【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2019/01/14 18:21

おはようございます。

バラの家楽天店店長の木村やすはるです。



この冬は暖冬ということで安心しきっていましたが、

先週辺りからかなり寒くなってきました。


バラの家のある埼玉県東部の杉戸町では
マイナス5度を下回る日も出てきています。

さすが一年でも一番寒い時期ですね^^;



という事で、冬剪定や用土替えなどの最適期になりますね♪


今日は風もなく穏やかなので


新苗を育てようシリーズのシェエラザードとダフネの

用土替えや冬剪定をやってしまいましょう♪




まずは木立性のシェエラザードから

2019-1-14-1.jpg


2017年の5月から育て始めてから1年と7ヶ月も経ち

かなり立派になってきました^^


あの小さかった頃が懐かしいですね





2019-1-14-2.jpg

サクサクっと切って冬剪定は完成です\(^o^)/

チャチャっと用土替えも済ませてしまいました^^


木立性の冬剪定用土替えについては基本は昨年と同じになりますので

詳しくは↓こちらのページをご覧になってください。

新苗を育てよう! ー冬の作業その1 冬剪定 ー

新苗を育てよう! ー冬の作業その3 用土替え ー


基本的に同じと言っても一年経っているので、

枝数がだいぶ増え、株のボリュームもかなりアップしています。






続いてシュラブ性のダフネ


2019-1-14-3.jpg


夏剪定直後の悪天候の影響で開花が遅れましたが

秋にもたくさんの花を咲かせ楽しませてくれました。

開花後もそのままだったのでまだ花がついていますね^^;



昨年は鉢増ししたばかりで、

表土にバラの家堆肥をかぶせただけでしたので
今年は鉢増しか用土替えを行いたいところですが、


現在ロゼアスクエア330型に植わっているので
これ以上大きな鉢に鉢増しする予定はありません。

ということで用土替えを行うのですが、

シュラブやつるばらなどは枝を誘引させて
春にたくさんの花を咲かせるのが一番の醍醐味のバラです。


しかしながら木立性のバラと同じように根鉢をたくさん崩して用土替えをすると

根が土をしっかりと掴んでいないため、根に対して枝が多すぎるため、

根の負担が大きくなり枝を支えるのでいっぱいいっぱいになります。


そうなると花を咲かせるだけの余裕がなく、花数が少なくなってしまうんです。


じゃあどうしましょう??




答えは欲張らないです!簡単でしょう^^




2019-1-14-4.jpg

用土替えを行うのでまずは枝先を軽く切り戻し、
葉を落として、トレリスから誘引をはずします。


枝が長すぎる場合はこの時点である程度切り戻しておきます。


2019-1-14-5.jpg

鉢から抜くとこんな感じです。

今年1年この鉢のままだと夏前には
根が張るスペースが完全に無くなりそうです


それでは用土を崩していきます。

2019-1-14-6.jpg

欲張らずに用土を崩すのがポイントです^^


根がぎっしり貼っている鉢底と側面、肩の部分だけを崩します。

この時にプラントハンター根切りを使うと

根が密集している肩と底はのこぎりの様に切り取れるので

たくさんのバラを育てている方にはかなりおすすめです。





2019-1-14-7.jpg

こんな感じで根がぎっしり張った表面の土を取り除きます。

根鉢の肩の部分などは、ミニくまでなどを使い気になる部分は崩します。





2019-1-14-8.jpg

太い根など切り口が汚くなってしまった場合は


2019-1-14-9.jpg

よく切れる剪定ばさみなどで切り戻してください。








2019-1-14-10.jpg

根鉢の表面だけを取り除くと一回りくらい小さくなります。

あとは鉢増しと同じように元の鉢に植え直すだけ^^


鉢増しについて詳しくは
↓こちらのページをご覧になってください。

新苗を育てよう! ー2度目の鉢増しー





2019-1-14-11.jpg

それではトレリスに誘引していきましょう♪


誘引について基本は昨年と同じになりますので

詳しくは↓こちらのページをご覧になってください。

新苗を育てよう! ー冬の作業その2 誘引 ー



ここでも欲張らずに剪定と誘引するのがポイントです^^


根鉢を1/4程度崩しているので、
枝も同じように最低でも1/4は切り戻しながら誘引します。



2019-1-14-13.jpg


心配な場合は欲張らずに1/3くらい切り戻したほうが、

根の負担が減るので春にはしっかりと花を咲かせます♪



どれだけ枝を残したいかによって崩す土の量も加減してください。

ただし、欲張って枝を多く残すのはだめですよ^^





2019-1-14-14.jpg

どちらも今はスッキリしていますが

春にはたくさんの花を咲かせますので楽しみにしていてくださいね♪








最終更新:2019/01/14 18:21

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件

ページ上部へ

カレンダー

2019年1月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

今月

【バラの栽培&品種選び掲示板】

こちらの掲示板はバラ好きの皆様のバラ栽培・バラ選びの一助となれば幸いと思い、店長木村裕治が個人的に返信しています。そのため、返信に時間がかかる場合もございます。

また、バラの育て方、品種選び以外の書き込みはすべて削除させていただきます。

ご理解・ご協力くださいますよう、よろしくお願いいたします。


【掲示板へのご返信ありがとうございます】

当店による返信にもたくさんの暖かいお礼のご返信をいただき、本当にありがとうございます。

掲示板のシステム上、当店からの返信は控えさせていただいていますがいつも嬉しく読ませていただいています。