【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus
店長の部屋Plus+は2022年1月をもって提供を終了致します。長きに渡りご愛読ありがとうございました。
※2021年9月末をもって、新規記事の投稿及びコメントの投稿を停止しております。

日別記事一覧

2014/12/24 19:00

みなさん、こんばんは。

ASです。

今年の業務も終わりに近づき、慌しくなってきました。

そして!
締め切りまであと10日と迫った
berWP-00.jpg
WAVE 「装甲騎兵ボトムズ」 ベルゼルガWP


サンプルレビューも今回で最終回
いつもより、ちょっと長くなりますが、最後までお付き合いください!


berWP-255.jpg
前回、全ての組み立て作業が終わり、仕上げのポイント塗装などを施していきます。


berWP-260.jpg
カメラのレンズ(H・アイズ)に、クリアグリーン


berWP-259.jpg
クリアピンクを吹き付けます。
前回の「DT」では、ピンクが強すぎたと思ったので、今回は少し控えめにしました。


berWP-262.jpg
これだけで、キットに「」が宿ったように思えます。
“コレ”だけと言いつつ、必須作業とも言えますね(^^;)


berWP-261.jpg
「寒いし、塗装するのもちょっと...。」という時は、別売の色が付いている「H・アイズ」を使用するのも手です。


berWP-263.jpg
モールド入りのパーツを入れてあったので、レンズ越しに見える内部ディテールが素敵です。


berWP-266.jpg
その他、明るい場所には「グレー系」の色で、


berWP-265.jpg
金色の成型色には、「ブラウン系」のスミ入れが丁度いい塩梅です。


berWP-264.jpg
そして、「破損」と「紛失」の間で、揺れ動く「ロールバー」を接着すれば!


berWP-269.jpg
「WAVE 1/24 ベルゼルガWP」の完成ですスマイル


berWP-270.jpg
いかがでしょうか。
ヒロイックな体型かと思いきや、ベルゼルガらしい「どーん」とした感じがちゃんと出ているとおもいます。


berWP-272.jpg
こうポーズを付けているだけで、
隣に並べられる“マーシィドッグ”とか、“ダイビングビートル”が欲しくなっちゃいますよねウィンク


berWP-279.jpg
と、そんなASの元にGSIクレオスさんの「Mr.ウェザリングカラー」がやってきました。
ちょうどいいので、ちょっと汚してみようあっかんべー


berWP-274.jpg
「サンディウォッシュ」と「グランドブラウン」を適当に混ぜ、「スワンピークラッグ」周りを中心にジャブジャブ汚し、
専用の「うすめ液」で落としたらこうなりました。


berWP-277.jpg
青紫の成型色も


berWP-275.jpg
グレーの成型色もご覧のとおり、だいぶ印象が変わりました。


berWP-278.jpg
もう片方も同様に。
やりすぎかな?とも思ったのですが、ついつい楽しくて(^^)


berWP-282.jpg
その他の部分も申し訳程度に汚したら、やるべき事(?)は全てやったはず。



最後に数ポーズ取らせてみます。



berWP-281.jpg
正面から撮るとき、「スワンピークラッグ」を「スネ」と平行にならないように位置を調整すると、
脚を広げても内股っぽく見えないことに気がつきました。


berWP-287.jpg
berWP-289.jpg
頭部がフレキシブルに可動するので、微妙なしぐさの変化を楽しむことができます。


berWP-304.jpg
berWP-288.jpg
銃を構えたり、狙いを定めた時も、視線がバッチリ決まります。


berWP-291.jpg
そして、「パイルバンカー」


berWP-283.jpg
左腕に装備した「盾」より、高速で射出されるベルゼルガの固定武装。


berWP-290.jpg
零距離から相手の装甲を貫く様は、まさに「必殺!!
製品では、通常のレジンより硬い“特殊硬質レジン”で成型されていますので、取扱いにはご注意くださいね!


berWP-286.jpg
berWP-303.jpg
berWP-305.jpg
「スワンピークラッグ」を展開すれば、湿地戦ならではの雰囲気を楽しめます。


berWP-284.jpg
「スワンピークラッグ」の可動部分にも“特殊硬質レジン”を採用し、
展開⇔収納時の破損リスクが軽減されています。



berWP-309.jpg
忘れてはならないのが、「DT」とツーショット。


berWP-299.jpg
稀代の造形作家「岬光彰」氏より生み出された2体の「ベルゼルガ」。


berWP-300.jpg
berWP-298.jpg
ベースなる部分は同じなように見えますが、並べてみると、全然別物でした!
「DT」をお持ちで、既に組み立てた方は、是非お手元の物と見比べてほしいです。


また、
berWP-307.jpg
berWP-306.jpg
berWP-308.jpg
劇中には、存在しない「夢の共演」を楽しめるのも、模型の醍醐味。
やっぱH級AT×2体の絡みは迫力がありますなぁ。



berWP-296.jpg
ということで、いかがでしたでしょうか。


稀代の天才造形作家「岬光彰」氏により生み出され、誰もが待ち望んだ1/24スケール「ベルゼルガWP」
パーツ個々の精度や全体のプロポーションは言うまでも無く、
氏独自の“擬似スナップフィット構造”と相まって、「DT」時より更に組み立て易さすくなった部分や、
パーツ構成、可動ギミックなど短期間であっても進化していることが実感できます。
何よりこのスケールで決定版とも言うべき「ベルゼルガWP」が製品化される機会は、そう多くはないはず!
受注締め切り日は、
2015年1月5日(月)23時59分までとなっており、
次回生産も未定です!どうぞお見逃し無く!




今回もテストショットサンプルを使ってのご紹介でしたので、
製品をお買い上げの方は、しっかり「説明書」をお読みのうえ、組み立ててください。



そして!



berWP-297.jpg
舞台は、「クメン」から「惑星サンサ」へ!
久々に「赤い肩」の登場となります!
こちらもお見逃し無く!




それでは、また。

AS


(c)サンライズ



berWP-00.jpg
↑お買い求めは、コチラ (2015年1月5日まで)



nenmatsu2014.jpg


ruizi-00.jpg

最終更新:2014/12/24 19:01

ページ上部へ

カレンダー

2014年12月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

今月

過去の日記

2021年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2020年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月