【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus
店長の部屋Plus+は2022年1月をもって提供を終了致します。長きに渡りご愛読ありがとうございました。
※2021年9月末をもって、新規記事の投稿及びコメントの投稿を停止しております。

2016/08/05 12:48

こんにちは!時計MDチームの桑本 一馬です。
私たちは2016年8月1日にブルークウォッチカンパニー初となるリアルショップを大阪心斎橋にプレオープンいたしました。
10月のグランドオープンに先駆けて、2ヶ月間プロモーションなどをしっかりしていく期間を設定しているため、8月はプレオープン期間としています。

写真1.jpg

私は主に、店舗外看板や店内POP、ポスターなどのデザインを担当しました。
担当するにあたり、2015年度新卒の中野が考えた「Watch Library」という店舗のコンセプトに合わせ、お客様に一秒でも長くいたいと感じていただける、魅力的かつ独創的な店舗をつくりたいと考えました。

そこで
・お客様にワクワクした気持ちでお買い物を楽しんでいただけるよう、コーポレートカラーのブルーを活かした店舗デザインや打ち出し方を追求すること
・お客様に商品やサービスの情報を分かりやすくお伝えし、当店への安心を感じていただくこと
の二点を軸に打ち合わせを重ね、デザイン案を決定していったのです。

写真2.jpg

決定までには多くの苦労もありましたが、自分の考えたデザインが形になることで「早くお客様に足を運んでいただきたい」という気持ちが高まっていくのを日に日に感じました。

また、プレオープンに先駆け、7月29日に弊社代表の青松を初めとした、従業員の知人を招待しての「オープニング・レセプション」の開催にも携わりました。
このレセプションは入社2年目の中本が中心となり、連日夜遅くまで段取りや企画構成をともに考えてくれました。
私自身も「お客様に魅力を感じていただけるだろうか」「一秒でも長くいたいと思っていただける店になっているだろうか」と、期待と不安を感じながら毎日を過ごしていました。

迎えた当日、ご来店いただいたお客様はなんと総勢200名!
ショーケースの中の商品を見て回る方、実際にご購入くださる方、オフィスの見学をしてくださる方…「ブルークウォッチカンパニー」を目で見て、肌で感じられる時間の中で、「素敵な店舗ですね」という言葉をいただく度、どうしても嬉しさから笑顔がこぼれてしまいました。

写真3.jpg

バリトンオペラ歌手の安田旺司様やバイオリニストの方を招いてのクラシック・ミニコンサートも大変楽しく、思わずスタッフであることを忘れて見入ってしまうほどでした。
大盛況の中当日を終えることができたのは、足をお運びくださったお客様方、快く演奏を引き受けてくださったプレーヤーのみなさま、そして当日まで私たちを支えてくださった設計デザイン会社や仕入先の方々のおかげだと、心から感謝しております。

写真4.jpg

当店は2000年に創業して以来、Eコマースだけで成長してきましたが、次の展開として「O2O (Oneline to Offline)」を実現し、お客様をもっと身近に感じながら、よりお客様のニーズに沿った顧客サービスを充実させていきます。
そして、日本のお客様だけでなく外国人観光客のお客様に向けての販売・プロモーションを強化し、海外展開を目指します。

まだ始まったばかりのブルークウォッチカンパニー リアルショップを、今後ともよろしくお願いいたします!

最終更新:2016/08/05 12:48

2016/02/08 10:00


こんにちは。WEB制作チームの岡田円結です。
私はWEBの専門職として入社し「お客様が世界で1番わくわくするECサイト」をチームミッションに掲げ、日々店舗の更新やイベントの企画などを行っています。

写真1.jpg

しかし、そもそもお客様が感じる「わくわく」って?今のブルークに足りないわくわくってなんだろう?

その学びの為に「楽天新春カンファレンス2016」に参加しました。
これは、全国の楽天市場出店店舗を集め、普段出会うことのない店舗同士の交流やフォーラムを通じて、楽天を始めeコマースの世界全体を更に活性化しようという楽天市場主催のイベントです。

交流を目的にしているだけあって、イベントブースやミニゲームコーナーがあり、早速交流スペースで話し込む人を見かけたりと、一種お祭りのような熱気がありました。
わくわくとは何かを学ばなければ!と意気込みで緊張していたのに、気づけば私の方がわくわくしていました。

このカンファレンスには、フォーラムという形で、マーケティングや楽天の運営の基礎などを学ぶ時間が用意されており、参加者が自由に興味のあるものを選ぶことができます。
お客様に支持される店舗になる為に必要なものの一つが「ブランディング」なのでは、と考えた私は「楽天店舗と一緒に考えるECの未来」というフォーラムに参加しました。

写真2.jpg

人気店舗の経営者方をパネラーに、ディスカッション形式で、実例を交えたお話しをたくさん聞くことができました。
それぞれのお話の中で共通項としてあげられていたのは、「店舗が伝えたいことと、お客様が知りたいことのギャップを埋めるための適切なコンテンツを充実させていく」という点です。
そのコンテンツは、店舗によっては商品ページの充実やSNSの活用、お客様対応とさまざまですが、それを丁寧に積み重ねていくことでお客様に支持され、結果ブランディングになっていたというお話でした。

参加する前は「これをやればブランディングができます!」と言ったテクニックのお話が出てくると思っていました。
しかし、そんな裏ワザなんてなく、お客様が何を求めて店舗に来てくださっているのかを考え、その求めに丁寧に応えることが重要で、
ブルークの企業理念である「お客様に利益と感動をお届けする」という部分に、向き合うことの大切さに改めて気付かされました。

できることはたくさんあり、可能性は無限に広がっていることにやる気がみなぎるのを感じました。

写真3.jpg

すべてのプログラムが終了した後は、懇親会にも参加しました。
異業種の方、ライバルとも言える同業他社の方とも、今後のビジョンや時には苦労話まで、様々なお話しをさせていただきました。
商材や手法は店舗の数だけそれぞれありますが、カンファレンスに参加されている方々は、共にeコマースという世界の中で「お客様により良いサービスを、より多くお届けたい」という共通認識を持つ仲間です。

そのような感覚が会場全体にあったからこそ、真剣に語り合えたのだと思います。

カンファレンスに参加して様々な人、情報と出会った事でビジョンが広がり、WEB制作として「早く実現したい!」という想像がどんどんと湧いてきています。
しかし、そうやって気持ちばかり進んでしまいがちな時こそ、裏ワザやテクニックに頼りがちになってしまいます。
今回のフォーラムで気付かされた「お客様の利益と感動をお届けする」という原点を忘れず、いち早く「想像」を「創造」に変えていきたいです。

今回お話しさせていただいた皆様、本当にありがとうございました!

最終更新:2016/02/08 10:02

2015/03/20 12:00

こんにちは。
株式会社ブルーク バイヤーチームの桑本 一馬です。

現在、週に1回仕事終わりに英会話教室に通わせて頂いています。

昨年は1週間のセブ島語学留学、台湾出張など海外に触れるチャンスもあり
よりビジネスの場面で実用的な英語を学べるようにと、今回またこの様な機会を頂くことができました。


blog1.gif


先日、その英会話教室の外国人講師が帰国されるとの事でお別れパーティーにご招待頂きました。


blog.gif


今回帰国される講師の方がイギリス出身という事で、アイリッシュバーでお別れパーティーが開催されました。

以前は外国の方との会話で内容をあまり理解することが出来ずに、中学生レベルの英語しか話せなかったのですが、
今回は日本とイギリスの文化の違いについてなど、より自分の興味のあることについて会話を楽しむことができました。
このような場に参加し、外国の方と話しをすることで、スキルが上達していることを実感しました。

元々は外国の方からの問い合わせや、海外の取引先様とのやり取りの中で、
ビジネスで活かせるように独学で英語を勉強していたことを認めていただき、
気がつくと本当にたくさんの成長のチャンスを与えていただきました。

また、今年は外国人観光客もターゲットにした実店舗を大阪の中心地ににオープンする予定がありますが、
率先して外国のお客様にも満足いただける仕入れや顧客対応ができるようになりたいと思っています。

まだまだ未熟ですがこれからも英語の勉強を続けていき、世界に通用する人間になりたいです。
その中で、ブルークのグローバル展開に大きく貢献していきます。

最終更新:2015/03/20 12:01

2015/02/20 12:00

こんにちは

株式会社ブルークのブランドバッグを担当しております白藤 朝実です。


今回は吉田カバン(ポーター)の正規取扱店である
株式会社エース様が会社見学に来てくださいました。

幹部の方と直接現場で業務に取り組まれている方で
総勢13名もの皆様に遠方よりお越し頂き、感謝申し上げます。


はじめに

朝礼見学からスタートし、各部署説明の中で、

●カスタマーは常にお客様目線に立ち、チーム一丸となって全体を良くしていこうとしていること
●バイヤーは固定観念に捕われず常に新しい施策に挑戦していること
●WEB制作は顧客目線に立ち、常に改善を行い続けていること

を中心にお話させて頂きました。

blog-3.jpg


その後、弊社代表 青松からお話をさせて頂き、沢山の質問が飛び交い、
皆様の向上心の高さをすごく感じました。

blog-5.jpg


最後に、ランチをご一緒させて頂きました。


blog-1.jpg

取り扱い商材が似ている分
商品の仕入れ方や販売方法など、お互いに情報交換をする事が出来
沢山学ぶ事がありましたので、とても有意義な時間となりました。


blog-2.jpg



何よりも皆様がすごく明るく前向きで
常に学び、変わり続けようとする姿勢に

自分自身も
もっともっと外部にふれて
お客様により良い商品と感動をお届けできるよう、
常に成長し続けられる環境を作り上げる必要性を感じました。

最終更新:2015/02/24 15:46

2015/02/06 12:00

こんにちは、株式会社ブルーク バイヤーチーム 入社6年目の桑本 一馬です。
この度、商談と市場見学を兼ねて台湾出張に行ってきました。


blog1.jpg


台湾は今、アジアの中でも経済成長が著しく、高級ブランドのブティックが急激に増えている国の1つです。

今回の出張では商談の合間を使って、
台北101や忠孝東路など高級ブランドのブティックが多く立ち並ぶ地域を見学してきました。

免税店では中国本土からの観光ツアー団体が大勢いて、あまりの活気に圧倒されそうになりました。

安倍内閣が発足してから約2年が経過し、アベノミクスの政策により円安が急激に進んだ結果、
ブランド品の価格が海外と比べ日本が割安になっています。

台湾定価は日本定価に比べて1.2倍ほど高く、ブルークの価格と比較すると約2倍もの価格差があります。
また、香港もおよそ1.2倍、中国本土は1.6倍の価格差になっているそうです。
このようなアジアの市場状況が昨今の東京、大阪でブランド品を購入して帰る訪日観光客が増えている理由なのだと思います。
世の中がどんどんグローバル化に進む中、ブルークも近い将来、
訪日観光客もターゲットとしたリアル店舗を東京か大阪に出店する予定です。


blog2.jpg

最後に、この度の出張では台湾で大規模な事業を展開されている経営者の方に同行していただき、
深夜まで熱く語り合いました。海外に出ると、
自分と違った価値観や文化に触れる事で自分を見つめ直す良いきっかけになります。

そして今回の出張ではアジア圏の経済成長とグローバル化の流れを肌で感じる事ができ、
このグローバル化の波に乗り遅れないようにもっともっと新しい事にチャレンジしなければならないと強く感じました。


最終更新:2015/02/06 12:01

ページ上部へ

カテゴリ

カレンダー

2021年10月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

今月

過去の日記

2021年
2020年
2019年