【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2014/08/29 12:00

こんにちは。
株式会社ブルークのブランドバッグを担当しております白藤 朝実です。
先日14周年を迎えたブルークと共に歩み続け、
私自身も入社8年目となったこの度、弊社社長の青松と新卒の紀と共に更なる成長を遂げる為、
大阪で開催されていた『楽天EXPO2014』に参加して参りました。

カンファレンス1.jpg

今回のテーマは『together-絆-』
ともに歩むことで結びつき・結束が生まれるという言葉から
はじまり、楽天株式会社会長兼社長の三木谷 浩史氏による講演がありました。

2014-08-06-09.26.49.jpg

楽天は1997年の2月に社員5名からはじまり
2013年には年間流通総額が5兆2490憶まで成長を遂げました。

三木谷氏の言葉の中で今後インターネット事業が成長し続けるには
大きく分けて2つの事柄が必要不可欠であると感じました。

1.各デバイスへの対応
『I/O インターネット オブ エブリシング』
今後日本は全ての物が回線ではなく無線を通じて
物が全てインターネットになる時代が来るだろうと考えられています。
現在インターネットの70%がモバイル(スマートフォン・スマートウォッチ・スマートTV等)として
進化し続ける中で私達がすべき事は各デバイスに対応出来る環境作りが最も重要であると教えて頂きました。

2.国際化
これから日本の高齢化・少子化が問題になる中で世界に向けて発信していく必要があるという事。
弊社でも唯一の外国人社員である紀が国際化を進める一方で
このようなお話を聞く事が出来、再度重要性を認識する事ができました。
実際にイベントブースでは海外担当のラリーさんとも商談の機会を設けて頂き、
座談会では海外販売で実際に成功されているショップ様に
生の声を聞く事が出来、また一歩前進する事が出来ました。

カンファレンス3.jpg

カンファレンス4.jpg

その後、楽天大学学長のフォーラム『あのお店はなぜ消耗戦を抜け出せたのか』に参加させて頂き
一発屋と老舗の違いについて分かりやすく説明して下さいました。
私達が取り扱うブランド時計やバッグはお客様に価格以上の価値を提供する事が出来ているのか。
他では買えない価値を売る事が私達の使命でもあり
これから自分達が出来る事は物の売り買いではなく、人対人の繋がりをもっと大事にしたいと思いました。


後半に入り、楽天の2014年下期楽天市場戦略共有会に参加させて頂きました。
共有会の中では過去一年の実績と、楽天市場の基本方針である「より楽しくより便利に安心、安全」を
テーマにプレミアルモールとして成長するべく様々な施策が共有されました。
下期のシステム改善の中で値下げ情報や再入荷情報をダイレクトに届ける事が出来る
お知らせガジェットやお知らせがスマートフォンに効果的に配信されるアプリプッシュ通知も
コミュニケーション施策として上がっていたのでお客様にとって
有益な情報を流す事が出来るようになると思うとワクワクします。


最後に懇親会がありました。
懇親会では取り扱い商材が同じネットショップ様と交流を持つ事が出来たり
業種の違う方々とも沢山名刺交換させて頂く事が出来ました。
こういった出会いの中で、得られるものはとても大きく
取り扱う商品は違ってもお客様への思いは変わらないので大変勉強になりました。

カンファレンス5.jpg

また普段より弊社の為に真摯に向き合い対応して下さるECコンサルタントの日浅様ともお会いする事が出来、
ブルークの成長は担当者様との絆が一番大事であると感じる事が出来ました。
毎月の戦略会議には日浅様にも同席して頂き、切磋琢磨しながら向上できる環境に対して非常に感謝しております。

カンファレンス9.JPG

今回の楽天カンファレンスで総じて言える事は
全ては人と人との繋がりである。という事です。

私達が商品を販売するのはただの物の売り買いでは無く、人と人とを繋ぐコミュニケーションツールでもあり
お客様との繋がりも楽天担当者様との繋がりも今回出会った人達とも全て何かの縁で結ばれていて
この環境下に居られる事に感謝すると共に、より一層お客様の為に出来る事を考えていかなくてはと思いました。

最終更新:2014/09/01 21:45

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件

ページ上部へ

カテゴリ

カレンダー

2014年8月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

今月

過去の日記

2021年
2020年
2019年