【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2018/01/15 15:16

本日も2018年1月第一弾入荷分のTaroWashimiをご紹介させていただきますグッド
今回はフェザーではなくメタルをピックアップ

【鷲見太郎 Pendant ペンダント】Mサンダーメタル
180107_08.jpg
28000円
在庫:即日発送可能 *各1点のみ(2018.01.14時点)

フェザーやクロスとは違うカッコ良さがありますね~

WSP0009metal22K_M thunder metal_01.jpg

ペンダントの本体もネイティブ系ジュエリーではよく見られるデザインで、
しかも、フロントにデザインされたレリーフがまさにそのものですよね~

WSP0009metal22K_M thunder metal_04.jpg

今までスカル系、ロック系、バイカー系、西海岸系のものばかり触れてきた僕に
とっては全てが斬新で今更ながらカッコ良く見えておりますっ!!!

WSP0009metal22K_M thunder metal_01.jpg

フェザー買って、バングル買ったら、この辺りも取り入れてみたいですね~
2018年もどんなジュエリーを合わせるのか楽しみですっ


お正月特番のさんタクではキムタクがgoro'sの全金先銀って言うのかな?
ハートフェザー、ターコイズK18カップ仕様のトップとバングルとフェザーリングを
着用されていましたね~

180108_03.jpg

参考までに先端のみ銀で同仕様のフェザーペンダントをオーダーした場合の価格
は252190円、全金の場合300740円ほどでお作りできそうですウィンク
TaroWashimiでも同様のデザインのアイテムをオーダーいただけますのでお気軽
にご相談くださいm(__)m

フェザーリングについては

180108_02.jpg

・Mサイズ
銀11080円
金109400円
先金29780円

・Lサイズ
銀21000円
金242750円
先80710円

となります。
その他にも全金先銀などご要望に応じてお作りいたしますので詳しくはお問合せ
下さいませ~


●デザイナー: 鷲見太郎氏 (1975年 東京都立川市生まれ)
170910_01.jpg
2017年 阪急メンズ館にて

●ブランドヒストリー:
26歳より東京のインディアンジュエリースタジオに勤め、2009年 30歳を機に独立
”Taro Washimi”を設立

作品のインスピレーションの源である「art」「music」は、画家の父と音大卒のピアノ
教師の母の元に生まれた彼のルーツとなっており、自然とふれあい、楽しむことで
「nature」が、新たに作品のテーマに加わっていった。

「ジュエリーは毎日、身につけるアイテム
室内だけではなく自然の大地、太陽、光の中で感じて楽しんで欲しい。」

---------------------------------------------------------------------


▼Taro Washimiカタログページができました!
180107_02.jpg
https://item.rakuten.co.jp/chrono925/c/0000000495/
※カタログのみで販売は行っておりません。
※通販ご希望の方はお問い合わせください。



本日もブログのの内容が気に入った方はブログのブックマークと各CHRONO
オフィシャルSNSへの「イイね」をお願いいたしますm(__)m


今日もご覧いただきありがとうございます。



CHRONO(クロノ)
OPEN 12:00 - CLOSE 20:00

〒530-0012 大阪府大阪市北区芝田2丁目2-5
                   新星第一ビル別館2F
TEL:06-4802-0011
FreeDial:0120-6245-76

◆◇◆CHRONO-クロノ-SNS◆◇◆

LINE@ 公式アカウントはじめました
r9YB-6MLpv.png
LINE IDは「@mzp1025z」となりますので、是非、友達追加してください!

130517_14

公式Twitter :
アカウント名 CHRONO_RAKUTEN

最終更新:2018/01/15 15:16

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2018年1月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

今月

過去の日記

2020年
2019年
2018年