【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2020/07/13 17:02

ーEverlasting 継続する美ー 

彫り職人<川口和寿>の技術、感性がジュエリーの在り方を変える。



e1.png


生活と芸術の融合


今までのジュエリーデザインは、感性とかインスピレーションとかイマジネーション。

いわゆる<右脳>から沸き上がるインスピレーションやイマジネーションでデザインされていたけれど、

もうその時代は終わったのではないかと感じていた矢先に、出会った彫り職人 川口和寿氏の<彫り細工>。


e2.jpeg


右手に技術、左手に感性。

絶対的な技術を持つことで、常にその時代の感性を柔軟に採り入れることができる。

いつの時代でも色褪せることのない魅力を持ち合わせるジュエリーを創り上げる。

川口氏の彫りは、<洋彫り>と<和彫り>の融合。


e3.jpeg


彫りの世界では、それぞれ、洋彫り、和彫りの技術、特徴があるのですが、

川口氏の作品は、この2つの領域を融合させる卓越の技と感性。


e4.jpeg


ベースに洋彫りで、細かなテクスチャーを施し、その上から、繊細にして力強い和彫りを施します。

洋彫り職人、和彫り職人は、それぞれの領域を持つのですが、

川口氏は、その双方の技術を持ち、それを融合させることのできる稀有な職人なのです。


長い月日を越えてなお、毅然と美しく輝くと言うこと、これこそ<Everlasting 継続する美>。

10年、20年、30年経っても、常にその時代の持つ空気に寄り添いながらも新しく、<美しい>という言葉で表現されるジュエリー。

身につける女性の変化する美しさに、常に寄り添う柔軟性を持ったジュエリー。

まさに、川口氏の彫り細工で、このジュエリーが完成します。


e5.jpeg


正確な技術を右手に宿し、左手の感性で豊かさを作り出す。

彫り職人 川口和寿氏の道具に対する考え方。


道具は自分自身の右手に、あたかも1本の指のように寄り添わなければならない。

自分の分身といえるほどに手に馴染む道具を、自分自身で調える。

新しい細工のインスピレーションが心にわき起こる。

それは、新しい道具を作るチャンス。


<古から伝わる伝統技法を再現し、進化させる。そのために、道具は自らがつくる。だから魂がこもる>、と

川口氏は話します。


e6.jpeg


タガネの種類は、平たいものから、尖ったもの、太さも多種あり、

彫金を施す材質や、模様などによって、最適なタガネを用いて細工を施していきます。

川口氏は、和彫り、洋彫りの100本以上のタガネを所有し、自在に操ります。


ここで、私の私物リングの、彫り前、彫り後の写真をご覧いただきます。


e7.jpeg

(彫り前)


e8.jpeg

(彫り後)


e9.jpeg

(彫り前)


e10.jpeg

(彫り後)


20年ほど、使う機会がほとんどなっかったリングが、川口氏の彫り細工で圧巻の芸術作品に!


皆様に、川口氏の彫り細工をごらにただきたく、ベーネ銀座サロンにサンプルを準備しました。

是非、お出かけください。

(ベーネ銀座サロンオーナー 内藤千恵)



最終更新:2020/07/13 17:02

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2020年7月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

今月

フリーページ