【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus
店長の部屋Plus+は2022年1月をもって提供を終了致します。長きに渡りご愛読ありがとうございました。
※2021年9月末をもって、新規記事の投稿及びコメントの投稿を停止しております。

記事詳細

2015/10/29 19:07

みなさん、こんばんは。

ASです。


大好評ご予約受付中の
brockary-00.jpg
WAVE 1/100 ブラッカリィ 「戦闘メカ ザブングル」



既に受注締切りまで残り1ヶ月と迫っておりますが、
今回からサンプルレビューをスタートしますダッシュ



brockary-128.jpg
WM(ウォーカーマシン) ブラッカリィタイプ
物語終盤に最新鋭機として登場し、
そのデザインと宿敵ティンプも使用した事から“ライバル”的なポジションのWM。
当時プラモデル化されなかったその「ブラッカリィ」が、
放送から30年以上経った今、遂に1/100スケールのカラーレジンキットで製品化ですきらきら



brockary-01.jpg
こちらが、そのテストショットサンプル。
先日締め切った「オーデルバックラー」と比べると少なく感じます。



brockary-02.jpg
使用するオプションパーツも少ない...というかこれが普通か。



今回もカラーレジンを採用しているので、まずはそのあたりから見てみます。



brockary-05.jpg
メインの「アイアンブルー」。
先日発売された「ダイビングビートル」の色に近いですが、若干明るい感じかな。



brockary-08.jpg
手首やノズル、腹部などは「ダークブルー」で成型されています。
上の「アイアンブルー」と共に大部分を占めています。



brockary-19.jpg
可動する際に負荷の掛かりそうな箇所も安心の「特殊硬質レジン」製。



しかも
brockary-21.jpg
今回はなんと極太ランナー付き!!
特に使う予定はありませんが、なんか得した気分です。



そして、
brockary-11.jpg
特徴的なローターやアクセント的に散りばめられた「オレンジイエロー」。



brockary-14.jpg
アンテナ、頭部、更には頬やヒサシの「グレー」部分も別パーツ化というこだわり。
ASもまさかここまで色分けされているとは思いませんでした(^_^;)



brockary-18.jpg
キャノピー部分は勿論「クリア」レジンで成型されています。



本体以外にも
brockary-10.jpg
ライフルに使われているのは、「ディープグリーン」。
独特な色味です。



brockary-13.jpg
同じくライフルの銃口やスコープに使われているのは、「パープルグレー」。



極めつけは
brockary-16.jpg
副官ギロ・ブル(アンタそんな名前だったんかい)と
仲良くカーボン凍結成型されたティンプ・シャローン。



brockary-17.jpg
1/100スケールという極小サイズでありながら雰囲気バッチリなんだぜ、兄ちゃん。



brockary-22.jpg
ランナーから切り取る前に離型剤落としで洗浄。



brockary-24.jpg
こんなゴミや汚れが取れただけでもやる価値はありんすよ。



洗浄後、パーツチェックを終わらせたら



早速
brockary-25.jpg
頭部のご紹介。 
組立て自体は難しくないので、細かいディテールを中心に見ていきます。



brockary-26.jpg
頭部の中で気をつけなければいけないのが、極小パーツ。
額のオレンジイエローのパーツなんか、ゲートと間違えやすいので特に注意です!



brockary-29.jpg
マスクの裏は、そのままコクピットの計器類がモールドされています。



brockary-27.jpg
ハンドルだってこのとおり。
細心の注意を払ってゲート処理をしたいところです。



brockary-30.jpg
座席と座席の間にはシフトレバーの基部らしきモールドがあり、
ウォーカーマシンの世界観が垣間見えます。



brockary-28.jpg
フィギュアを塗る場合は、脚のゲートを残しておくと持ち手を付けやすいですよ。



brockary-31.jpg
頭部の組立てで肝となるのが、「グレー」のパーツ。



brockary-32.jpg
しっかりバリやゲートを処理しないと、せっかくのパーツ分割も台無しです。



brockary-33.jpg
頬の縁取りは、細心の注意を払って取り扱います。
パーツの切り出しはもちろん、接着剤の付け過ぎにもご注意です!



brockary-34.jpg
パーツ自体が非常に薄く、そして細い。 
無塗装派の方だったら、貼り付けてから整形するのがジャスティスきらきら



brockary-36.jpg
brockary-37.jpg
マスク部分のダクトや側面の出入り口(のはず)もオレンジイエローのパーツをはめ込むだけでOK。



brockary-40.jpg
実質的な出入り口(キャノピー)もはめ込むだけなので、後で取り外してクリアでも吹いてみよう。



brockary-41.jpg
頭頂部との接続もピッタり合いましたオーケー



brockary-42.jpg
ボールジョイントで接続して



brockary-43.jpg
出来上がりです。



brockary-44.jpg
頭頂部も接着しないでおけば、ティンプたちの乗り降りや部分塗装も出来ますね。

普段 1/24ATばっかり触っているASから見ると、とてもコンパクトな頭部に思えますが、
スケールを考えれば精巧さにおいては「ブラッカリィ」は相当なものです。


次回は、「胴体」のご紹介となります。

さて。


AS



(c)創通・サンライズ



brockary-00.jpg
↑お買い求めはコチラ



ruizi-00.jpg

コメント 0件

ページ上部へ

カレンダー

2015年10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今月

過去の日記

2021年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2020年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月