【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2019/05/28 14:46

サフィナ陶芸職人来日実演講演会イベント.jpg

陶芸職人 Simone Zaccarella シモーネ・ザッカレラ 氏来日記念 講演会


今回のサフィナ陶芸ネックレス作品展では
サフィナの作品を作っている陶芸職人
Simone Zaccarella シモーネ・ ザッカレラ氏を招き、
実演を含めた講演会を開催いたします。

当日はイタリアのお茶菓子をご用意し、
まったりとした雰囲気でお話を伺ったり
実演をご覧いただく時間を過ごしていただければと思います。

南イタリアモリーゼ州在住の陶芸職人ご本人にお会いし
作品を作る様子をご覧いただける貴重な機会です。
ぜひご参加ください。

開催概要


日時:5月31日(金)14:00~
6月1日(土)14:00~

※講演時間は40分程度を予定しております。

場所:ベーネ銀座サロン
参加費:¥3,000

最終更新:2019/05/28 14:46

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2019/05/28 14:44

サフィナの陶芸職人600.jpg

モリーゼ州の職人たち


モリーゼ州には、小さな村でひっそりと暮らしながらも
腕のある職人も多くいます。

イゼルニア県モンタクイラ村では、
陶芸職人 Angelo Zaccarella (アンジェロ・ザッカレラ)氏と
Simone Zaccarella (シモーネ・ザッカレラ)氏が
兄弟で陶芸工房を構えています。

IMG_3071600.jpg

彼らの陶芸作品はインテリアからファッションジュエリーまで幅広く、
芸術を身近な生活で感じられます。

大自然溢れるモリーゼ 州で生まれ育まれた陶芸職人の感性が、
彼らの陶芸作品に斬新なデザインと質感で表現されています。

pannello-e-divano1600.jpg

さらに日本の楽焼の技術を取り入れた
和を感じさせるような独創性の高い陶芸作品は、
イタリア国内において高い評価を得ています。

ただしイタリアの都市部にはなくモリーゼ州に行かないと拝見できないため
とても貴重な陶芸作品となっています。

このようにモリーゼ州では口コミでしか知られていない職人がまだまだ多くいるのです。

最終更新:2019/05/28 14:44

2019/05/28 14:40

陶器ジュエリーサフィナ南イタリアモリーゼsafina.jpg

昔ながらのイタリア人の生活


モリーゼ州ではイタリアの田舎を象徴するように
山々の頂上に村が佇んでいる光景をよく目にします。

城塞のように家々が山頂に向かって連なっており、
頂上には教会や時計台そして広場があります。

DSC_068060.jpg
村の人々は、村に一軒しかないバールでカフェを古くからの友人と楽しみ、
一軒しかないお肉屋さんや八百屋さん、
一軒しかない食料品や日用品を扱う商店、
一軒しかないトラットリアで、日々の暮らしを過ごしています。


DSC_1089600.jpg

ヨーロッパを代表する古い歴史


イゼルニアでは、数年前に旧石器時代の遺跡La Pineta で、
約60 万年前の人類の子供の歯が発掘されています。

これはイタリアで最古と言われる人類の歯であり、
大きなニュースとしてイタリアの国内はもとよりヨーロッパ中で報じられ、
イゼルニアの町を国際的に有名にさせました。

モリーゼ州周辺では、
約3,000 年前にSanniti Pentri(サンニーティ・ペントリ)
という民族が暮らしていました。

彼らはSafini(サフィニ)と称され
勇敢な民族として豊かな自然のこの地を守り続けていました。

また、彼らは高度な知恵を持ち、
矢じりを作る技術に長けていたと言い伝えられています。

豊富な食材


トリュフといえばアルバ産と思い浮かべると思いますが、
実はモリーゼ州でもよく採れます。

アルバの市場で見られるトリュフはモリーゼ産もあるのでは!?と言われるほどです。
DSC_1598600.jpg

ヴィーノ(ワイン)では、モリーゼ州の土着品種ティンティリア種が
現地の方々にとっての誇りであり 、
ヴィーノの話しをすると必ずと言っていいほど よくお薦めしてくれます。

タンニンが豊富に感じられるとともに胡椒のようなスパイシーさも兼ね備えており、
食事と抜群に合うのでイタリア料理では欠かせないヴィーノです。

DSC_0723600.jpg

モリーゼ州の村に暮らす人々の中には、
住まいの村から山を下った平地に畑を持っており、
トマトやズッキーニ、レタス、豆など自家栽培して
半自給自足の生活を送っている人たちがいます。

最終更新:2019/05/28 14:40

2019/05/28 14:28

a72b775e6feebec776937e1b6150e71a5b34d850.02.1.12.2.jpeg今からおよそ3000年前、南イタリア中部地域に、
自然のリズムによって育まれ高度な知恵を持ったサンニーティ.ペントリという民族が暮らしていました。
この地に、1979年、優れた芸術作品を生み出すザッカレラ家が陶芸工房を創立。

大好評をいただいた前回3月のイベントでしたが、
今回は、ベーネ銀座サロンで、ザッカレラ家2代目となるアンジェロ&シモーネの作品展を作家をお迎えして開催します。

1b152dfc5536fc2cc57411e91a5f5d69086eea09.02.1.12.2.jpeg

それぞれ、すべての作品は1200度と言う高温で焼成。
その後、着色し、数回にわたり、本焼き、乾燥を繰り返し、できあがるユニークなシェイプと発色。

全ての作品には、コンセプチュアルな名前が添えられ、
それぞれの作品の世界観が溢れています。

82d0f2dca00f8f58c493b4c87ddd1a7feeec612a.02.1.12.2.jpeg

硬く焼きあげられているので、とても軽量。
大きなボリュームを持つデザインも、とても気軽に身につけることができます。
まさに、ジュエリー上級者の好むアクセサリー。

fc0589a930af370412ac1cb52f6c1f7d14364f9b.02.1.12.2.jpeg

私が、なぜ、サフィナの作品に魅了されたかと言うと、
東京上野の国立西洋美術館の設計でも有名な20世紀を代表する建築家、ル・コルビュジエ(1887~1965)、
その1920年代の活動【ピュリスム(純粋主義)】を髣髴させるような発色とフォルム、デザイン、
【コルビジェにとって第1の要因は純粋な色と形】
まさに、この部分が、サフィナの作品と重なるのです。

aeb763131e2f98f70e26127ecb848c35581b7a33.02.1.12.2.jpeg

キュビズムから影響を受けたル・コルビュジエ。
それまでの具象絵画が1つの視点に基づいて描かれていたのに対し、
いろいろな角度から見た物の形を1つの画面に収めたキュビズム、ピュリスムの考え方。

26ff9de0eb1ff232288dfacd32ae1ebd735f1725.02.1.12.2.jpeg

コルビジェの考える<ピュリスム>とは、時代に深く根差した芸術の基本原理であり、
美的感覚を呼び返す要素に立ち返る試み。

コルビジェは、ピュリスムの終焉以降の1925年頃からは自然の有機的なかたちに興味を示し始め、
1928年には「人間と自然との調和」が新たなテーマとなりました。

3c2ed24818bc2a2b75be361c9bf68bfb6f5ec78c.02.1.12.2.jpeg

その作品と、サフィナのデザインが重なります。

小作品でありながら、私たち人間の体や感情がゆったりと自然と調和していく様を多角でとらえるサフィナのデザインは、
紀元前にさかのぼるサフィナの誕生の地サンニーティ.ペントリ民族の熱き思い、豊かな大自然、
そこで交わされる、それらと人間の感情との融合という美的感覚を呼び返す要素への立ち返りであり、
それを1点の視点からではなく、多角からの視点で融合させ、
純粋な色と形で表現したものだと感じます。

58dcb460b138e92cb801ef79c270568bd89395c8.02.1.12.2.jpeg

さすが、イタリアの色気!

7471af1644695a8956746a65b7823e33314feb2e.02.1.12.2.jpeg

アクセサリーの裏面にはイタリアンカラーが!!
リバーシブルでも使えます。

f0bf406e00ab520831ca3aeb116949b6e16ec858.02.1.12.2.jpeg

球体のオブジェ。
天体を仰ぎ見る、星々の周期を表現したように私には感じられる。

b540815637c81e5266c6ceb231465261a70bda2a.02.1.12.2.jpeg

福を呼ぶフクロウのオブジェは、イタリア顔。

今回は、サフィナジュエリー作家、シモーネを迎えての個展開催です。
1日(土)は、シモーネにより、実演もご覧いただけます。


6月2日(日)17:00までベーネ銀座サロンで開催です。
是非お出かけください。


(ベーネ銀座サロンオーナー 内藤千恵)

※お問い合わせはこちらから♪
03-5565-0750(サロン専用回線)
info@bene-bene.com(メールでのお問い合わせはこちらから)

最終更新:2019/05/28 14:28

2019/05/28 12:22

世界でひとつのルース宝石に出会う石オタクが集まる御徒町.jpg

■石オタクが集まるルース販売会



約1月に1度のペースで開催している<ルース販売会>
ルース大好き、石オタクが大集合する人気イベントです。

御徒町ルースショールームにお越しいただければ、 世界でたった一つのこれ!
というルース(宝石)にきっと出会えるはずです。


■ルース販売会を行うルースショールームとは?


ベーネベーネを運営するベーネユナイテッドは 色石卸として45年の歴史を持つ老舗です。

ルース販売会の会場となる御徒町ルースショールームは
普段、業者の方しか利用することが出来ないルース(宝石)卸専門のショールームです。

ルース販売会では、色石卸の老舗であるルースショールームを
【この日のみ】OPENいたします。

 


ルース販売会世界でひとつのルース販売会.jpg

■こんな方はぜひルース販売会にいらしてください。



・宝石や鉱物がなんだか好き。
・びっくりするほどたくさんのルース(宝石)が見たい。
・ミネラルショーなど鉱物ショーにはよく行く。
・稀少石が好き。もしくは欲しいと思っている。
・自分の誕生石を探している。
・ルース(宝石)に詳しい人から説明を聞きたい。
・直接ルースバイヤーと話してみたい。
・宝石とは言えなくても、とにかく珍しい石が見たい。探したい。
・卸価格でルース(宝石)を買いたい。
・クオリティが高いルース(宝石)の選び方がわからない。
・掘り出しもの、という言葉に弱い。


■ご来場のお客様へのお願い



いつも御徒町ルース販売会にお越しいただきありがとうございます。

おかげさまで、たくさんのお客様にご来場いただける人気イベントとなって参りました。
心より感謝申し上げます。

混雑緩和のため、3部制とさせていただいております。
ご不便おかけいたしますがよろしくお願いいたします。

1部:10:00~12:00
2部:12:30~15:00
3部:15:30~18:00


■石オタクじゃなくてもルース販売会は楽しめます。


石オタクと言うほどじゃないし・・・
何を見たらいいかわからない・・・
という方もご安心してお出かけください。

当日は、ルースショールームのバイヤーいちおしのオススメルースをご用意しています。
きっと世界で一つのこれだ!というルース(宝石)に出会うことが出来ますよ。

石オタクの皆様はもちろん、綺麗なカラーストーンが見てみたいという方は 世界で一つのルース(宝石)に出会うチャンス。
ルース販売会に是非お出かけください。

 

■ルース販売会 開催概要


〇日時:2019年6/15日(土)10:00-18:00
1部:10:00~12:00
2部:12:30~15:00
3部:15:30~18:00

〇場所:ベーネ御徒町ルースショールーム
〇住所:東京都台東区上野5-17-2 三橋ビル1階

ルース販売会世界でひとつのルース宝石に出会う石オタクが集まる御徒町地図.jpeg

〇アクセス:
東京メトロ日比谷線 仲御徒町駅 徒歩5分
JR御徒町駅 南口より徒歩5分
〇問い合わせ:info@bene-bene.com

最終更新:2019/05/28 12:22

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2019年5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

今月

フリーページ