【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2013/12/03 19:50

こんばんは。

実店舗スタッフの村上です。


本日第13回目の遼ローズでは、昨日に引き続き、イングリッシュローズをご紹介します。

強健な"スノーグース(Snow Goose)です。


なんか、自分で「遼ローズ」って言っちゃている恥ずかしさにも、だいぶ慣れてきました(笑)


遼ローズという呼び名は、最初てんちょに無理やりやらされたんです(苦笑)

でも慣れって凄いですね、やっと恥ずかしさが薄れてきました。



スノーグース



スノーグース(Snow Goose)は、白い輝くようなポンポン咲きの甘いムスク香の花を咲かせ、

繰り返し咲きの”つるバラタイプ”のイングリッシュローズです。


こちらは、少しの薬剤散布と少量の肥料が必要なタイプ2のバラです。


このバラは、枝にとげが少なく、側枝がしなやかなので、

鉢植え・トレリスやオベリスクへの誘引・地植えなど

あらゆるジャンルにおいて、育てることが適している品種です!


地植えにすると、とても迫力のあるつるバラに成長します!


花の香りは、ムスク香となっていますが、

僕はムスク香っていまいちまだわからなくて(-_-;)

甘いコッペパンのような香りだと感じました。


花は、今の時期など、ほんのりピンクを帯びることもあります。



名前のスノーグ-ス(Snow Goose)は、カナダやアラスカに生息する

渡り鳥である、ハクガン{白雁}(学名:Anser caerulescens)に

由来します。


日本にも、ごくまれに、冬季に渡ってくるみたいです。


群れで飛来する個体群は、1940年代に絶滅したそうです。



鳥類には、あまり詳しくないのですが、水鳥の羽根って、

身近な種類で言うと、アヒルもそうですが、近くでみると、

きめ細かくて、特に水から上がった時なんて、

輝く白という言葉がぴったりな美しさがあるんです!



まさに、スノーグースは、名前の由来にぴったりだと僕は、思います!


ちなみに僕は、小さいころから生き物が大好きでして、

バラの世界に入るまでは、

愛好家として、虫歴20年・小動物・爬虫類・エキゾチックアニマル歴10年と、没頭してきました(笑)


でも、今はてんちょを目指して、バラに全力を注ぐことに心に決めたんです!!




snow goose


スノーグースは、耐病性に優れ、あらゆるジャンルでの育て方にも適応できる、

お勧めのイングリッシュローズです。


しかも、バラ全体の中でも、小輪でポンポン咲きのつるバラは珍しいので、

クイーンオブスウェーデンと同じく、イングリッシュローズの中では、類をみない

オンリーワンな品種ですね!


丈夫でありながら、個性的な特徴を持っているイングリッシュローズは、お勧めな品種が多いので、

これからもどんどん紹介していきたいと思います。





最近、寒さを感じ始めてきた(';')

実店舗村上でした。

最終更新:2013/12/04 18:40

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2013/12/03 18:20

こんばんは。

実店舗スタッフの村上です。



今日も、大苗畑にて、掘り上げた苗をお店に持ってきました。


僕の尊敬する上司であり、バラの大先輩である忽滑谷さんの作出した品種も

実店舗のレジ横の正面コーナーに運んできましたよ!!)^o^(


ずっとお探しのお客様も多く、春以降ずっとお店になく、

実店舗にも少しですが、持ってくることができて良かったなと思っています。



忽滑谷さんの作出された品種の中でも、

特に”パブロック”は、大好きで

赤バラで、カップ咲きで、大好きなフルーツ香がするという、三拍子の

僕が好みのバラの特徴が含まれていて、

庭付きの物件に引っ越したら、絶対に育てたいと思っています(*^_^*)



赤バラでありながら、カップ咲きという特徴だけでも、珍しいと思います。



それでは、本日第12回目の遼ローズにて、

初のイングリッシュローズである

"クイーンオブスウェーデン(Queen of Sweden)"を紹介いたします。




Queen of Sweden


クイーンオブスウェーデン(Queen of Sweden)は、

繰り返し咲き性のシュラブタイプのバラで、

イングリッシュローズの中でも、特に珍しい

直立性の株立ちをしていて、耐病性の強いバラです!


こちらは、少しの薬剤散布と少量の肥料が必要となる、タイプ2のバラになります。


イギリスとスウェーデンの350年の友好を記念して、この名前が付けられました。


このバラは、アプリコットピンク・ピュアピンク・ノーマルピンクなど

様々なピンク系でチャーミングなカップ咲きの花を見せてくれます。


花持ちもよいバラで、

時間の経過によって、花色が変化するのが特徴です。


秋には、少し咲きにくくなるので、咲かせてあげるためには

夏は浅めの剪定をして、肥料を抑えてあげる必要があります。


花は、子孫を残すために咲くものなので、ちょっと我慢させてあげ気味の

方が、花付きが良くなることがあります。




クイーンオブスウェーデン


クイーンオブスウェーデンは、強健なイングリッシュローズの中でも、特に耐病性があるように思います。


まだ期間は短いのですが、

僕自身が実店舗内や鉢植えの農場を薬剤散布をしている中でも、

クイーンオブスウェーデンは、葉っぱが特にきれいで

うどん粉病や黒星病にもなった株は見たことがないので、

このバラの耐病性は、折り紙つきなんだと

実感できました。


一目でほかのイングリッシュローズとも区別できる

小ぶりで可愛らしい特徴的な葉っぱが魅力ですね!


気品のある、ピンク系の花で、

可愛らしい特徴的な葉っぱをもち、直立性の株を持つという

この”クイーンオブスウェーデン”は、

イングリッシュローズの中でも、オンリ-ワンなのではないかと思います。



話は変わりますが、

僕は、薬剤散布をするときの

バラの葉っぱが青々として増えているのを確認できた時が、

自分の仕事の中で、何よりも一番の喜びになっているんです。


葉っぱがしっかりと健康的に増えることにより、光合成をして、エネルギーを生産でき、

株がしっかりと成長してくれるので、いかにバラ栽培において、

生育期の葉っぱが大切なものであるかを、最近本当に、実感してきました。


葉っぱは、花をしっかりと美しく咲かせてくれるためには、とても大切な役割を

してくれているため、花と株と同じように大事にしていきたいですね!





最近、すきやに行っていなくてパワー不足な(-_-;)

実店舗村上でした。

最終更新:2013/12/04 18:32

ページ上部へ

カレンダー

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

今月

【バラの栽培&品種選び掲示板】

こちらの掲示板はバラ好きの皆様のバラ栽培・バラ選びの一助となれば幸いと思い、店長木村裕治が個人的に返信しています。そのため、返信に時間がかかる場合もございます。

また、バラの育て方、品種選び以外の書き込みはすべて削除させていただきます。

ご理解・ご協力くださいますよう、よろしくお願いいたします。


【掲示板へのご返信ありがとうございます】

当店による返信にもたくさんの暖かいお礼のご返信をいただき、本当にありがとうございます。

掲示板のシステム上、当店からの返信は控えさせていただいていますがいつも嬉しく読ませていただいています。