【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2019/08/01 00:00

こんにちは
ストレピアスタッフのばしこですぽっ



梅雨も明けて本格的な夏に
なってきましたね。
皆さん体調を崩されていませんか?

体内と肌内の水分量が不足しがちです。
水分補給を内側と外側(スキンケア)から
必ずしてくださいね(^^)

夏バテ、熱中症が続出しているそうですよ
お身体に気を付けてお過ごしくださいね。


今日は洗顔についてです。


あわあわの洗顔使っている方多いですよね。
あの泡洗顔は
もう時代遅れですよ!

時代遅れだけならいいかもしれませんが
汚れが取れてないのです。
そのため、肌トラブルの原因になりかねません。


泡洗顔について徹底解説します!!!!!


〇洗顔料の泡の正体は?  

泡=界面活性剤(かいめんかっせいざい)




界面活性剤は、「水」と「油」という

相反するものをくっつけて、

安定させます。




「水」・「油」の双方と相性が良く、

どちらの汚れも浮かせて落とすこともできます。




そして、界面活性剤には、

「泡」を作る働きもあります。

泡というのは、水が空気を含んで、

薄い膜を作ります。




〇ウソ1
「細かい泡が、毛穴の奥の汚れを落とす」
実は、汚れを落とすことと、

泡の量や大きさは関係がありません。

そもそも毛穴の奥まで入る泡は

作ることができません。

その大きさで毛穴の奥まで入って

行くことは不可能です。

つまり、

「細かな泡が毛穴の奥の汚れをかき出しす」

は、ウソです。




〇ウソ2
「泡のクッションが、肌への負担を減らす」

洗顔料の泡にそこまでの

強度と弾力性はありません。

肌への負担を減らすほどの

役割を果たすことはできません。




肌の負担を減らす効果なら、

泡立ちよりもヌルヌル感の方が

肌の負担を減らすことができます。




洗顔する際に、水をつけて手を

こすり合わせるとヌルヌルしてきます。

あのヌルヌル感は、肌に加わる力を

分散させることで、肌への刺激を減らします。

つまり、

「細かい泡が洗顔時の肌への負担を減らす」は

ウソで、

正しくは、

「水を加えることで生じる

ヌルヌル感が洗顔時の肌への負担を減らす」です。



〇泡洗顔が肌トラブルの原因に 

泡立ちの良さは、界面活性剤を

たくさん使うことでいくらでも強化できます。

そのため界面活性剤を

沢山入れればよく泡立ちます。




ただ、こういった石鹸は、

皮脂をとる力が強すぎて、

乾燥肌や敏感肌の方には肌トラブルの原因になります。

また、寒暖差やホルモンバランスの崩れで

お肌力が低下している時があります。

その場合、どうしても肌トラブルは避けられません。



〇泡洗顔はやめましょう!  

【マスクウォッシュ】
FullSizeRender.jpg

《クレンジング・洗顔・パック》

海泥の(クチャ)が入ってるので

毛穴の汚れを磁石の力で汚れを

擦らずにキャッチし洗い流します。


マイナスの電位を帯びていて、
プラスに帯電している毛穴の奥の
汚れを吸着しお肌にとって不必要な
ものだけを取り除いてくれます。
クチャ図2.jpg



お肌のトラブルになりかねない成分は

一切入っておりません。




擦らず、なじませるだけでOK

まだ、試していない方は
こちら

定期購入をご検討中の方は
こちら


最終更新:2019/08/01 00:01

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

カレンダー

2019年8月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今月