(税別)







blog-2.jpg

AKAI Professional
MPC X
【Power DJ'sオリジナルMPC簡単トラックメイクガイドプレゼント!】
販売価格238,889円(税別)



今回のファームウェアアップにより、MPC LIVEとMPC Xに多数の機能が追加されています!


MPCの本体ファームウエアアップデートにはまず、AKAI Professionalのウェブサイトにてユーザー登録の上、アップデータをダウンロードして、ファイルを展開します。

blog-3.jpg

MPC LIVE / MPC XをUSBケーブルで接続後、MPCの設定画面でSHIFTキーを押してUPDATEを表示させた後、

blog-4.jpg

blog-5.jpg

UPDATEを押してUPDATE MODEに切り替えます!

blog-6.jpg

UPDATE MODEを押すと、MPCがUPDATEモードとして再起動しますので、USBで接続しているファームウェアアップデートのアイコンをクリックして、アップデートを開始しましょう!

アップデートが完了するとMPCが通常のモードとして再起動します。設定画面にてファームウェアバージョン2.3になったことが確認できます!

blog-7.jpg

今回、追加された主な機能は下記の通りです!

・スタンドアロンのMPC Live / MPC X上でAIR TubeSynth、Bassline、Electricという3つのプラグインインストゥルメントが使用可能に!

・Q-Linkナビゲーションが強化され、Q-Linkがスクリーンモードになっているときに、グリッドとオーディオエディタで、Q-Link 2を使用して再生ヘッドを移動し、Q-Link 3を使用してビューポートをスクロール可能に!

・プラグインプリセットまたは外部音源プリセットをサンプリングしてキーグループプログラムの作成する際に便利なオートサンプラー機能追加!

・リアルタイムクロスフェードループがサンプル再生に追加されてより自然なサンプル再生が可能に!

・アルペジエーターを搭載!様々なフレーズを作成するフレーズプレーヤーとして活躍します!

・プラグインプリセットの保存と読み込みが可能に!

・ノートイベントを簡単に分割するスプリットイベント追加!

・メニューを押しながらパッドを押すと、モードを選択するためのショートカットとして使用できるようになる「モード選択ショートカット」搭載!

・その他、安定性が向上!

上記新機能の中でも注目なのは、MPCでスタンドアローン使用が可能な3つのシンセが追加されたことではないでしょうか!


blog-8.jpg

このプラグインシンセ、MPC LIVE / MPC Xがスタンドアローン状態でも使用できるもので、プログラムエディットもあたかもソフトシンセのような画面が表示されるようになっています!

blog-9.jpg

blog-10.jpg

blog-11.jpg

ご覧いただきましたとおり、今回のファームウェアアップデートはMPCをあたかもハードウェアシンセサイザーのように使用できる機能も付加される内容となっておりますので、現MPC LIVE / MPC X ユーザーはもちろん、これからMPCを使ってみたいという方にもおすすめです!ぜひ皆様お試しください!


brog-kochira.jpeg

最終更新:2018/12/20 23:56

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2019年8月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム