【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

2015/11/20 20:02

ここは地の果て。流されて、俺。

心に染みるフレーズですなぁ。特に深い意味はないですけど...。


みなさん、こんばんは。

ASです。


受注期間も残り僅か
brockary-00.jpg
WAVE 1/100 ブラッカリィ 「戦闘メカ ザブングル」


サンプルレビュー6回目!
脚部」の続きからご紹介します!!


brockary-152.jpg
前回、気泡埋め&リタッチをした所も十分に乾いたようなので、



ついでに
brockary-212.jpg
ガッツリ歪んだ裾も温めて修正しちゃいます。
熱湯やドライヤーを使う場合は、火傷にご注意です。!



パーツの整形が終わったので、組立てに移ります。



brockary-155.jpg
足首の関節パーツ。



brockary-158.jpg
レジンの収縮具合によってはポリキャップの軸が入りにくい場合があります。
ご覧のように5mmのドリルでさらうと、結構な量(のレジン)が削れましたうっしっし



brockary-156.jpg
裾の内側に干渉するエッジ部分もしっかり削ってクリアランスを確保しましょう。



brockary-157.jpg
スネに取り付ける凸部分も、ある程度削がないと入らないのでご注意。
削るより、カットしていく方が楽かもしれません。



brockary-161.jpg
ちゃんと整形できてれば、奥までしっかりハマるはずです。



brockary-163.jpg
ポリキャップの角度はこんな感じにしておくと足首の軸を入れやすいです。



brockary-160.jpg
一風変わった「ヒザ関節」のパーツは、双方にしっかり軸を打ってから接続する事にします。
特に「スネ」側は接着面が非常に狭いので、3本止めにしちゃいました。



brockary-165.jpg
左右から挟まれた真ん中のパーツが回転し、ヒザが曲がります。
ポリキャップの渋みが結構強めなので、
関節パーツを「スネ」と「フトモモ」のそれぞれにしっかり固定出来ていないと接着面が負けてしまいます。



brockary-164.jpg
曲がり具合もバッチリです。



brockary-166.jpg
「フトモモ」~「スネ」が出来ましたちょき




そして
brockary-167.jpg
股関節とフトモモの間にはこのようなカバーを噛ませます。



brockary-168.jpg
軸の太さに対して、少しゆるくなる程度に微調整。



brockary-209.jpg
球形なので可動を妨げませんし、ポリキャップの目隠しにもなるのでカッコよさも損なわれませんグッド



という感じで
brockary-210.jpg
以上「フトモモ」~「スネ」までのご紹介でしたスマイル


受注期間終了が近づくにつれて、
ご紹介する箇所も残り少なくなってきましたが、サンプルレビューは続きますダッシュ


次回は「足首」からご紹介していきます!


あぁ 感動のラスト前。


AS



(c)創通・サンライズ



brockary-00.jpg
↑お買い求めはコチラ




1023_02.jpg
「WAVE ラビドリードッグ(ノーマル版)」
も(2016年1月4日)までご予約受付中です。

最終更新:2015/11/20 20:02

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2015/11/17 19:46

みなさん、こんばんは。

ASです。


受注締切りまでだいぶ近くなってきました
brockary-00.jpg
WAVE 1/100 ブラッカリィ 「戦闘メカ ザブングル」



サンプルレビューも後半戦に突入です。
今回からは「脚部」をご紹介します。


brockary-129.jpg
まずは「フトモモ」~「スネ」にかけて。
これまでのボトムズシリーズと比べるとパーツ数も少ない気がします。



brockary-131.jpg
それでも、埋め込み式のノズルはちゃんと別パーツ化されています。



brockary-133.jpg
股関節周りは、肩と同じように組み立て、「モモ」と独立して動かせます。



brockary-134.jpg
カバーパーツは接着してしまうと、ポリキャップが取り出しづらくなるのでご注意です!



つづいて
brockary-135.jpg
ヒザ関節。
これまでのウェーブレジンキットシリーズでは、大抵の場合「軸」や「受け穴」がありましたが、
今回のブラッカリィは一味違った構造になっていますひらめき



brockary-136.jpg
3つの関節パーツは、ポリキャップを使って繋ぎます。



brockary-137.jpg
軸を切ったポリキャップを真ん中のパーツに押し込み、
飛び出た部分に同じ5mm径のプラ棒をさし込みます。



brockary-138.jpg
プラ棒をまな板代わりにして、少しずつ回転させながら余分な部分をカット。
一刀両断なんて考えずに、あくまでポリキャップだけを切るイメージで(^_^;)
指を切らないように注意です!


brockary-139.jpg
ニッパー等でゴリ押しするより綺麗にカットできると思いますひらめき



brockary-140.jpg
ポリキャップの入ったパーツをサンドイッチ。
接着する前に渋み調整も済ませおきましょう。



brockary-141.jpg
これが出来上がった「ヒザ関節」です。



そして
brockary-211.jpg
「スネ」に移るわけですが、



brockary-143.jpg
今回のテストショットサンプルでは、成型不良があちらこちらに。
テストショットなので、仕方ないでしょう。
このくらいの成型不良なら、軽いヤスリがけで解消できます。



さらに
brockary-144.jpg
こんな気泡跡もあったので、



brockary-145.jpg
ここぞとばかりにストックしていた「ランナー破片」を取り出した!!



までは良かったんですが、



brockary-146.jpg
思った以上には深かった。しょんぼり
流石にこれを放置するわけにはいかないので、修正に入ります。



brockary-147.jpg
まず、黒い瞬着の充填と硬化を繰り返し、段階的に埋めていきます。 
一度に大量を注入すると内部が硬化しにくいので(^_^;) 



brockary-148.jpg
硬化後、余分な部分をヤスッて整形。



brockary-149.jpg
細かいキズ埋めと塗料の食いつきを良くするために「Be-J HGサーフェイサー グレー 200 」を使います。
大容量で隠ぺい力も高く、速乾なのでレジンキットの工作にオススメです。グッド



brockary-150.jpg
薄めればエアブラシでも吹けますが、今回は少しだけ薄めてパテ代わりに。



brockary-151.jpg
一度ヤスリがけした後に、もう一度仕上げのパテを盛って表面を整えたら、



brockary-152.jpg
調色したブルーでリタッチ。 
完璧とまでいかなかったけど、人間引き際が肝心。
最近は成型品の精度も高く、今回のような修正作業もめっきり減っていたので、
久々に“俺、作ってるぜ!”感を味わえました。


ちなみに


brockary-153.jpg
調色して余った塗料が気に入ったので、小瓶に入れて保管。



brockary-154.jpg
後日、ゲート跡のリタッチ用に使おうと思います。きらきら


塗料の乾き待ちもあるので、今回はここまで。

次回も「脚部」の続きをご紹介。 

さて。


AS



(c)創通・サンライズ



brockary-00.jpg
↑お買い求めはコチラ




1023_02.jpg
「WAVE ラビドリードッグ(ノーマル版)」
も(2016年1月4日)までご予約受付中です。





ruizi-00.jpg

最終更新:2015/11/17 19:47

2015/11/13 19:30

みなさん、こんばんは。


ASです。


ただ今、好評ご予約受付中の
brockary-00.jpg
WAVE 1/100 ブラッカリィ 「戦闘メカ ザブングル」



サンプルレビューも疾風(はやて)のように4回目です!



brockary-95.jpg
今回は「腕部」のご紹介。



brockary-97.jpg
腕部も細かなパーツを含んでおりますので、無くさないうちに組み立てる事をオススメします!



brockary-98.jpg
前腕部分は、左右の区別がしてありますのでお間違いなく。



brockary-100.jpg
肩と上腕は、ポリキャップの軸を使って接続。
きつくて入らない場合は、5mmのドリル刃で上腕側の穴を軽くさらうと入りやすくなります。
特徴的な蛇腹パーツは、接着しないでおきます。理由は後ほど。



brockary-101.jpg
肩上部のパーツと下の部分は、重なり合う部分に穴をあけて開通。



brockary-102.jpg
オレンジイエローの丸モールドに軸を取り付け、



brockary-103.jpg
ググッと奥まで挿し込んで固定します。



つづいて
brockary-99.jpg
ヒジ関節。
特徴的な蛇腹モールドも硬質レジンで再現されています。



brockary-105.jpg
上下の関節パーツを同じ硬質レジン製の軸で繋ぐわけですが、



brockary-107.jpg
小さな軸を細くしたりするのは、結構大変。
素直に穴を広げる方が楽です。



brockary-109.jpg
良い感じの渋みになりました。



brockary-111.jpg
上腕との接続部分は、真鍮線などを使いしっかり固定出来るようにしておきます。



そして、
brockary-112.jpg
前腕側の関節にポリ部材を内蔵して、外装を被せます。



すると



brockary-114.jpg
このように、関節の曲がり具合に合わせて関節ユニットがスライドします。
内蔵したポリ部材が程よい渋みをもたらしてくれるのですグッド



brockary-110.jpg
ウェーブのレジンキットシリーズの中でも、
市野さんが手がけた作品には、
大体このポリ部材を利用した“引き出しギミック”が搭載されていて、原型師さんの個性が光るポイントきらきら



brockary-115.jpg
袖のパーツも左右を区別する為の彫刻がなされていますので、お間違いなく。



brockary-117.jpg
」が出来ました。



最後に
サラッと「手首」を見ちゃいましょう。



brockary-118.jpg
ボトムズシリーズと同じく
左右の「握り手」と「平手」に加え、「武器用の持ち手」と「表情のついた左手首」が付属します。



brockary-119.jpg
「武器用の持ち手」のみ“”の刻印があります。 
これが無かったら途方に暮れてました。



brockary-122.jpg
「握り手」。
全ての指を一体成型することにより、親指の角度などベスポジになっていますグッド



brockary-120.jpg
「平手」の親指は、真鍮線を通して微調整しながら接着。



brockary-123.jpg
甲や節の形もATとは違った印象を受けます。



brockary-125.jpg
brockary-126.jpg
「表情のついた左手首」も並べてみると違いは一目瞭然。



brockary-121.jpg
手首の付け根はボールジョイントで接続するので、
各種の表情とあわせていろんなポージングやアクションを楽しめます音符



ちなみに
brockary-104.jpg
冒頭の接着しなかった「肩の蛇腹パーツ」は、
パーツを取り外してポリキャップの交換・調整が容易に出来ます!
メンテナンス性もなのです。



brockary-127.jpg
良し。だいぶ形になってきたぞ。


以上、「腕部」のご紹介でした!


次回からは「脚部」です。


さて。



AS



(c)創通・サンライズ



brockary-00.jpg
↑お買い求めはコチラ




1023_02.jpg
「WAVE ラビドリードッグ(ノーマル版)」
も(2016年1月4日)までご予約受付中です。




ruizi-00.jpg

最終更新:2015/11/13 19:30

2015/11/10 19:35

みなさん、こんばんは。


ASです。


月末締切り
brockary-00.jpg
WAVE 1/100 ブラッカリィ 「戦闘メカ ザブングル」




サンプルレビュー3回目



brockary-74.jpg
前回作った「胴体」に「」を付けます。



brockary-78.jpg
こちらがパーツ一覧。



brockary-79.jpg
股関節の軸は、おきまりの「特殊硬質レジン」製。



brockary-80.jpg
腰本体に被せるダークブルーのカウルも綺麗に成型されているので、



brockary-81.jpg
ピタッと、はまりました。



brockary-83.jpg
「胴体」と同じく「腰」も各ダクトモールドが別パーツで再現されています。



brockary-84.jpg
特徴的なホバーノズルは、



brockary-85.jpg
真鍮線で脚付けして置くと塗装&接着がしやすくなります。



brockary-82.jpg
表面にゲートが来ているので、しっかり処理したいところです。



brockary-86.jpg
ホバーノズルを取り付けたユニットを、



brockary-87.jpg
brockary-88.jpg
brockary-89.jpg
本体に取り付けて出来上がりです。
見てのとおり、お尻の突き出しっぷりが凄いですほえー



brockary-94.jpg
brockary-93.jpg
胴体と繋げると、ローター部分との空間が独特な感じ。



brockary-90.jpg
という感じで、「」のご紹介でした。

工程数も多くないので、
今日はもう疲れたな~ 残業したくないよ~! でもちょっとだけ作りたいな~
という時にぴったりです。 そう、つまり今の僕です。ウィンク


次回は、「腕部」のご紹介をします!


さて。


AS



(c)創通・サンライズ



brockary-00.jpg
↑お買い求めはコチラ




1023_02.jpg
「WAVE ラビドリードッグ(ノーマル版)」
も(2016年1月4日)までご予約受付中です。



ruizi-00.jpg

最終更新:2015/11/10 19:35

2015/11/04 20:19

みなさん、こんばんは。

ASです。


11月に入り、受注締切りまで残り1ヶ月切りました
brockary-00.jpg
WAVE 1/100 ブラッカリィ 「戦闘メカ ザブングル」



サンプルレビューは続きます。
今回ご紹介するのは「胴体」。


brockary-45.jpg
前面には機関銃、背面にはローターを備えた独特なスタイルを4色のカラーレジンで再現です。



brockary-46.jpg
機関銃のパーツは3分割されていてます。



brockary-47.jpg
中にポリの破片を入れる事により



brockary-49.jpg
角度調整がしやすくなりますスマイル



brockary-50.jpg
さし込むだけなので、もちろん旋回可能。
下手に動くと可愛いエルチ嬢ちゃんが蜂の巣になるんだがな!
(ホーラと競って鼻の下を伸ばしていたティンプはどこいった)



brockary-51.jpg
胸部脇のロールバーも3つの極小パーツで再現されています。



brockary-52.jpg
胴体の裏側の、くり貫かれた箇所に、



brockary-53.jpg
brockary-54.jpg
関節パーツを2組作ってはめ込みます。
硬質レジンで出来ていますので、渋み調整をしっかりやっておきます。



brockary-55.jpg
脇下のディテールもチラッ。



brockary-56.jpg
軸と一体化されたフタも硬質レジンで成型されています。



brockary-57.jpg
肩の上下可動はかなり優秀です。



brockary-58.jpg
ローターが付くので、前後の可動は申し訳程度といった感じ。



つづいて
brockary-60.jpg
オレンジイエローのパーツがひときわ目立つ「背部ローター」。



brockary-63.jpg
上部ダクトや



brockary-61.jpg
背面のモールドも別パーツ化されています。



brockary-65.jpg
ローターもファンが回転できるように細かくパーツ分割されています。



brockary-66.jpg
硬質レジンの軸をファンと基部のパーツをさし込みます。
うまく調整すれば、スムーズに回ってくれるはずです。



brockary-67.jpg
ダークブルーの土台を外装パーツにしっかり取り付けます。



brockary-68.jpg
外装パーツ同士もガイドを利用して、真鍮線の軸を打って接着すれば強固になります。



brockary-71.jpg
胴体と接着して



brockary-72.jpg
「胴体」の出来上がりです。



brockary-77.jpg
brockary-75.jpg
brockary-76.jpg
出っ張ったりへこんだりの面白いデザインを見事に再現していますね。


次回は「」のご紹介です。


さて。



AS



(c)創通・サンライズ



brockary-00.jpg
↑お買い求めはコチラ



ruizi-00.jpg

最終更新:2015/11/04 20:19

ページ上部へ

カレンダー

2021年9月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

今月

過去の日記

2021年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2020年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム