【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus
店長の部屋Plus+は2022年1月をもって提供を終了致します。長きに渡りご愛読ありがとうございました。
※2021年9月末をもって、新規記事の投稿及びコメントの投稿を停止しております。

記事詳細

2015/10/16 19:00

みなさん、こんばんは。

ASです。


いよいよ残り10日で締切りとなります
order-00.jpg
WAVE オーデルバックラー 「装甲騎兵ボトムズ」



好評(?)連載中のサンプルレビューも、


order-244.jpg
前回ようやく本体がおわりましたので、今日から「装備品」をご紹介していきます。



order-245.jpg
「ザイルスパイド」。
ハプーネと呼ばれる銛を射出し、縦横無尽に動き回る事ができるエルドスピーネ系ATの固定装備品。
ご覧の通り、本キットではカラーレジンで細かく分割されています。



order-246.jpg
オーデルバックラー本体に合わせた「アイボリー」のパーツ。



order-247.jpg
ハプーネなどの「グレー」のパーツ。
成型時に歪んだハプーネの軸は、温めれば直ります。



order-248.jpg
非常に小さいですが、「クリアパーツ」もあります。



order-249.jpg
ハプーネの射出状態を再現するための「金属ワイヤー」。



order-250.jpg
そして、「」。
ん? 糸? と思うかもしれませんが、「糸」で合っています。
服の解れからとか、その辺に落ちていたものではなく、部材の一部なのです。
細いので、パーツチェックの際は見落とさないようにご注意ください!


といったように、
様々な素材によって構成されていますので、順番に見ていきましょう。


order-254.jpg
まずは、本体。



order-255.jpg
センサーのクリアパーツは、後から塗装できるように“両面テープ”で仮止めにします。



order-256.jpg
射出口とセンサーを本体に取り付けていきます。



order-257.jpg
先端部分の中は、プラサポが入り「ハプーネ」を保持しやすくなります。



order-258.jpg
「射出状態のハプーネ」は、展開状態のフィンを接着。



order-261.jpg
ハプーネに金属輪ワイヤーを挿すための穴を開ける時は、
ワイヤーより少し径の小さなドリルを使うと良いかと。



order-262.jpg
これで、「射出」と「収納」それぞれを差し替え式で楽しめます。



order-265.jpg
そして、「動力パイプ」のご紹介です。



order-271.jpg
先ほど紹介した「糸」。
まずこれの片方に“玉結び”をします。
そうです、家庭科の授業で習ったアレです。



order-272.jpg
まさか、レジンキットの組立てで“玉結び”をすることになろうとは。



ちなみに家庭科が苦手だったASは、次に習う“玉止め”でつまずきました(^_^;)
“台所に立つ男はモテる!”と、当時のASに教えてくれてれば、もう少しまじめに授業を受けたのにッ!
と愚痴をこぼしてもしょうがないので、当時想いを寄せていたコを思い出しながら作業します。(仕事中です)



order-273.jpg
1度だけでなく、同じ箇所に“玉結び”を2~3回繰り返し、少し大きめの玉にします。



そして、
order-266.jpg
パイプパーツに穴を開けていきます。
玉の大きさにもよりますが、0.8mm ~ 1mmくらいのドリル径が良いです。



order-274.jpg
玉結びした箇所で、しっかり止まっているかを確認してから、残ったパイプを開口するのがオススメです。



order-275.jpg
玉結びした方が、ミッションパックの接続ジョイントに取り付けます。
”から結び目が抜けないか良く確認し、



order-277.jpg
フタを接着。
これなら、糸が抜けることはないでしょう。



order-278.jpg
残ったパイプも糸に通します。
20個全て使いますので無くさないようにお気をつけください。
また、途中で糸が解れてきますが、カットしすぎると長さが足らなくなる危険もあるのでご注意です!



order-279.jpg
ザイルスパイド側は、玉結びが難しいので瞬間接着剤で固定しちゃいます。
一体、さっきの玉結びは何だったんだ...。



order-281.jpg
これで完成です。



order-283.jpg
右肩のレールに取り付ける際は、
真鍮線で軸打ちしてからの方が後からグリグリ動かしやすいです(メンタル的に)



order-284.jpg
“糸”を芯にする事によって、自然な弛みを再現。
超一流モデラー岬さんならではの、柔軟すぎる発想力。



order-286.jpg
肩に内蔵されたレールによって、
ザイルスパイドの「収納」「展開」両方の形態を破綻すること無く再現。



order-285.jpg
まるで、主武装でもあるかのようにマウントされた「ザイルスパイド」。
頭部付近にあっても収まりがいいです。



order-288.jpg
射出時用の「金属ワイヤー」は、
自由自在に曲げる事が出来、長さも十分にあるので好きなように楽しめますが、
ご覧の通り、ASは若干持て余してます。



order-289.jpg
以上、「ザイルスパイド」のご紹介でした。


受注期間終了に向けて、サンプルレビューの残り回数も少なくなってきました。
次回も「装備品」の続きとなりますので、お楽しみにです。


それでは、また。


AS



(c)サンライズ





order-00.jpg
↑お買い求めはコチラ




ruizi-00.jpg

最終更新:2015/10/16 19:01

コメント 0件

ページ上部へ

カレンダー

2015年10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今月

過去の日記

2021年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2020年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月