【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2017/07/21 10:09

こんにちは、ウォッチアドバイザーの中野拓也です!現在は心斎橋の実店舗にて、お客様対応や接客販売、売場づくりといった業務をメインに、部署全体の指導も任されています。

昨年の7月31日に記念すべき実店舗1店舗目が心斎橋にオープンして以来、 予想を上回る多くのお客様に、全国、そして世界各地からお越しいただきました。足をお運びいただいたみなさま、本当にありがとうございます。
実店舗開店の企画段階から加わり、多くの方の協力あって「ウォッチライブラリー」 というコンセプトを練り上げ、やっとの思いで形にできてから1年。自分の考えたものが形となり、そしてその場で働いているという事実は、私にとってとても刺激的な経験になっています。

ただ、実際に店舗運営に関わってみると、企画段階では想像もつかなかった多くの問題にぶち当たりました。
特に、営業時間を他店舗と比べてもかなり短くしていること、水曜日と木曜日を休業日にしていることで、せっかくご来店いただいていてもお店があいていない…ということもしばしばでした。大変ご迷惑をおかけしましたこと、心よりお詫び申し上げます。
一方このような現状のなかにも「素敵な時計が買えてよかった!」「品揃えが素晴らしいね!」などのお褒めの言葉をいただける機会も増えてきていることで、ウォッチアドバイザー全員の「もっとお客様に満足いただる店舗にしていきたい」という想いがより一層強くなっています。

写真1.jpg
↑ディスプレイについてもディスカッションの毎日です。

こうした問題をどう解決できるのか、ウォッチアドバイザーのメンバーとは日々ミーティングを重ねています!
特に売場づくりに関しては、数多くある商品をブランド・シリーズ別に分けるのはもちろんのこと、ベルトの色別に陳列しているコーナーづくりや、時期によって目玉商品を決めてレイアウトを大幅に変更することによって、お客様が常にワクワクした気持ちで商品を見ていただけるような売場づくりを追求しています。ありがたいことに、来店客数・売上ともに順調に伸びてきており、確かな手応えを実感しています。

また、今年の4月から新たな試みとしてfacebook・instagramといったSNSを活用した心斎橋店のPRを始めました。
新卒1年目でウォッチアドバイザーの新藤が主体的に関わり、新着入荷した商品の魅力を中心に発信しています。
これは、「心斎橋にこんなに品揃えの良い店舗があるんだ」と知っていただくこと、
そして、最新情報をリアルタイムに発信していくことで、「こんな商品を探していた!」というお客様のニーズにお応えすることを目的としています。
開始以降、皆さまからのコメントやイイねの数も順調に伸びていて、少しずつではありますが、お客様のご要望にお応えできているのではないかと感じています。

写真2.png
 ↑facebookの記事はこのような形でアップをしています。

先日は外部のセミナーに参加し、ECと実店舗を活用したオムニチャネルやマーケティング戦略について勉強させていただきました。
特に参考になったのは、SNSを活用したブランディング戦略です。
より多くの人にブルークウォッチカンパニーという存在を認知してもらうためには、パッと人の目を惹くほどの魅力ある高品質な写真と文章を投稿することが重要であるとを知りました。
このセミナーを受け、新藤の投稿する写真や文章に関しては私がまずチェックをし、お客様に満足いただけるものになっているかどうかを確認してからアップを行うことで、よりクオリティの高い記事になるよう改善をしています。

写真3.jpg

来月8月には、ウォッチアドバイザー全員と上司の加藤で東京へ出張し、他店舗様や取引先を訪問する予定となっています。
この機会に多くの気づきや学びを持ち帰り、心斎橋店のさらなる改善へと生かしていきます。

怒涛の1年が過ぎ去り、いよいよ心斎橋店も2年目を迎えます。
豊富な知識を持ったウォッチアドバイザーがお客様の商品選びやアフターケアや質問についてお応え致します。
ますますパワーアップする心斎橋店へぜひお越しくださいませ。従業員一同、お客様のご来店を心よりお待ちしております!

写真4.jpg

最終更新:2017/07/21 10:09

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件

ページ上部へ

カテゴリ

カレンダー

2017年7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

今月

過去の日記

2018年
2017年
2016年