【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2020/02/01 00:00

年始から目標を持って
過ごしていらっしゃる方
も多いと思いますが、
ストレピアスタッフには
「毎日筋トレする!」を
目標に頑張っている人がたくさんいます。



去年からライザップに
行き始めた代表の佐上と
何年も筋トレをやっているスタッフの影響で
軽い気持ちで始めたところ、
思いの他楽しくて
今のところ続いています!



★筋トレのメリット★


●忍耐力がつく

→体への負荷を少しずつ増やしていくので
負荷が強くなるに従ってきつく辛いのですが
弱気になりそうな自分に負けないよう
取り組むことで忍耐力がつきます。



●姿勢が良くなる
悪い姿勢でトレーニングを行うと
思うように効果が出ないので、上半身の
筋力トレーニングを行うと、特に姿勢に
気を配るようになります。



●肩こりに悩まなくなる
→特にデスクワークや立ち仕事をしていると
肩こりがひどくなりますが、肩こりは
「長時間同じ姿勢でいる」事により
血行が悪くなり老廃物が溜まるために起こります。
しかし筋トレをすると、普段使わない筋肉も
使うようになるので肩こりがなくなります。



●代謝が上がる
→加齢とともに新陳代謝が下がります。
例えば汗をかきづらい、手足の末端が
冷たい、そういった症状の改善にも
筋トレが一役買います。


筋トレで体を動かせば汗をかきますので
代謝が上がります。
筋トレで呼吸量が増えれば血流も良くなり
体のめぐりもよくなります。



●ストレス解消になる
→筋トレーニングを始めると、嫌なこと
を考えている暇などなくなります。
人間はじっとしていると、嫌なこと
を考えてしまいがちなので
無心になって汗を掛けば、ストレスを
発散することが出来ます。



●リフレッシュでき、頭の回転も良くなる
→幸せホルモンとも呼ばれるセロトニン
、脳で作られます。
セロトニンはリズム運動などでも分泌
されるそうで、セロトニンの分泌が増える
とゆううつな気分が減ります。
ゆううつな気分が続くと頭の回転も鈍く
なりますので、筋トレでセロトニンの分泌
を増やしましょう。



●冷え性が改善される
→体から発する熱の60%が筋肉から発生
しているため、筋トレで筋肉を増やすと
体の発する熱を増やすことができます。
筋肉量が増えると冷え性が改善され、
逆に有酸素運動のしすぎは、冷え性を
促進します。




★筋トレをやっているとなぜ
プロテインが必要なのか?★

よく、筋トレをやっていると
プロテインが必要と言われますが
なぜ必要なのでしょうか?


新しい筋肉を作るためには、
その材料となるタンパク質を
適したタイミングで必要量を摂取
することが大切です。
プロテインは効率よく摂取できるので
筋トレをしている方には必需品
といえます。


筋トレ時は、筋肉の材料となる
タンパク質の必要量が増加します。
この必要量は、運動内容、強度、
体重に合わせて変わりますが
タンパク質を豊富に含んでいる食材は、
同時に脂質も多く含んでいること
があるので、カロリーオーバーにならないよう
注意が必要です。


プロテインを摂る適切なタイミングは
筋肉をつけたい時は、体への栄養吸収率
が高まるトレーニング後30分以内に
ウエイトアップしたいときは、食事と
併用し食後や補食に、健康維持のため
栄養バランスを整えたいときには食事前後
また疲労回復したいときは就寝前が
適しています。




★★ストレピアの特徴である
ヒートショックプロテインは
乾燥などによる様々な年齢肌の悩み
をケアするのに不可欠な成分で、
元々体内にあるたんぱく質ですが
加齢や乾燥などによるお悩みや
敏感症状に働きかけ、根本からケアします。



筋トレしてプロテインで
たんぱく質を摂りながら
ストレピアでお肌からも
ヒートショックプロテインを
補充しましょう!!


最終更新:2020/02/01 00:01

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

カレンダー

2020年2月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

今月

過去の日記

2020年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年
2018年