【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

2012/06/01 14:30

こんにちは、株式会社ブルーク EC事業部の加藤俊二です。
今回は東京に出張に行き、商談での商品仕入れと桃源郷株式会社への企業視察に行ってまいりました。
ブルーク 東京出張 桃源郷



桃源郷さんは自社でオークションサイトを運営されており楽天市場でのショップオブザイヤーの常連店舗。

また、現在ではファニチャーや、キッズアパレルなどの異なる13ジャンルの店舗も運営するショップさんです。
https://www.rakuten.ne.jp/gold/tougenkyou/


渋谷の道玄坂を登り切ったところにあるオフィスを構えられ、
約200坪のオフィスを大橋社長自ら社内を案内頂きました。
ブルーク 東京出張 桃源郷


桃源郷さんのオフィスレイアウトはショップごとに席を配置するのではなく、
社内にはコミュニケーションが取りやすくなるようにと、
バイヤー、サイト制作チーム、バックヤードチームと異なるサイトを専門性lを高めた上でノウハウや知識を共有しやすいような席配置でした。

また、圧巻だったのは、一日に数千点あまりのお客様の注文処理を行い、そして数万点にも及ぶオークション出品をリアルタイムにスピーディーに行う。
それらのシステムを担う方がたった3名で開発・保守されているそうです。






午後からは商談へ。

2012年現在、10万円前後の女性ものの時計がエルメスを筆頭に日本市場での希少性が高まっています。
その背景には、中国市場での需要過多により、日本への供給量が激減したことなどによります。

これらの背景からお客様からの要望もあり、今回はお求め安い価格でご提供できる「グッチ」の開拓をしてまいりました。


ほぼ日本では出回らない希少価値の高いものから、最大80%OFFの商品をそろえております。
ぜひ弊社サイトであなただけの一本をお探しください。

■グッチ
https://item.rakuten.co.jp/bluek/c/0000000702/




そして、夜は取引様と東京一番フーズさんが経営されるふぐ料理屋「とらふぐ亭」へ。


こちらは弊社代表の青松のお知り合いの方が経営するお店です。
東京で40店舗展開され、多くのお客様にご支持されているそうです。

店内は様々な工夫がされており、紙鍋を使ったてっちりや、きめ細かい接客で寛いだ時間を過ごすことができました。
ブルーク 東京出張 とらふぐ亭





今回、3ヶ月ぶりの東京出張で感じたことは、社外にでることで気付きや発見がたくさんあったこと。
さまざまな企業が、お客様に満足して頂けるように工夫をし、価値を高めるアイデアを学ぶことができたことだと感じます。

今回の経験を生かし、今後もよりよいサービスを提供できるように努めて参ります。

最後になりましたが、今回会社見学でご案内頂きました、桃源郷の大橋社長、武田さん
商談にて良い商品をご提案頂いた取引先さまにこの場を借りてお礼をさせて頂ければと思います。

ありがとうございました。

最終更新:2012/06/01 14:30

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2012/05/15 12:40

こんにちは!株式会社ブルークの青松敬介です。

私の尊敬する居酒屋ワタミ 会長の渡邊美樹さんが主催するNGO法人スクールエイドジャパン(SAJ)のカンボジア現地での活動について視察してきました。


「地球上で一番ありがとうを集めるグループになりたい」を企業理念に介護ビジネスや世界の子供たちの支援をされる渡邊会長の活動に以前から共感していました。

そして私自身が子供が好きで、世界の子供達のために何かできないかと思うようになり、ブルークが多くのお客様や取引業者様のお力で上げてきた売上の一部を子供達の未来のために役立てることはできないかと考えていました。


ブルーク カンボジア

今回SAJの住田事務局長にお誘い頂き、新しい学校が建設され、SAJさんからカンボジア政府への中学校の贈呈式に参加させていただきました。


ブルーク カンボジア

今回の中学校は5教室、生徒数409名のSAJさんがこれまで建ててきた150校の中でも比較的標準的な規模の学校です。


ブルーク カンボジア

横浜の不動産関連の会社の方が全国3000人から寄付を募り約500万円を集め、SAJさんに寄付をされ、今回の学校が建ちました。


ブルーク カンボジア

最初は、子供たちに迎えられ、
贈呈式の式典は内務省長官(副大臣)など政府や地域の実力者が参加される予想以上に盛大なものでした。

日本の支援者が寄付をされ、SAJさんがカンボジアで学校を建設し、政府に寄贈する。

今回は私のようなゲストで30名の方が参加され、中には有名なミリオンセラー作家や有名企業の経営者もいらっしゃいました。

翌日は、SAJさんが運営しているファーム見学と孤児院の見学です。

学校に通える子はまだ恵まれている方でそもそも両親が亡くなられたり働けない孤児たちがカンボジアにはたくさんいます。


ブルーク カンボジア

SAJさんは現在70名の孤児たちを施設で支えておられ、その70名にそれぞれ日本人の里親がつき必要な資金援助をする仕組みを用意していました。


ブルーク カンボジア

夜は三日三晩、渡邉美樹会長とお食事でご一緒させていただきました。
今回は直接渡邉会長からお話をお聞きし、自分自身支援をして行くことを決意しました。

テレビなどで実際にカンボジアの現状を見るのと実際に現地で目の当たりにするのとでは感じ方が全く違います。

渡邉会長から、
「心配し同情する人はいくらでもいるが実際に足を運ぶ人は1000人に10人くらいしかいない。」
とおっしゃっていただいたのが本当に嬉しかったです。

今回は私の経営者仲間数人でカンボジアに学校を建てる事を決めました。

SAJさんを選んだのは、ただ学校を建てるだけではなく、その後も責任を持って関わり続け、子供達の未来を創り続けているからです。

会社経営を通して少しでも世の中の役に立ちたい。志を同じくする仲間たちと共に、カンボジアに足を運びその気持ちが更に膨らみました。



ブルーク 寄付金
この度、ブルークよりSAJさんへ100万円の寄付をさせて頂きました。
今後もブルークではお客様からいただきました収益の一部を被災地の復興や世界で活動している支援団体へと寄付させていただきます。

最終更新:2012/05/15 13:18

2012/04/18 18:00

株式会社ブルークの青松敬介です。
昨年、世界的な若手起業家の会に入り、年に2回行われるカンファレンス ニュージーランドユニバーシティーに参加してきました。
世界の若手経営者が一同に集まり勉強する。まさにニュージーランド大学。学びと社交の場です。
株式会社ブルーク ニュージーランド
トランジットのため、一旦シドニーに滞在。

シドニー滞在中は同じイベントに参加する友人経営者達と合流。

一人はパートさんまで入れると従業員さんは1000人を越す物流会社の創業者。
私と同時期の起業ながら私と全く違う経営スタイルで大きく会社を成長させてきました。
もう一名は夫婦で参加され、今日が記念すべき30歳の誕生日。英語が全く話せない彼は英語が堪能な奥様と共に参加。気さくで話しやすい上、独学で英語を話せるようになった素敵な奥様でした。彼は四代目社長ながら、二十代の時に会社の売上を何倍にもした、情熱あふれる経営者です。弊社と同じく社員教育に最も力を入れられ、自らも学びに対して貪欲です。

株式会社ブルーク ニュージーランド
シドニーで記念すべき30歳を4人でお祝いしました。

私を含め3人共に100億企業を目指す良き友でありライバルです。

日本を発って3日目にニュージーランドに到着。機内には今回のユ二バーシティー参加者がチラホラ。東京メンバーも何人かは機内で合流。
株式会社ブルーク ニュージーランド
到着後はアボリジニのセレモニーで始まり、いきなりニュージーランド大統領のビデオメッセージ。

その後、いくつかセミナーで英語のシャワーを浴びた後、夕方から懇親パーティー
株式会社ブルーク ニュージーランド

今回は幸運なこと私の尊敬するに東証一部上場企業、株式会社ネクスト 井上社長も参加しており、かなり蜜に色々なお話を聞かせてくれるチャンスがありました。(^-^)v
私にとっては理念経営の見本的経営者です。

この世界的な若手経営者の会は世界に8000人の会員がいて、その平均売り上げは日本円にして18億円。
恐らくこんな会は世界中さがしても他にはないでしょう。
特にこの一大イベントのユニバーシティーはそれなりの費用がかかるため、更に大きい企業の方々が300人くらい参加しています。
株式会社ブルーク ニュージーランド
シンガポールの前首相の息子さん(写真左から二人目)も参加していました。彼も700人の従業員を抱える立派な経営者です。
いつも片言の日本語でフランクに話しかけてくれ「日本語話すなーーー!」と口癖のようにツッコミを入れてきました。(^^;;

ユニバーシティーのカリキュラムは午前中ゲストスピーカーによる講演。ここでは嫌というほど英語のシャワーを浴びます。脳は午前中にクタクタになります。(~_~;)
株式会社ブルーク ニュージーランド
午後からはラーンアラウンドと言って何かを見学して学んだりする体験学習となります。そして最後にディナーパーティー。


株式会社ブルーク ニュージーランド
毎日趣向を凝らした素晴らしいパーティーでニュージーランド人のホスピタリティーの高さに感動します。グローバル企業を目指す経営者にとってこれほど学びになり、海外とのネットワークができる経営者の会は無いように思います。

株式会社ブルーク ニュージーランド
最後は感動のフィナーレを迎え、私自身も大きな刺激と学び、たくさんの友人ができ、本当に得るものがたくさんありました。
まずは。。。。もっともっと英語を勉強します!^^;

そしてブルークが世界に通用する企業になれるよう努力して行きます。

最終更新:2012/04/18 18:00

2012/03/23 20:00

こんにちは、株式会社ブルーク EC事業部の加藤俊二です。
今回、イタリア・スイス(経由地:ドイツ)とヨーロッパ出張に行かせて頂き、1週間ほど会社を空けさせて頂きました。

今回の出張目的は3つ。

・海外店舗視察
・本場のマニュファクチュール(時計製造を自社で一貫製造するメーカー)の工房見学
・バーゼルワールド2012(BASELWORLD、バーゼルフェア)

という3本立ての充実した出張へ行かせて頂きました。

店舗調査(初日~2日目)~
ブルーク ヨーロッパ出張
写真は、時計店見学時にて。

日本では出回らない商品や、市場価格などの調査を目的に店舗巡り。


1日目:ミラノ~ヴァレーゼ~ヴィチェンツァ
2日目:ミラノ~フェラーラ~ラヴェンナ~ヴェネチア

イタリア中を移動して参りました。

ショパール ハッピーミッキー
・ショパールのレアモデル「ハッピー ミッキー」(写真右上)



また、今回の出張の合間にイタリアの町並みを堪能。
15世紀頃に栄えたローマ教会や、町並みが荘厳な歴史を感じさせられました。
ブルーク ヨーロッパ出張




バーゼルワールド2012(3日目)~


ヴェネチアからチューリッヒ経由でバーゼルへ

バーゼルワールド2012 ブルーク


1917年より始まった、このバーゼル市で始まった時計展は、
オメガやロレックス、タグホイヤー、ロンジンなど、名だたるブランドが一同に会するイベント。
世界中から毎年10万人以上が来場されるという、世界最大の時計見本市です。
また、ブルガリ、ショパールなどのジュエリーブランドも展示されており、今年も盛況の様です。

バーゼルワールド2012 ブルーク


また、時計技師さんの時計彫刻実演や、グッチでは、バンブー(竹)の削りだしが実演されていたり、
ブルガリでは、ジェラルドジェンダやダニエルロートとコラボレーションしたモデルが幻想的なディスプレイをされていたりと
時計のことを知らない一般の方向けにも興味深い一面もありました。


バーゼルワールド2012 ブルーク


ブランドはいかにディスプレイを行いよりお客様をひきつけるのか?
出展位置や、ブースの規模、人の集まり具合は世界のブランドの縮図を表しており、
その勢力図が推察されました。

また、バーゼルワールドを通じて、新しく取り扱いを行うブランドも見立てることができましたので
お客様にご案内させて頂けることと思います。
ご期待ください!




時計工房見学(4日目)~

バーゼルの翌日は、待望の時計工房見学。
今回は、BOVET(ボヴェ)、IWC(インターナショナル・ウォッチ・カンパニー)
というマニュファクチュールへ見学に行きました。


チューリッヒより電車で揺られること約2時間。


スイス ジュラ山脈のふもと、ヌーシャテルまでやってきました。
ジュラ地方と呼ばれるこの辺りは、フランスと国境を接する渓谷になっており、
山脈に隠れる様に点在する集落がラ・ショー・ド・フォン、ル・ロックル、フルーリエ、そしてヌーシャテルなどの村があります。

車窓からは、オメガ、ロレックス、ラドーの工場が顔を見せ、ブランドの歴史が窺えます。

これは、18世紀のルイ・ナポレオンによるスイス侵攻時にジュネーヴでの迫害から避ける為にこの村落に移住したのが今日の時計産業の発展へ繋がったそうです。


時計工房 ブルーク

今回工房見学をする、ボヴェは1822年創業のスイス発祥ブランド。
その装飾技術とコンプリケーションモデルの製作で、こんにちでは人気の知る人ぞ知るブランドです。
年間 2000本を製造するのみとし、売れ筋モデルの平均売価が約350万円という高級ブランド。
約180年を経た現在、現在のオーナーはボヴェ家から、パスカル・ラフィ氏へと移りましたが、今も創業当初のこだわりを引き継ぎ、その歴史や、価値を大切にする一面が見えます。


その思いが、14世紀に裁判所として立てられた古城を工房へと復活させ、
ヌーシャテルの高い技術を引き継ぐ時計技師から使う人へと思いが伝わっているのだと感じました。


時計工房 ブルーク

そのこだわり具合は約1/3の商品がお客様のオーダーメイドで受注製造するという、
お客様の支持を受け取ることができた背景なのでしょう。
時計工房 ブルーク

次は、IWCの工房。
ヌーシャテルより、チューリッヒを経由後、シャウハウゼンへ。

IWCは、1868年(日本では明治維新の年)に、アルフレッドジョーンズという方が、
アメリカで懐中時計を安く販売するために渡欧し、誕生したブランド。
シャウハウゼンは当時、時計技師さんの人件費が他に比べてやすく、それを理由に拠点としたそうです。


この辺りはライン川を利用した水力発電が発達しており、当時の町の実業家だったMr.モーザという方の資本を入れて
IWCというブランドは誕生しました。

紆余曲折を経た現在、年間に10万本もの時計を製造するまで発展し、
従業員は世界中に約1000人。その内、約150人の時計技師さんが分業制によりこの工房で高級時計を生産しています。


時計工房 ブルーク

余談ですが、複雑時計の代名詞ともいえるパーぺチュアルカレンダー(永久カレンダー)を備えたこのコンプリケーションモデルは600を超える部品からなり、何と日本円で約2300万円だそうです。(写真)

今回2つの工房を見学させて頂き、ブランド毎の背景を比較する良い機会を頂くことができました。
BOVET ・・・ 一つ一つにこだわりを持ち、高い技術力や歴史背景を大切にした時計創り。
IWC   ・・・ 良い時計をよりたくさんのお客様に提供し続ける生産力。

そこには形は違えど、自社の歴史を大切にし、創業当時の思い、精神を大切にしたモノづくりを一貫して行っているということでした。

販売させて頂くわが社としても、お客様に対して伝えて行く義務を感じ、改めて学ぶことができる非常に良い機会だったと捉えています。

今回の出張を通じて、時計の歴史、またたくさんの歴史あるお店や、続々と誕生していく商品と本場の空気に触れることができ、大変貴重な体験をさせて頂くことができました。
ぜひ今回の体験を通じて、より良い商品をお客様にご提案できる様なお店つくりをさせて頂ければと思います。

最後になりましたが、今回の出張に際して長期不在にてご迷惑をお掛けしました関係者の皆様、現地でお世話になりました皆様にこの場をお借りしてお礼させて頂きます。


ブルーク ヨーロッパ出張


貴重な体験をありがとうございました!



最終更新:2012/03/23 20:00

2012/02/06 22:57

こんにちは!株式会社ブルークEC事業部の桑本一馬です。
2012年2月に東京で開催された楽天カンファレンス2012( 今年のテーマはインターネットのスーパーパワー)』に参加して参りました。

品川駅.jpg
↑左が桑本一馬、右は酒井健二ですビデオ

最初にゲストフォーラムで日本マクドナルドホールディングス社長の原田泳幸氏による講演をお聞きしました。

原田泳幸氏講演.jpg

まず日本だけで年間売上5400億円(ブルークの約270倍)と聞いてマクドナルドという会社と話の規模の大きさに驚きました。
2004年からの8年間で6回の値上げをしてるがお客様は減っていないそうです。その背景にあるのは徹底したブランディング戦略(イメージに合わない店舗は売上があがっていても閉店する、ポスターからマクドナルドのロゴをなくすなど)を行いマクドナルドのイメージを定着させ、コーヒーの取り扱いを始め24時間運営を開始し多くのお客様の来店機会を増やしてこられたそうです。そして継続してお客様を増やしていくために必要なのはお客様の期待を上回る事でそのために、ドライブスルーでお待たせする時間を徹底的に削減したりと数え切れないほどの改革があり、その積み重ねが今のマクドナルドに繋がっているという事を学びました。


さて、続いては楽天株式会社社長の三木谷 浩史氏による講演です。

2011年は楽天流通総額1兆円を達成されて次はなんと流通総額10兆円を目指しているとの事!

↓お話の中に出てきたキーワードをまとめました。

・Social・・・FACEBOOK人口8.5億人、twitter4.6億人、Linked In1億人、Google+0.9億人、Mixi0.3億人。
・デバイス(スマートフォン)・・・スマホとPCが逆転 現在PC3億6400万台 < スマホ4億6800万台 
・HTML5・・・2012年秋からHTML5スタートする。Windows8、IE9はHTML5をフルサポート。
・ビッグデータ ・・・情報大爆発。増え続けるデータ量に対応すべく【ビッグ・データ部】を新設


まさに『インターネットのスーパーパワー』といった内容でした!
三木谷社長は何年も前からインターネットはこうなるであろうという時代の先読みをされていてその結果、目標としていた流通総額1兆円を達成されました。
日々変化し続けるインターネットの世界でどれだけお客様の求められていることを先回りして提供していけるか。
お客様により良いサービスをお届けするためには私たちも日々多くの情報収集行っていかなければなりません。


焼肉 ホテル風景.jpg

カンファレンスが終わった後は目標達成のご褒美も兼ねて、叙々苑 麻布十番店でおいしい焼肉をご馳走になり東京ベイコート倶楽部という豪華なホテルに泊めさせていただきましたスマイル


オメガ.jpg

2日目はブランドの市場調査をしました。
銀座でブルガリ正規店、エルメス正規店、オメガ、ハミルトン、ブレゲなどスウォッチグループの拠点であるスウォッチタワーの見学に行きました。

今回ブランドの拠点でブランド店を巡りブランドの価値を改めて実感し、実店舗を持たない弊社でどうやってブランドの魅力を引き出す事ができるのか?など改めて考える機会になりました。
商品の魅力をお伝えできるようページ画像をもっと綺麗に。
モデル画像をもっと良くしてお客様にその時計の雰囲気がお伝えできるように。
より探しやすいページを目指して店舗のリニューアルをおこなっていきます!

今回の2日間の東京出張を通じて経営者のお話を聞くことで物事の考え方を学び、ブランド市場調査でブランドの価値、サービスを学びました。そして、食事やホテルなど身の丈に合わない体験をさせていただいたことで自分を見つめなおし、もっと頑張らなくてはというモチベーションになりました。
今回学んだ多くの事を活かし、お客様により多くの利益と感動をお届けしていけるよう頑張ります!!

最終更新:2012/02/07 08:45

ページ上部へ

カテゴリ

カレンダー

2021年1月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

今月

過去の日記

2021年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2020年
2019年