【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus
店長の部屋Plus+は2022年1月をもって提供を終了致します。長きに渡りご愛読ありがとうございました。
※2021年9月末をもって、新規記事の投稿及びコメントの投稿を停止しております。

記事詳細

2015/09/11 19:00

みなさん、こんばんは。

ASです。


前回からスタートした
order-00.jpg
WAVE オーデルバックラー 「装甲騎兵ボトムズ」


サンプルレビュー
今日は2回目胴体」です。


order-40.jpg
エルドスピーネの改良機ということで、シルエットが似ていますが、
「ザイルスパイド」の位置などが明らかに異なります。



order-41.jpg
今回ご紹介するパーツ。
ボリューム的には、大小のパーツを含めてそこそこです。



order-42.jpg
order-43.jpg
両脇のパーツ構成が左右で違いますね。 この辺も順を追って見ていきましょう。



order-44.jpg
まずは、胴体の「メインブロック」。起伏のあるデザインをゴロッと1パーツで成型。
ゲートの位置も下側の目立たない所にあり、
サンプルでは、パーティングラインもほとんどありませんでした。ラッキースマイル




order-45.jpg
そこにポリパーツを取り付けていき、その他のパーツを接続できるようにしていきます。



order-46.jpg
反対側も同様にです。



ちなみに
order-48.jpg
今回のキットには、“原型師さんお手製治具”(の複製)が付属しています! 
以前、何かのキットにも付属していたはずなので、既にお持ちの方もいらっしゃるかも。
そのまま使っても良いですし、厚み毎にカットし重ねて使うことも可能です。


この治具を使えば、
order-47.jpg
説明書上の「ポリキャップの軸を●mmにカット」という加工作業がいとも簡単に出来ちゃいます。
厳密な寸法ではないですが、このキットを作るガイドとしては、十分にその役目を果たしてくれますぜグッド
こんな便利な治具が付くという事は、
つ・ま・り、「こういった加工がこの後もタンマリありんす、各自覚悟しておくよーに。」という事であります。



order-49.jpg
作業にもどり、お次はメインブロックの下にあたる「腹部」です。



order-50.jpg
ここもオプションパーツを駆使し、接着しないで仮組みができる“擬似スナップフィット”化。



order-51.jpg
お腹の突き出た部分を軸にさし、



order-52.jpg
order-53.jpg
メインブロックと合体です。



order-54.jpg
次は、「両脇」です。
冒頭で述べたように、左右で異なります。



order-55.jpg
こちらが「左側」。



order-57.jpg
「肩関節の軸」となるパーツは“特殊硬質レジン”製で、斜め上方向に角度が付いています。



order-58.jpg
「軸パーツ」を裏から通し、ついでにプラサポ類も接着しておきます。



order-59.jpg
はい、出来上がり。



order-61.jpg
「右側」も各パーツの形状が異なりますが、ココまでの組み立て方は一緒です。



order-62.jpg
そこへ、こんな歯車チックなパーツを追加します。



order-63.jpg
円の周りにモールドが入っていて、中が少しくり抜かれています。
あと、パーツの一部が四角く飛び出ています。 はい、見たままを言いました。



order-64.jpg
「軸パーツ」の反対側にも細い軸があるので、そこへ通します。
なんだか時計の内部みたいです。
このパーツは、接着してしまわないようにご注意ください!



order-66.jpg
「フタ」をしておしまい。
上から飛び出た歯車パーツの四角い部分がミソひらめき



order-67.jpg
実は、「ザイルスパイド」の可動ポイントなんです。
レジン製の組立てキットなのに、完成品トイのようにスムーズに動きます。



と、画像だけではいまいちスムーズさが伝わらないと思いましたので、
思い切って動画にしてみました!




どうでしょう、良い感じじゃないですか?
最後の方に雑音が入っていますが、気にしないでください(^_^;)
社内で“無音”空間を確保するのって至難の業なんです。



order-68.jpg
両側ともはじめに取り付けたポリ製の軸へ挿して接続させます。
ポリ製の軸では接着剤が付きにくいので、しっかりさせたい場合は同径のプラ棒に置き換えると良いかも(^_^;)



order-70.jpg
大部分が出来たら、大小4つの「ダクトモールド」を接着。
ここは、ポイント塗装すると見栄えがアップしそうです上向き矢印



そして



order-71.jpg
このまま「ミッションパック」まで行っちゃいましょう。
パーツ数もご覧のとおり少ないので。



order-72.jpg
内側の形状に合わせてポリキャップを配置し、



order-73.jpg
ここまでやってきたとおり、背中側にプラサポをつけて“擬似スナップフィット”。



order-74.jpg
小さな「止め具」状のパーツを接着していきます。
この時、「ミッションパック」側にだけ接着しておけば、スナップフィット構造は損なわれません。



order-75.jpg
精密なディテールが施されているので、いかにも動きそうです。



という感じで、
order-76.jpg
胴体」完成です。



order-77.jpg
正面から。
こうして見るとかなり幅が広いです。
これまでのシリーズの中でも「ツヴァーク」ぐらいありそうです。



order-78.jpg
逆に前後は、「ミッションパック」を含めてもそこまで長くないです。
いや、十分デカイです。



でもって。
そろそろ皆さんも気になってきてると思います。
過去の「エルドスピーネ」とどれだけ違うのか。



order-82.jpg
デザイン上の違いはともかく、造形面でもここまで違います。



order-85.jpg
全体の幅や面のとり方、ディテールの入れ方まで全くの別物になっています。
3年前にリリースされたモノも「エルドスピーネ」の野暮ったさが良く出ていて個人的に大好きです。



order-86.jpg
いかがでしょうか。
完全新規というのがお分かりいただけたでしょうか。



order-79.jpg
前回作った「頭部」と合体。
2回目でここまで出来るとは、なかなか良いペースです。



次回は「」にしようか、「」にしようか迷い中です。

お楽しみにです。

それでは、また。


AS



(c)サンライズ



order-00.jpg
↑お買い求めはコチラ




ruizi-00.jpg

最終更新:2015/09/11 19:01

コメント 0件

ページ上部へ

カレンダー

2015年9月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

今月

過去の日記

2021年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2020年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月