【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus
店長の部屋Plus+は2022年1月をもって提供を終了致します。長きに渡りご愛読ありがとうございました。
※2021年9月末をもって、新規記事の投稿及びコメントの投稿を停止しております。

記事詳細

2019/11/22 10:00


(^O^)ノ こんにちは!


自転車グッズのキアーロ メルマガ担当ヨナイです。

本日は2時間限定で開催する子供用ヘルメットのタイムセールのご案内です。


もちろんタイムセールも2つのママ割エントリーでポイントアップの対象

https://event.rakuten.co.jp/campaign/point-up/marathon/20191119nkfza/mamawari/

https://event.rakuten.co.jp/oseibo/tieup/mamawari/



タイムセール以外のお買いものは、先のメルマガでもご案内しておりましたが、11/25(水)がたぶん一番お得になると思いますので、お届けをお急ぎでなければしばしお待ちを。


と、いうわけで…


今晩11/22(金)20:00~21:59の2時間限定

楽天市場公式のお買いものマラソンタイムセールに、キアーロのオリジナル子供ヘルメットが登場です。


-----

SG規格に適合。

安全なだけじゃない、驚くほど軽いからお子さんが嫌がらずにかぶってくれると評判です!

☆キアーロ 自転車用キッズヘルメット T-HB6-3

https://item.rakuten.co.jp/dandelion/01025501-mirror/

Sサイズ 1歳~3歳(頭囲48~52cm未満)向け
Mサイズ 3歳~6歳(頭囲52~56cm未満)向け


当店の通常販売価格3,799円のところ

特別価格 送料無料2,999円

※対象年齢はあくまで目安です。
※返品交換は可能ですが有料となりますので必ず事前にサイズを測ってご購入下さい

-----

実際にお使いいただいている皆さんのご感想はこちらから(通常販売ページのレビューです)

https://review.rakuten.co.jp/item/1/204574_10015036/1.1/


このメルマガでは何度となく書いているのでおなじみのお話なのですが、お子さんの自転車事故でのケガの約60%は頭部へのケガ。

重大なケガの約90%はヘルメットさえちゃんと被っていたら防げたと言われています。


これを書いちゃうと他のお店にケンカ売ってるみたいで嫌なのですが、あくまで私個人の意見としては、やっぱりちゃんとSGやCEの安全基準に適合したものを選んで欲しいのです。

だったら、ぶっちゃけウチのお店で買われなくたって構いません。


SG規格の表記の無い子供ヘルメットって実はネット通販でいまだに結構、売られているんですよね。

個人的にはモールで販売禁止にすれば良いのにと思っています。

自転車じゃなくて自動車用のチャイルドシートなんかは、数年前に国民生活センターの試験でネットで販売されている商品の安全性が低いことが問題になって、今は楽天でもYahoo!でも販売禁止になったはずです。

報道で騒がれたり事故が起きてからじゃないと、なかなか大きいとこって動きませんからねぇ…。


そりゃまったく何も被せないのよりはマシなのは間違いないし、もしかしたら十分な安全性能があるけれど単に安く販売するために、それなりに価格が高いSGの試験を受けてないだけかもしれない。

でも「安全性を証明するものがない」というのはとても怖い事だと私は思うのです。


SG安全基準ってのはかなり厳しくて、

・構成
・外観と構造
・材料
・質量
・衝撃吸収性
・耐貫通性
・保持装置の強さ
・保持性

等の項目で違反があったり、試験を通して必要な性能基準を満たしていないと表示することが出来ません。

一度試験を通ればずっとOKってわけではなくて定期的に行われるのです。

しかも試験費用は結構しゃれにならんくらい高いんです、少なくとも「数万円」程度の話ではありません笑


ヘルメットは消耗品です。


お子さんが大きくなってサイズアウトしたり、使用中に衝撃を受けたものは見た目に大丈夫そうに見えたとしても買い換えるのが基本です。


でも、その度に3~5,000円ぐらいの出費って、実際のとこ安くはないですよね。

それが2~3年ごとにあるわけですから、少しでも安価で購入したいと思うのは当たり前の話なんだとは思います。


ただ、やっぱり「安全や命に値段は付けられない」と私は思うんです。


例えば、バイク用のヘルメットはSG安全基準に適合しない非認定のヘルメットは、乗車用ではなく装飾品ヘルメット扱いとなって一般公道では使用することができません。


自転車はその辺りが緩すぎるんですよね。

特に電動アシスト自転車は本体の重量が約30kgにも及び、そこに親御さんと2人のお子さんや荷物が乗ったとしたら、総重量は100kg近くなります。

考えても見てください。


そんな鉄の塊が時速数十キロで走ることになるんです(だいたい皆さんも普段それぐらい出しているであろうアシスト機能が切れる速度で時速25kmぐらいです)。

それなのに車検のように「ちゃんとブレーキが効くか?」「タイヤの空気圧は適正か?」などの定期的な安全チェックの仕組みすらない。

自動車のように、保護する外装もエアバッグも無い状態で、もしそんなスピードで事故を起こしたら?


ですから、本当は大人の方にもきちんとヘルメットを被っていただきたい。

-----

☆キアーロの中学生~大人用ヘルメットが正式にCEマークを取得いたしました。

https://item.rakuten.co.jp/dandelion/01025521/

※CEマークとは?

製品をEU加盟国へ輸出する際に、安全基準条件(使用者・消費者の健康と安全および共通利益の確保を守るための条件)を満たすことを証明するマーク。

-----


せめて自分で身を守れないお子様だけでもシートベルトを必ず締めて、見た目には同じように見えるヘルメットであっても「キチンと公的に安全が証明された」品物を選んでいただきたいのです。


もうすぐ今年もクリスマス。

子供用自転車や一輪車、ストライダーのようなバランスバイクをプレゼントするサンタさんもいらっしゃるでしょう。

せっかくのプレゼントで悲惨な事故が起こらないように、必ず「ちゃんとしたヘルメット」」もセットでプレゼントしてあげてくださいね。


これからもキチンとした品をなるべくお求めやすく提供してまいりますので、どうぞご検討ください。


☆自転車グッズのキアーロ

https://www.rakuten.ne.jp/gold/dandelion/



本日も最後まで長々とお付き合いいただきましてホンマにありがとうございました。

今日もご安全に。

自転車でいってらっしゃい!

メルマガを購読

最終更新:2019/11/22 10:12

コメント 0件

ページ上部へ

カレンダー

2019年11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今月