【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus
blog_profile



ザ・ステレオ屋ブログ番外編&店舗について (※まず初めにお読み下さい)

【掲載記事の情報・写真・画像の無断使用・転載は固くお断りします】
※当店(ザ・ステレオ屋)を装った「なりすまし偽造サイト」にご注意下さい。


ザ・ステレオ屋 店長(黒江)の弟分、鈴木が当ブログを担当させて頂きます!
※根っからのアナログ・レコード好きのため、現在【アナログ特集】を連載中です。
※話題の新製品等の試聴レポートも随時アップしていきます。


一般的に本格的なオーディオというと「クラシックやジャズ」といったイメージが
先行してしまいがちですが、当店では主に「ロック全般・ハードロック/へヴィメタル・ポップス」を
メインジャンルとしており尚且つ「ビギナー&若い世代向けのショップ(サウンド)スタイル」を
主軸とした新世代オーディオ専門店です!

ザ・ステレオ屋は巷に溢れている『ただ売るだけのショップ』にあらず、
当店のスタッフは自宅にも本格的なオーディオシステムを揃え日々研究をしております。
音楽好き(オーディオ好き)が運営している『音楽ファンによる、音楽ファンのためのショップ』です。


※恐れ入りますが当店は少人数での店舗営業のため止むを得ず
「予約制(アポイント制)」とさせて頂いておりますので、ご来店の際には
事前にアポイント(ご連絡)をお願い致します。ご相談事がありましたら
予めTELまたはメールにてお問い合わせ下さい。

※ブログに掲載している商品を全て常設しているというわけではございませんので、
ご検討されている商品がございましたら事前にお問い合わせ下さい。
(試聴機の有無についても事前にご確認願います)

※当ブログコンテンツの情報は随時更新されますが、閲覧されている時点では既に取扱終了・販売終了となっている製品が含まれる場合がございます。恐れ入りますが予めご了承下さい。


当店では国内製品及び輸入製品を問わず、ほぼ全てのオーディオ製品や
オーディオアクセサリーを幅広く取り扱っております!
●当店の取り扱い品は全てメーカー・輸入元の正規品です。安心してお求め下さい。


お買い物は下記ショッピングサイトからお気軽にどうぞ!
全国の音楽ファン、オーディオファンの方々に安心して
商品をお求め頂けるよう心掛けております!

超特価品、目玉商品も目白押しです!是非ご利用下さい!↓
https://www.rakuten.co.jp/digitalside/


商品のお見積りやご注文、その他お問い合わせ等は下記メールアドレスまでお願い致します。
担当者:鈴木宛て s_suzuki@digitalside.net

勿論お電話でのご注文・お問い合わせも承っております!
TEL:045-903-3900

※2日営業日以内には返信するようにしておりますが、返信が確認出来ない場合は
メール送受信の行き違いの可能性がございますので
再度メールを送信して頂くか、お急ぎの場合はお電話下さい。)


なお日曜日、祝日(カレンダー赤日)は休業日となっておりますので
休業期間中に頂いたご注文やお問い合わせ等は翌営業日に順次対応させて頂きます。
予めご了承下さいますようお願い申し上げます。


このブログではオーディオだけではなくオススメのCDアルバムの紹介や、
(僕はドラマーなので)ドラムや楽器のことについて等、
ジャンルや形式を問わず音楽に関することを幅広く
皆様にお伝えできればと思っております!

僕自身は主にHR/HM(デス&ハードコア含む)やプログレッシブロックを好んで聴きますが
他にもジャズ、フュージョン、TECHNOやelectronica、ポストロック等も同様に好みなので
あまり音楽ジャンルに偏りはなく多角的に音楽を楽しむ方です。

そのためバンドやアーティストの知識も割と豊富な方だと思いますので
そういった話題も交えつつ日々更新していきます!

このブログからオーディオの面白さや深さ、
「オーディオで音楽を聴く」魅力を感じて頂ければ幸いです!


なお試聴レビューや機器の音質比較を行う際には

・コンセント、電源ケーブル、RCAケーブル、スピーカーケーブルは同じものを使用

・インシュレーター等のアクセサリー類で機器の音色を変えない

これらを徹底してレビューを行っておりますのでレビューする機器、
及び製品の持つポテンシャルや音質傾向等をそのままストレートにお伝え致します!
(製品についてご不明な点等がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい)


-------------------------------------------------------------------------------------------------

  株式会社ヴェックス 〒225-0011 神奈川県横浜市青葉区あざみ野 1-5-2
  ザ・ステレオ屋   tel.045-903-3900  fax.045-903-3468
  digitalside

  ●営業時間:10:00~18:00(土曜は17:00まで)※要予約
  ●定休日:日曜・祝日

-------------------------------------------------------------------------------------------------

2012/11/05 21:58

sonus_faber_venere_1_5_b1


ザ・ステレオ屋 鈴木です!

本日はSonus faber (ソナスファベール)の新シリーズから
ブックシェルフタイプ「Venere1.5」をレビューさせて頂きます!


この新シリーズ「Venere(ベネレ)」は初の中国生産とすることで
コストパフォーマンスの高いモデルを実現した注目機です。

肝心な音質面は、

・ウェットでゆったりと流れるように誇張せず音楽が再現される

・若干ナローレンジだが中低域が豊かで音痩せがなく、特に有機的なヴォーカルが印象的

・アタック音は先が若干丸めでエッジが立たない(シャープネスも弱め)

・出音自体は弱々しくならずしっかりとしており真空管テイストを感じさせるサウンド

といった具合で音楽を味わい深く鳴らしてくれます。


トータル的に見て「Venere(ベネレ)」は「デザイン・仕上げの良さ・音質面」が
高次元で融合されており、Sonus faberの廉価モデルだからと言って
見下されることはないと思います。


当店はSonus faber「Venere(ベネレ)」の正規取り扱い店です。
現在好評発売中につき販売価格・納期等お気軽にお問い合わせ下さい。


-------------------------------------------------------------------------------------------

当店の楽天ショッピングサイトはこちらです↓
https://www.rakuten.co.jp/digitalside/

ブログコンテンツに関するご質問やお問い合わせは下記メールまたはTELまでどうぞ↓
s_suzuki@digitalside.net

TEL:045-903-3900

-------------------------------------------------------------------------------------------

最終更新:2012/11/05 21:58

2012/10/25 21:57

zyx_r1000_cosmos_b1
zyx_r1000_cosmos_b2
zyx_r1000_cosmos_b3


ザ・ステレオ屋 鈴木です!

本日ご紹介させて頂きますのは、この度「ZYX(ジックス)」より
30個限定にて製作された限定モデル「R1000 COSMOS(コスモス)」なんですが
この「R-1000 COSMOS(コスモス)」はZYX社の社長でありエンジニアである中塚氏が
ご自身のプライベートオーディオシステムでも使用されているとのことで試聴する前から
何とも興奮させてくれる情報を得ることが出来ました!

よく自分も自作をしていて感じることですが、やはり自分自身のために作るものって
一番妥協することがないんじゃないかと思います。(特にオーディオという分野になると尚更ですね)

今回はこの限定モデルを試聴することが出来て本当に良かったです。
オープンタイプの高額品なのでヘッドシェルへの取り付けにはかなり気を遣いましたが
実際に出て来た音を聴いたらそんなことは本当に些細なことだなと感じてしまう程に
素晴らしかったです。


具体的にその音質はと言いますと、

・音がとにかくオープン(開放的)で曇りや淀みがない

・情報量が非常に豊富、特別音はシャープな傾向ではないが厚みもしっかりしていて
 それでいて厚ぼった過ぎず適度にタイトでバランスが良い

・適度な音場感がありながら音像も明確(音場感と音像感のバランスも良い)

・チャンネルセパレーションが抜群に良い(これはZYXの代表的な特長とも言えます)

・低域が良く伸びていて存在感がありベースラインの音階も非常に明瞭


といった具合でその完成度の高さは初っ端の出音から驚かされました。

個人的にこのカートリッジで一番気に入った点は「音の質感の生々しさ」ですね。
各楽器の鳴り方や質感に凄まじい程の実体感がありますので、
(自分のように)実際に楽器を演奏される方にとってこのカートリッジの音は堪らないと思います。

この楽器の質感を聴いただけで僕はこのカートリッジが欲しくなりました。


かなり興奮気味になってしまいましたが「R-1000 COSMOS Limited」は
独自の魅力を存分に持ったスペシャルなカートリッジであることは間違いありません。

泣いても笑っても「30個限定」なので売り切れてしまったらそこで終了となってしまいますので
購入を検討されている方は是非お早めにご検討頂き、
また購入を希望される場合にはTELまたはメールにて是非お早めにお問い合わせ下さい!

(自分も真剣に購入を検討したいと思います(笑))


※因みにこのカートリッジはZYXの上位機種なので注文の際に
「24K金線(G)・5N銀線(S)・6Nクリスタル銅線(X)」の3つの異なるタイプのコイル線材を
お選び頂けます。

今回試聴したタイプは「6Nクリスタル銅線(X)」でしたが、
このタイプは一番トータルバランスに優れたタイプなのでお勧め出来ます。ご参考まで。


-------------------------------------------------------------------------------------------

当店の楽天ショッピングサイトはこちらです↓
https://www.rakuten.co.jp/digitalside/

ブログコンテンツに関するご質問やお問い合わせは下記メールまたはTELまでどうぞ↓
s_suzuki@digitalside.net

TEL:045-903-3900

-------------------------------------------------------------------------------------------

最終更新:2012/10/25 21:57

2012/10/22 19:44

pmc_db1_gold_b1
pmc_db1_gold_b2


ザ・ステレオ屋 鈴木です!

既に店長(黒江)のオフィシャルブログの方で内容をチェックしておられる方も
多いかと思われますが、この「PMC DB1 Gold」は
シャープでタイトなハイスピードサウンド(いわゆる黒江サウンド)を目指していらっしゃる方には
是非お見逃しのないようお願いしたいと思っております。

音質面に関しては既に店長(黒江)が詳細にレポートしておりますので
自分からは特に申し上げることはありませんが、
あえて言わせて頂ければ「ハードロック・ヘヴィメタル」をここまで
素晴らしく見事に鳴らすスピーカーはそう多く存在するものではありません。

日本での入荷は約20セット程度ということもありますので
「ハードロック・ヘヴィメタル」をこよなく愛するリスナー様方には
是非チェックして頂ければと思う次第です。


既に多くお問い合わせを頂いており、またお買い上げ頂いている方も
いらっしゃいますのでご希望の方は是非お早めにお求め下さい!
https://item.rakuten.co.jp/digitalside/pmc-db1-gold/


「PMC DB1 Gold」の主な仕様は下記の通りです。

Freq response:50Hz-25kHz

Sensitivity:87dB 1w 1m

Effective ATL(Advanced Transmission Line):1.5m 4.92ft

Drive Units:LF - PMC Doped 140mm cast Alloy Chassis
       HF - 27mm SOLONEX soft dome Ferro-fluid cooled

Crossover Freq:2kHz

Input connectors:2pairs 4mm sockets

Dimensions:H 290mm W 155mm D 234mm

Weight:4.5kg

Finish:Silk Black


-------------------------------------------------------------------------------------------

当店の楽天ショッピングサイトはこちらです↓
https://www.rakuten.co.jp/digitalside/

ブログコンテンツに関するご質問やお問い合わせは下記メールまたはTELまでどうぞ↓
s_suzuki@digitalside.net

TEL:045-903-3900

-------------------------------------------------------------------------------------------

最終更新:2012/11/10 17:29

2012/10/18 21:27

pioneer_pd_70_b1


ザ・ステレオ屋 鈴木です!

本日はPioneer(パイオニア)のDSDディスク対応型SACDプレーヤー「PD-70」を聴きました!


・下位モデル「PD-30」で感じられた低音の薄さが改善され、音の押し出し感も十分

・Pioneer自社開発のドライブメカの影響かS/N感が向上し解像度、情報量も向上している

・「PD-30」に比べ音のか細さ(少しカリカリとした感じ)が無くなり楽器の質感も高まっている

といった具合で内容としては正に「PD-30の正統な上位機種」という印象が強いです。


「PD-30」で気になったスピードの遅さ(ゆったりとした感じ)はまだ少々感じられますが
それ以上にトータル的な基本性能の向上、質感の向上が顕著に聴き取れました。

全体的なサウンドバランスも整っているので様々なジャンルの音楽を幅広く聴かれる方にも
受けが良いんじゃないでしょうか。


この「PD-70」は国産メーカーならではの拘りや堅実さが凝縮された
DSDディスク対応型SACDプレーヤーだと思います。


現在好評発売中です!是非チェックしてみて下さい!
https://item.rakuten.co.jp/digitalside/pioneer-pd-70/


-------------------------------------------------------------------------------------------

当店の楽天ショッピングサイトはこちらです↓
https://www.rakuten.co.jp/digitalside/

ブログコンテンツに関するご質問やお問い合わせは下記メールまたはTELまでどうぞ↓
s_suzuki@digitalside.net

TEL:045-903-3900

-------------------------------------------------------------------------------------------

最終更新:2012/10/18 21:27

2012/10/16 23:58

zyx_cpp_1_b1


ザ・ステレオ屋 鈴木です!

本日は恒例のアナログ特集になります。

アナログを楽しむ上で欠かすことの出来ない存在であるフォノイコライザーは
よくフューチャーされますが、その前段に接続する「昇圧トランス」「MCヘッドアンプ」も
非常に重要な存在です。

これらを使用するかしないかで当然ながら音質は相当左右されますが
使っているMCカートリッジの音は気に入っているけど、その音質をもう少し軌道修正したい
といった場合にマッチングの良い昇圧トランスやMCヘッドアンプを使うと
かなり素晴らしい音質効果が得られます。(注※MMカートリッジには使用出来ません)

こういった組み合わせを探っていくのも面白いですし、何よりアナログの醍醐味です。


それぞれ専用のMCカートリッジに最適化された商品も多くありますが
今回ご紹介する「ZYX(ジックス)」のMCヘッドアンプ「CPP-1」もその内の一つです。

「CPP-1」はZYXのMCカートリッジに最適化されたヘッドアンプですが
他メーカーの(ローインピーダンス)MCカートリッジと組み合わせても十分にその魅力を発揮してくれます。


「CPP1」の具体的な音質効果は

・音のクリアさがグッと高まりワイドレンジで特に高域の伸びが冴えわたる

・音のフォーカスが整い定位感が安定し弱音部分の粒立ちも綺麗になる

・ノイズが無く晴れ渡ったようなサウンドステージで音の浸透力が増す

といった具合で正にヘッドアンプの音質効果として理想的なものだと思います。


MCヘッドアンプは主に昇圧トランスを使った時のような音の厚み感の上昇、
パワフルさの増強とは異なる傾向を持ちますが個人的にはMCヘッドアンプ派ですね。

定価「210,000円(税込)」なのでMCヘッドアンプにしては高額な部類に入りますが
MCカートリッジの繊細な音質を高め、その魅力を開放してくれる素晴らしい製品だと思います。

筐体は磁性体を避けた木製となっておりカラーは「レッド・ブラック・クリアーナチュラル」の
3色からお選び頂けますが納期は約3週間程度お時間が掛かりますので予めご了承下さい。


当店は全国でも数少ないZYX (ジックス)推奨店です。販売価格等お気軽にお問い合わせ下さい。


-------------------------------------------------------------------------------------------

当店の楽天ショッピングサイトはこちらです↓
https://www.rakuten.co.jp/digitalside/

ブログコンテンツに関するご質問やお問い合わせは下記メールまたはTELまでどうぞ↓
s_suzuki@digitalside.net

TEL:045-903-3900

-------------------------------------------------------------------------------------------

最終更新:2012/10/17 12:06

ページ上部へ

新世代オーディオ専門店 ザ・ステレオ屋

カレンダー

2021年1月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

今月

過去の日記

2021年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2020年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年