【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

2017/03/25 11:00

こんにちは、タマです猫
今日は当店でも取り扱いのあるエコバッグが売っているお店をご紹介したいと思います。

今回ご紹介するお店は【ALBION】  →エコバッグの購入はこちらから


商品ページにも書かれている通り、【ALBION】はテレンス・コンラン卿がプロデュースするオーガニックカフェのお店。今回私が訪れたのはショーディッチにある店舗で、ここは同じくコンラン卿がプロデュースするホテル「Boundary」の1階にあります。

ALBION01.jpg


お店の入口にはさっそく美味しそうな野菜が並んでいます。スーパーに並んでいる野菜と違って鮮度が良さそうです目

ALBION02.jpg


アルビオンはMADE IN UKかつオーガニックにこだわってほとんどの商品を揃えており、野菜のほか、食品やビールやワインなどなど壁一面にキレイに並んでいます。ジャムやソース、紅茶、チョコレートなどもあって、ちょっと良いお土産を選ぶのにピッタリオーケー


ALBION03.jpg


お店で焼いているパンやお菓子もオススメで、大きいパンはなかなか買いにくいですが、小さいサイズの菓子パンもあってどれも美味しそう!イギリスらしいボリューム感のあるケーキも、せっかくなので試してみてはいかがでしょうか。

ALBION04.jpg

ALBION05.jpg


食品コーナーの奥にはカフェスペースがあり、イギリスらしい食事を提供しています。フィッシュ&チップスやイングリッシュブレックファストなどのイギリスらしい食事はもちろん、ランチメニューもあるので、目的に合わせて利用出来るのも嬉しいですよね音符私が行ったのは17時だったんですが、さすが人気のカフェだけあって席がほとんど埋まっていました。

ALBION06.jpg


今回注文したのはこちら。

ALBION07.jpg
Crispy whitebait & tartare sause £4.5

ALBION08.jpg
Bookmaker's steak sandwich & chips £13

ALBION09.jpg
Denver steak, bone marrow, parsley & chips £19.5


一緒に行った相方の希望でステーキばっかりショック野菜が美味しいであろうお店で野菜を食べないなんて。。。

でもでも頼んだ料理はとっても美味しかった!セットで付いてきたパンもとっても美味しかったなー!とくに魚を揚げた前菜はオススメです!パクパク一瞬で食べつくしてしまいましたうっしっし

ステーキサンドイッチはパンの厚みに圧倒されますが、お肉の下には炒めた玉ねぎとマッシュルームが挟まっていて、これにしっかり味がついていていくらでも食べれそうなほど。ステーキも薄めで歯で噛み切れてGOODグッド

正直ステーキだけは次は食べないかな?と思いました。くさみもないし焼き加減もバッチリだったんですが、ほぼ味がないんですしょんぼりこっちで食べるステーキには良くあることで、ソースが付いているだけマシなんですが、多くは自分で塩をかけて食べたりします。個人的にしっかり塩がふってあるのが好きなので。。。

ちなみにイギリスでは結構珍しいのですが、とにかくどのスタッフも気持ちの良い接客をしてくれます。それだけでも(もちろん料理も美味しいですが)また来たいと思えるポイントでした!特に旅行中だと、たくさん歩くし言葉の壁もあるし、食事の時くらいは優しい雰囲気の場所でゆっくりしたいですよね。そしてオシャレカフェなのにとにかくボリューム満点なので、注文の時には頼み過ぎないように気をつけましょうあっかんべー


最後にエコバッグの紹介ですが、なんと、、、、私が行った日は売り切れていて手に入りませんでしたーほえー泣き笑い
お店の人に聞いたら「あるはずなんだけどなぁ」と探してくれたけどやっぱり見つからず。。。このお店のすぐ近くにある【COUNTER ALBION】にならあるはず!とマネージャーさんが教えてくれたんですが、行って見たら「ここでは取り扱いないよ」とのこと。もう一度お店に戻って会社の近くの【CLERKENWELL】の店舗にはあると教えてもらったので、次の日のランチタイムに買いに行ってきましたー!

ALBION10.jpg


そして昨日の反省を生かして、この日は緑がまぶしいお野菜たっぷりのランチをいただきましたスマイル

ALBION11.jpg
Avocado on toast £7

今回2日間で3店舗も行くことになりましたが【SHOREDITCH】【COUNTER ALBION】【CLERKENWELL】の他に【BANKSIDE】と全部で4店舗あるので、旅行で来た際は行きやすいお店が選べるのも嬉しいですね。

----------------------
ALBION SHOREDITCH
2-4 Boundary Street,
Shoreditch,
London E2 7DD
020 7729 1051
----------------------

最終更新:2017/03/25 11:01

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2017/03/01 11:00

こんにちは、タマです猫

皆さんはパンケーキデーというのがあるのをご存知でしょうか?

日本でよくある企業が考えた○○の日とは違い、イースターに関わる大事な日の別名なんです。
イースター(復活祭)までの四旬節と呼ばれるイースターの準備期間が始まる日がAsh Wednesday(灰の水曜日)と呼ばれており、その日から日曜日を除く40日間が断食期間となります。
断食期間は簡素な食事を取るしきたりで、肉や乳製品、卵を取らない事になっているそうです。
その前日がShrove Tuesday(告解の火曜日)と呼ばれ、家にある卵や牛乳などを消費するためにパンケーキを食べていたことが始まりとされ、パンケーキデーと呼ばれるようになったようです。

そんな宗教色の強い伝統的なパンケーキデーですが、今ではイギリスの各地で「パンケーキレース」が行われています旗
一説では、当日の朝パンケーキ作りで忙しかった主婦が礼拝の時間を忘れていて、教会の鐘が鳴って慌ててフライパンを持ったまま家から教会まで走ったことが由来だとか。

そのパンケーキデーが今年は2月28日ということで、街中で開催されているイベントを見に行って来ましたちょき
もちろんお目当てはパンケーキレースですグッド
いくつか有名なレースがあるようですが、今回私が行ってきたのが【The Great Spitalfields Pancake Race】

場所は会社からほど近いShoreditch Hith Street/ショーディッチハイストリート駅の近くで、Brick Lane/ブリックレーンにあるOld Truman Brewery/オールド・トゥルーマン・ビール工場という場所。
ここは名前の通り、元はロンドン最大級のビール工場「The Black Eagle Brewery/ブラック・イーグル・ビール工場」だった場所。
再開発により、今はショップ、ギャラリー、マーケット、レストランなどがあり、イベントスペースはファッションショーなどにも使われています。

今回はブリックレーンマーケット側の屋外のスペースでパンケーキレースが行われていました。
平日のお昼なのにたくさんの人であふれていてピックリ!

pancakerace01.jpg


このレースは4人1組で誰でも参加出来て、当日でもフライパンを持って行けば参加出来るそうです。
チーム毎に仮装しているのがこのレースの特徴で、スタッフの人もピエロなどの仮装をして場を盛り上げていて私も何度も笑ってしまいましたスマイル

pancakerace02.jpg


こちらのレースはもう何でもアリの様相で簡単な仮装から王子様のコスチュームを着ていたりと様々。仮装していない人もいましたが。。。
ルールは、スタートと折り返し地点の間にある2本のラインの場所で必ずパンケーキをひっくり返すこと。
どんな仮装の人もレースが始まると一目散にフライパンを持って走り出し、ひっくり返すのも真剣!!

pancakerace03.jpg

pancakerace04.jpg


お約束のように、パンケーキを落とす人続出で観客もすごい盛り上がりでした泣き笑い

pancakerace05.jpg

pancakerace06.jpg


そんな中私の目にとまったのがこちらの男性。なんだかとてもしっくりくる仮装で、帽子が素敵です目
結果はどうあれ、参加者も観客もみんなが楽しんでいて、また来年も見たいな~と思いました星

pancakerace07.jpg


ちょうどレースをしている横にクレープ屋さんが出ていたので、私もレースを観戦しながらいただきましたよ食事

pancakerace08.jpg

pancakerace09.jpg


パンケーキじゃないの!?という指摘が入りそうですが、このパンケーキレースに使われていたのは、日本やアメリカタイプの厚みがあるパンケーキではなく、クレープをちょっと厚くした、見た目はほとんどクレープタイプのもの。
国により違いがあるんですが、イギリスはこの薄いタイプなんですねー。本来はそれにレモンを絞り、砂糖をかけていただくそうです。

ちなみにこの【Old Truman Brewery】今回はあまり時間がなかったのでパンケーキレースだけ見て来たのですが、もっとお店がたくさんあるはずなのに全然見つけられなかったんです…しょんぼり
なので、今度ゆっくり散策してみようと思います!

皆さんきっとパンケーキが食べたくなりましたよね?
同僚のPOPPYちゃんがロンドンの色んなパンケーキを食べ歩いていたので、気になるパンケーキ屋さんがある人はぜひ訪れてみてくださいね犬

パンケーキ食べ比べ【1】 Granger & Co.
パンケーキ食べ比べ【2】 The Breakfast Club
パンケーキ食べ比べ【3】 My Old Dutch
パンケーキ食べ比べ【4】 The Riding House Cafe
パンケーキ食べ比べ【5】 Recipease
パンケーキ食べ比べ【6】 Muriel's Kitchen
パンケーキ食べ比べ【7】 The Diner

最終更新:2017/03/01 11:01

2017/02/13 08:00

00 Dishoom ロンドン アナザースカイで生田斗真が訪れたカレー屋


こんにちは、Poppyです。

ロンドンで大人気、並ぶの覚悟のお洒落なボンベイ・カフェ「Dishoom」に行ってきました!

実は Dishoom を Dishroom と読み間違えていて、ワタシはこのブログを書く今日までずっと「デッシュルーム」だと勘違いしておりました(恥) 正しくは「ディッシューム」です。

そして「ディッシューム」は、「アナザースカイ」で生田斗真が訪れたカレー屋の2件目。(というのも今日知りました!)紹介は割りとあっさりだったけど、「デートで使いたいカレー屋」と言ったお店です。

そんなことは全く知らず、、、以前フリーペーパーに掲載されているのを読んでから気になっているレストランのひとつでした。 タイムアウトのロンドンのベスト・インディアン・レストランに選ばれたり、トリップアドバイザーでも好評。

インディアン・レストランに分類されていますが、厳密に言うと、伝統的なイラン・カフェらしいです。2010年にオープンしたロンドン初のボンベイ・カフェ。ボンベイってインドだけど・・・ちょっと困惑しますよね? お店のサイトの説明によると、ボンベイ・カフェというのは、イランからボンベイに移住したゾロアスター教の移民が始めたカフェらしいです。1960年代のピークには400近くあったとか。

友達と約束をしている土曜日の数日前にトリップアドバイザーのレビューを読むと、どうも並ぶらしい。ということで予約をしようと思ったら、ランチタイムは予約がいっぱい! しょうがないので並ぶの覚悟で。

ロンドンには、ショーディッチ、キングスクロス、カーナビーストリート、コヴェントガーデンの4店舗あります。ワタシ達が行ったのは、生田斗真が行ったのと同じコヴェントガーデン(レスタースクエアの近く)。

午後1時前に着いて「1時間待ち」と言われ並びました。待っている途中、小さいグラスで温かいチャイのサービス。この日はすごく寒かったのでこういうサービスが嬉しい。


02 Dishoom ロンドン アナザースカイで生田斗真が訪れたカレー屋

1時間と言われたけど25分位で中に入れてもらいました。すぐテーブルに案内されるのかと思いきや、地下のバーで待ってください、とのこと。ブザーを渡され、順番が来たらそのブザーが鳴るシステムです。更に20分位まったらブザーが鳴り、スタッフさんがワタシ達のところにやってきて、席まで案内してくれました。


03 Dishoom ロンドン アナザースカイで生田斗真が訪れたカレー屋

壁にはポスターや写真がたくさん掲げられており、お洒落な雰囲気♪ よくあるインド料理店とはちょっと違う~。


08 Dishoom ロンドン アナザースカイで生田斗真が訪れたカレー屋

トイレの個室には、なんと! タイガーバームなど薬のディスプレイが。なんだかよく分からないけど食べる前からワクワク。


04 Dishoom ロンドン アナザースカイで生田斗真が訪れたカレー屋

お店の外観の写真を撮るのを忘れてしまいましたが、中から見るとこんな感じ。中から並んでいる人達を見ていると、風が強くて寒そうで、途中雨がぱらぱら、急にひょうが降ってきたり。そんな中、絶えず30人程並んでいました。


さてさて肝心の注文。メニューが文字だけなので、馴染みのない料理は想像がつきにくく、写真がほしいところ・・・ カレーを食べる気マンマンだったのに、実はメニューにカレーがほとんどないことに行ってから気づいてしまったワタシ。スタッフさんが簡単にメニューの説明をしてくれたついでに「カレーはありますか?」と質問したら、数種類あったので、ホッ。

05 Dishoom ロンドン アナザースカイで生田斗真が訪れたカレー屋

カレー BLACK HOUSE DAAL 5.90ポンド
海老のグリル MASALA PRAWNS  11.20ポンド
ラムのビリヤニ(ラム入りミックスライス) BIRYANI - AWADHI LAMB 9.90ポンド
ビリヤニに合わせるヨーグルトソース RAITA 2.90ポンド
野菜ボウル(ブロッコリー、ほうれん草) A BOWL OF GREENS 3.90ポンド
ガーリックナン GARLIC NAAN 2.50ポンド

海老や野菜はしっかり味が付いており、豆のカレーはマイルドでやさしい味。途中からスパイシーソースをちょっと加えて変化を楽しみました。ビリヤニに合うよ、とおすすめされたヨーグルトソースは「え?これをライスに?」という先入観をとっぱらってかけてみると、これがこれが絶妙に合う。カレーとヨーグルトソースを交互にご飯がすすみました。


07 Dishoom ロンドン アナザースカイで生田斗真が訪れたカレー屋

デザートもシェア。選んだのは、フルーツ&カスタード&バニラアイスクリーム GADBAD MITHA 5.50ポンド。これも美味しかったー。


06 Dishoom ロンドン アナザースカイで生田斗真が訪れたカレー屋

ドリンクはそれぞれダージリングリーンティー、チャイ、チョコレートチャイを注文。お水+サービス料込みで、合計59.85ポンド。

料理が運ばれてきたときは正直「足りるかな?」と思いましたが、女性3人でお腹いっぱいになりました。お味も満足、ひとり20ポンドでこれなら大大満足!

朝からオープンしているので、朝食もちょっと気になるところです。
並びたくない方は、ぜひ予約してお出かけを。

最終更新:2017/02/13 08:01

2017/01/30 07:00

01 ロブスターロール ロンドン burger&lobster


こんにちは、Poppyです。

先日、約3年ぶりに Burger & Lobster(バーガー&ロブスター)に行って来ました!

Burger & Lobster は、2011年にロンドンのメイフェアにオープンしてから絶大な人気で、今ではロンドンに12店舗もあり、すっかり有名な大人気レストランに。ロンドン以外にもマンチェスターやバース、そしてニューヨーク、ストックホルム、ドバイ等々、海外までどんどん支店をオープンさせています。


02 burger&lobster london ロンドンおすすめレストラン

ワタシが以前行ったのは2014年、ソーホー支店。当時はロンドンに5店舗あり、予約ができず並ぶのが必須でした。今回訪れたのは、オックスフォードサーカス近くのお店。12時過ぎに着いたら、まだ掃除機のコードが付いたままで、店内はガラガラ。混んでると思ったのに、ちょっと拍子抜け。


03 burger&lobster london ロンドンおすすめレストラン

ビニールの使い捨てエプロンとウエットティッシュが用意されているので、ロブスターを食べるのも安心。


04 burger&lobster london ロンドンおすすめレストラン

以前はなかったTシャツは、10ポンドで購入可。ディスプレイがお洒落な感じですねー。


05 burger&lobster london ロンドンおすすめレストラン

水槽もあり、生きたロブスターを見れます。


06 burger&lobster バーガー&ロブスターメニュー ロンドン

以前はロブスターとバーガーしか選択がなく、両方20ポンドだったのに、ロブスターは26ポンドに値上がり、なぜかバーガーは値下がってます。そして少しメニューの幅が広がりました。今日のワタシの目的は、バーガーでもロブスターでもなく、ロブスターロール!!


07 burger&lobster london ロンドンおすすめレストラン

他にも、ジャンボロブスターもありますよ。お高いので手が出ませんが・・・ グループでシェアするのにはいいかもしれません。


08 burger&lobster london ロブスター ロンドンおすすめレストラン

少し待ってやってきたロブスター。こちらは定番メニュー、オリジナルのグリルロブスター(約700グラム)。チップスとサラダ付きで26ポンド。調理方法をグリルかスチーム、どちらか選べます。安くはないけれど、ロンドンプライスで考えると妥当なお値段。


09 burger&lobster london ロブスターロール ロンドンおすすめレストラン

いよいよ、本日のワタシのお目当て、初のロブスターロール。

注文する前から分かってはいたものの、やっぱり実物を目の前にすると、「えっ、これで25ポンド?!」(今のレートで3600円。ワタシの中ではまだユーロ離脱選挙の前の1ポンド=180円の感覚で、4500円)という思いが拭いきれませんが・・・ これがこれが、食べて納得!! 

大きいロブスターの身がゴロゴロと挟まっております! 噛み切りにくいから、もうちょっと小さくてもいいのに~、と思ってしまうほど。なんて贅沢な悩みなんでしょう!!!

パンはブリオッシュみたいなフワフワのパンで、外はちょうどよく焼かれており、外パリっ、中フワっ、の最高の組み合わせ♪ いやぁ、さすが高いだけの価値はある。

ちょっと贅沢なランチだけど、また食べたい度100%手書きハート

最終更新:2017/01/30 07:01

2017/01/15 09:00

こんにちは、Poppyです。

Natural History Museum(自然史博物館)の、恐竜「ディッピー」にお別れを告げに行って来ましたバイバイ

恐竜 ロンドン自然史博物館 Natural History Museum

中央ホールで1979年から多くの訪問者を迎えてきた、自然史博物館の「顔」、恐竜ディプロドクス。自然史博物館に一度でも行ったことのある方は絶対に覚えているはず。

このディッピー君が「2017年1月4日で去る」と聞いたので、見納めに。2018年から2020年に、イギリス国内ツアーに出るそうです。その後は自然史博物館に戻ってくるのかな? その辺はよく分かりませんが、ディッピー君が去った後には、代わりにクジラの骨がディスプレイされるそうです。


恐竜 ロンドン自然史博物館 Natural History Museum

中央にディッピー君の後ろ姿。上の写真ではカメラに収めるのが難しいくらい大きい恐竜なのに、ホールが広いのでこうやって撮ると恐竜が小さく見えますね。

ロンドンを代表するロマネスク様式の建物自体が美しく、天井には植物の絵が描かれています。


恐竜 ロンドン自然史博物館 Natural History Museum

もう最後なので名残惜しくって、今まで撮ったことないアングルから沢山写真を撮りました。右の写真は、首じゃなくて尻尾です。お尻の下にもぐって撮影している状況。


恐竜 ロンドン自然史博物館 Natural History Museum

長ーい尻尾の先っぽ。未練タラタラ感満載ですが、実はこれレプリカで、本物はアメリカのカーネギー博物館にあります。

ディッピー君にバイバイついでに、自然史博物館に来るのは久しぶりだったので、少し回ってみました。ディッピー君のいる所とは別の入り口から入ると違う恐竜が出迎えてくれますよ。

恐竜 ロンドン自然史博物館 Natural History Museum

このエスカレーターで上るのって、何度でもワクワク。


恐竜 ロンドン自然史博物館 Natural History Museum

骨ばかりじゃなくて、動く恐竜も。ライトがオレンジ~白~ブルーに変わるので、朝昼夜をイメージしているのかな。動くティラノサウルス(Tレックス)は大人にも子供にも大人気! 皆さんビデオ撮影大会です。


ロンドン自然史博物館 Natural History Museum

こちらは、マリー・アニング(1799-1847)という女性が発掘した、プレシオサウルス。当時はこの分野での女性の進出が認められていなかったため学会にも入れなかったとか。


ロンドン自然史博物館 Natural History Museum

もちろん、こういう勉学的なディスプレイも。

自然史博物館はとても広いので1回の訪問で全部を網羅するのは難しい。前に来たのは確か5年位前。久しぶりに来てこんなに楽しいなら、入場無料だし2,3ヶ月に一度来てもいいかなーっと。あ、そうそう、今回は初めてバッグの中まで荷物検査がありました。


ロンドン自然史博物館 Natural History Museum

いつの時代が忘れたけど、昔の人。今にも動き出しそうに、リアル!! 写真を見返す度に、目が合ってるー! まばたきしそう!!


ライオン ロンドン自然史博物館 Natural History Museum

色んな動物の剥製も並んでいます。BBCの動物ドキュメンタリーが好きでよく観ているので、ワタシも童心になってテンションUP上向き矢印 ライオンの前で子供がガラスに張り付いてなかなか離れなかったので、ちょっと待ちました。こうやって大きさを比較するとライオンの頭が大きいのがよく分かります。


チーター ロンドン自然史博物館 Natural History Museum

チーターかな、ジャガーかな・・・いつも混乱してしまうけど、多分チーター。猫ファミリーのハンター達って本当に美しい創造物だとつくづく思う。


ペンギン 白熊 ロンドン自然史博物館 Natural History Museum

ワタシの大好きな皇帝ペンギンと白熊。白熊大きいー! 野生のペンギンと白熊を見てみたいー!(←童心そのまま)


売店 ロンドン自然史博物館 Natural History Museum

自然史博物館のギフトショップもクリスマス仕様クリスマスツリー 恐竜のぬいぐるみがクリスマスジャンパー(セーター)を着ていてキュート! 予想外だったので思わず顔がほころぶハート(手書き) 恐竜柄のセーターも売っていて結構欲しかったけどガマンして去りました。入場無料なのでクリスマスギフトを探しにショップを覗きに来るのもいいかもしれませんね。

自然史博物館の前には、毎年10月末から1月頭までスケートリンクができ(こちらは有料)、これも冬の風物詩になっています。

最終更新:2017/01/15 09:01

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2020年10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今月

過去の日記

2020年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2018年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

チェルガのスタッフ

店長シマ
サッカーとアンティークが趣味。最近iphoneでキノコ育ててます。

POPPY
旅行,スポーツ観戦,英テレビの平凡な日々。在英歴十数年の甘いモノ好き。

ズッキー
英語はよく分かりませんが、何とか頑張ってロンドンで生活してます。

タマ
食べる事が大好き。たまにスポーツや舞台を見に行くのが日々の楽しみ。

カワム
JAZZとケバブが好物。イーストロンドン中心にディープな情報かき集めてます。