【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2018/09/26 17:03

2018-9-26-レッドインテューション.jpg

レッドインテューション Red Intuition




おはようございます。

バラの家楽天店店長の木村やすはるです。






口を開ければ暑い暑いと言っていた毎日も終わり

ここ最近は天気の悪い日が続いています。

厳しい残暑も嫌ですが雨ばかりの毎日も嫌になりますね^^;


これだけ雨が多いと気をつけたいのが黒星病です。

黒星病は葉に水が5~6時間ついていると発症する病気で

下葉から葉に黒い斑点ができ、葉を黄変させ落葉させる病気です。


2018-9-26-黒星病.jpg


だから雨が降る前と降った後に殺菌剤を散布するのが効果的なんです。

薬剤散布の回数が一緒でもタイミングが違う丈で効果がぜんぜん違います!



黒星病の予防にはこちらの薬剤がおすすめです!


オーソサイド
エムダイファー
ダコニール

※ダコニールは高温期には薬害が出やすいので25℃以上になる高温期は使えませんが
今の時期でも涼しい日が続くときには予防におすすめの薬剤です。

黒星病対策にはこちらの3薬をローテーションで使ってください。

そして!その予防薬をずっと葉に付着してるように、

パラフィン系の展着剤アビオンEを使います!!


普通の展着剤とはレベルが違うので、
予防剤が長く効く!そして雨に強い!


ダインなどの一般的な展着剤は界面活性剤が主な成分で、
実は乳剤や液剤などには同じ界面活性剤が多く配合されています。

界面活性剤の働きは付着性や浸達性を高めることで葉の隅々まで薬が行き届き効果を安定させます。

乳剤や液剤に展着剤を混ぜることでよりしっかりと薬が行き届くのですが
その分今度は副作用である薬害が発生しやすくなります。

それに対してパラフィン系のアビオンEはロウではを
コーティングするような効果があります。
そのため、薬害が発生しづらく効果が長持ちし雨でも流されにくくなります。





それでも黒星病が出てしまった場合には
トリフミン
サルバトーレ
ベンレート

の3剤が治療薬としておすすめです^^

また、秋の長雨で黒星病が出やすい時期、すでに蔓延してしまっているときには
予防薬と治療薬を混ぜて使用するのがおすすめです。



やす店長も実際に使用している薬剤です!
ぜひお試しくださいね^^





最終更新:2018/09/26 17:03

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件

ページ上部へ

カレンダー

2018年9月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

今月

過去の日記

2021年
2020年
2019年
【バラの栽培&品種選び掲示板】

こちらの掲示板はバラ好きの皆様のバラ栽培・バラ選びの一助となれば幸いと思い、店長木村裕治が個人的に返信しています。そのため、返信に時間がかかる場合もございます。

また、バラの育て方、品種選び以外の書き込みはすべて削除させていただきます。

ご理解・ご協力くださいますよう、よろしくお願いいたします。


【掲示板へのご返信ありがとうございます】

当店による返信にもたくさんの暖かいお礼のご返信をいただき、本当にありがとうございます。

掲示板のシステム上、当店からの返信は控えさせていただいていますがいつも嬉しく読ませていただいています。