【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2014/10/24 17:03

youtaBAG店長の水間です。
『youtaDIARY SPECIAL〜水間店長 職人への道』も本日が最終回。
1週間、駆け足でお送りしてきましたが、お楽しみいただけましたでしょうか?
この1週間ブログを読んでくださった方が、少しでもバッグ作りに興味を持ってくださったら本望です。


そして、応援してくれる家族や、youtaスタッフの皆、youtaのバッグを楽しみにしていてくれるお客様のおかげで、
9月、【アトリエフォルマーレバッグクラフトマスタースクール】の初級を卒業することができました!!!
ありがとうございます!


教室で証書を受け取りました。
201410242

次は中級です!
201410241


仕事を終えて、スクールで鞄作りの実習、時には残ってミシンをかけて
家に帰ったら日付けが変わっていたという事もありましたが、
実際に6点のバッグを作った事が自分の中での自信にもつながりました。


今は、さらに上のクラス(中級)がスタートしており、作業もぐっとグレードアップしています^^;
今後はさらにお客様一人一人を向き合い、お客様の理想のバッグ作りを目指していきたいと思います。
これからも応援をよろしくお願い致します!


youtaBAG 店長 水間

最終更新:2014/10/24 17:03

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2014/10/24 16:53

youtaBAG店長の水間です。
『youtaDIARY SPECIAL〜水間店長職人への道』もいよいよ後半4日目になりました。
今日は実際に鞄学校で作ったバッグをご紹介いたします。


一針一針縫ったヌメ革のトートです。味が出るのが楽しみです。↓

201410232



裏地にもこだわったトートバッグと、ジムに行くときに使えるシューズケースです↓
201410231


自分の手で作った物なのでどれも愛着はありますが、初めてミシンを使って完成したショルダーバッグは
自分の中で一番印象深いアイテムです。実際、休日に持って出かける事もあるんですよ。


向かって右のオフホワイトボストンは、youtaの女性スタッフにも好評でした^^
201410233

そして、なんと!
向かって左側の黒いトート、通称”「店長トート」”ですが、ご好評をいただき商品化が決定いたしました!!
皆さまのご意見を盛り込んだトートを企画したいと思っておりますので、引き続きご協力のほど何卒宜しくお願い致します。

最終更新:2014/10/24 16:53

2014/10/24 15:49

いつもyoutaBAGをご利用いただき誠にありがとうございます!
youtaBAG店長の水間です。


3日目の今日は、スクールでの鞄作りの現場レポートです。
包丁を研ぐ、革をカットする、革を磨く、磨く、磨く・・今は鞄を作るというよりも、
研ぐ・磨く作業がメインです。何よりも鞄を作る道具に『慣れる』というのがまず一番大事だからです。
いろいろな作業がありますが、一部ご紹介いたします。


『包丁研ぎ』・・・
包丁は紙型を始めとしたバッグを作るための全ての素材をカットするのに使う道具です。
この包丁の切れ味が悪くなると、素材が曲がってしまったり、
最悪、手を切ってしまうという事になってしまうので、
とても大事な行程です。
画像は2つの輪っかのように見えるのですが、荒めに、細かく、を選べる様になっています。

2014102221

こちらが、研いだ包丁になります。
↓↓↓
2014102222

『革鋤き(かわすき)』・・・
革の厚さを調整する作業です。素材が厚すぎると縫えなかったり、
端の処理が厚くなりすぎてしまう。また薄すぎると切れてしまう事もあるので、
設定にミニ単位の調節が必要な、これぞ職人技的な作業です


『ミシン』・・・
鞄作りには、平面な物を縫う「平ミシン」と、立体の物を縫う「腕ミシン」の2種類を使い分けます。
縫い終わった後の糸の始末
には、熱で糸を焼き切ることによって糸の抜けがなくなります

2014102223


『糊付け』・・・
多くても染みになる、少ないと付かないなど、調節が難しい作業。
ハケの幅を活用して効率よく塗って行く事が大事。


他にもまだまだあるのですが、今日は今メインで勉強している作業をご紹介してみました。
また、ご紹介させていただきます。

最終更新:2014/10/24 15:49

2014/10/24 15:35

いつもyoutaBAGをご利用いただき誠にありがとうございます!
youtaBAG店長の水間です。

『youtaDIARY SPECIAL〜水間店長 職人への道』、
2日目の今日は、スクールに入って、改めて感心した事や驚いたことを書いてみたいと思います。


お客様より「youtaBAGはコストパフォーマンスが高いですね」とお褒めの言葉をいただく事があるのですが、
バッグ作りを勉強する中、作る工程やパーツなどのちょっとした工夫によって、
質が上がったり価格を抑えたりすることが出来るという事を改めて学んでいます。


例えば、シンプルなトートバッグ1つにも30ものパーツが必要になります。
写真は、本革の上に「紙型(かみがた)」を置いてカットする所ですが
ここで紙型を効率よく配置することで、同じ大きさの革から取れるパーツが増え、
コストダウンにもつながります。まずはこの型どおりに切って
いくのですが・・・「(革を)真っすぐ切る」という当たり前の事の難しさに一番驚きました。
そして、「(革を)真っ直ぐに縫う」という難しさの壁にもぶつかっている所です。


明日は「鞄を作る道具」についてご紹介をしたいと思います。

201410211

201410212

最終更新:2014/10/24 15:35

2014/10/24 15:25

いつもyoutaBAGをご利用いただき誠にありがとうございます!
youtaBAG店長の水間です。今回は、『youtaDIARY SPECIAL〜水間店長 職人への道』と題しまして
お送りいたします!

youtaBAGのフェイスブックでも、少しずつご報告をしておりますが、
今年の4月より、東京・両国にある【アトリエフォルマーレ
バッグクラフトマスタースクール】というバッグ職人を育成する鞄作りの学校に毎週1回通っており、
学校のある日は仕事が終わってからダッシュで学校へ、という日々を送っています。


そもそも、なぜ職人を目指しているの?という所からなのですが、
店長として1つのバッグがどのように出来上がるのかを理解するのはもちろん、
たくさんのお客様よりご依頼をいただいているバッグのリペアを
もっとグレードアップしたいという思いももちろんあるのですが、


お客様の理想のバッグを制作できるように、


”フルオーダーのバッグを作ることが出来るようになる”


というのが一番の目標です。


学ぶほどに奥の深い鞄作りをお伝えするのは難しいかもしれないのですが、
1週間、どうぞおつきあいください。よろしくお願いいたします!


201410201

最終更新:2014/10/24 15:25

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2014年10月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

今月