【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus
店長の部屋Plus+は2022年1月をもって提供を終了致します。長きに渡りご愛読ありがとうございました。
※2021年9月末をもって、新規記事の投稿及びコメントの投稿を停止しております。

記事詳細

2012/10/29 18:27

こんばんは星
本日は子供用のヘルメットについて。


子供用のヘルメットには大きく分けて2種類あります。


・ソフトシェル



・ハードシェル


ソフトシェルはその名の通り、表面のシェル(カバー)が柔らかいタイプ。
押さえてみるとぺこぺこへこみます。
たとえて言うなら『お祭りで売っているお面』みたいな感じ。
そんなシェルを発泡スチロールでできた内装材にカバーしています。

ソフトシェル

良いところは
軽くて、子供たちの首に負担をかけない ということ。
1歳からかぶれるものもあります。



ハードシェルは表面のシェルが固いタイプ。
バイク用や工事現場などで使われているものと同じタイプ。
拳で叩くとゴンゴンという音が鳴ります。
手が痛いです^^;;頑丈です。

ハードシェル
良いところは
なんといってもしっかり頑丈設計!
だから、自転車だけではなくスポーツにも使えます。


これだけを比較すると

『ん?ソフトシェルって頼りなくない?大丈夫?わからん


と思っちゃいますよね。



でも、ヘルメットのシェルは衝撃を吸収するためというよりも
滑りを良くするためのものなのです。


地面にたたきつけられたときに、
ヘルメットのシェルが滑ることによって衝撃が分散し、
頭を守ってくれるのです。

自転車が倒れることによって受ける衝撃なら
正直、ソフトシェルで十分なのだとか。

同じサイズのヘルメットを比較すると
重さが約100gづつ違います。


たとえば

幼児~幼稚園児向けに作られた

頭囲47~51cmのメロンキッズ 参考重量 210g
頭囲47~52cmのミルポップ  参考重量 315g


ヘルメットはもちろん丈夫さが大事なのですが、
常々かぶり続けることが一番大事!

特に小さなお子さんは
重いとかぶるのを嫌がることだってあるでしょう。


 軽くて快適で
 かっこよくて
 いつもかぶっていたくなるヘルメット

そんなベストなヘルメットを選んであげてくださいね。


もちろん、もっとハードなスポーツであれば
より強度があるハードシェルのヘルメットが必要です。

毎日かぶるものじゃないでしょうから、
それに、ハードなスポーツをするということは
あるていどお兄ちゃん、お姉ちゃんになっているでしょうから、
そんなに重さは気にならなくなってくると思うんです。


その状況に応じてのヘルメットをどうぞお選びくださいね。

最終更新:2012/10/29 18:27

コメント 0件

ページ上部へ

カレンダー

2012年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

今月