【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2017/08/24 19:35

おはようございます。

バラの家楽天店店長の木村やすはるです。


今日は8月24日。



一昨日のブログでも言ってましたが、

鉢に対して株が大きすぎて何度も倒れてしまっているので

さっそく二度目の鉢増しをしようと思います。



2017-8-24-1.jpg




改めてて見るとホントにバランスが悪いですね^^;

今回は最初の鉢増しが遅めだったので、

一番暑い時期が過ぎた今になってしまいましたが、

(今年は変な天気で一番暑い時期が暑くなかったですが…)


最初の鉢増しが早めでよく育っている時には

梅雨明け前に二度目の鉢増しをしたほうが良い場合もあります。

逆に今の時期でも株が小さかったり、根がしっかり張っていない場合には

もう少し育ってから二度目の鉢増しをしてください。






2017-8-24-2.jpg


二度目の鉢増しはロゼアスクエア 330型プレミアローズ培養土で植え付けます。


実は6号角深鉢からロゼアスクエア 330型に鉢増しすると

ちょうど15リットルの培養土がぴったりな量なんです^^


もう気持ち入れたいかなとも思いますが、

ちょうど内側の線辺りまで土が入ります。

気になる場合はもう少し入れてもOKですが

最低5cmはウォータースペースを開けてください。



樹勢の弱い品種やコンパクトな品種の場合は

もう一回り小さい260型や8号鉢に鉢増しするのがおすすめです。


ダフネやシェエラザードも260型や8号鉢でもOKですが

このあとオベリスクなどに誘引すると思うので大きめのサイズの鉢にしています。






基本的には最初の鉢増しと同じ内容になるので

鉢増しについて詳しくはこちらのリンク先を参考にしてください。




2017-8-24-3.jpg


根が張って根鉢がしっかり出来ていますね。

根を張るスペースはまだありますが、

これ以上根が張っている場合には早めに鉢増しするのがおすすめです。



2017-8-24-4.jpg



プレミアローズ培養土には元肥も入っていますが、

さらに更に良く育つように今回は元肥も入れておこうと思います。


プレミアローズ オーガニック肥料をスプーン6杯を

鉢底に入れた培養土によく混ぜます。



2017-8-24-5.jpg


根が直接肥料に当たらないように、

2~3cmほど肥料の入っていない培養土をかけてから

鉢から抜いた苗を置くようにしてください。


これでワンランク上の生長を見せてくれます!


※元肥は多すぎると肥料焼けを起こすこともあるので

多肥には注意が必要です。



2017-8-24-6.jpg




鉢増し後の水やりは、できるだけふんわりとたっぷりやるのがポイントです。


強い水圧で水やりをすると表面の用土をかき混ぜてしまい、

素材によって比重が違うため、

良い用土で植えても団粒構造が壊されてしまうからです!





2017-8-24-7.jpg



かならず縁までたっぷりと水を入れてください。


水が引いて30分ほどしたらもう一度水遣りを行います。


2017-8-24-9.jpg


これで2度めの鉢増しも完成です^^




2017-8-24-10.jpg



鉢が大きくなっただけで、苗も立派になったように見えますね!

さらにお洒落なファイバークレイ鉢樹脂ポットなどに植えれば

見た目の雰囲気は大きく変わってきますよ!




次回はいよいよ夏剪定♪





最終更新:2017/08/24 19:36

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

コメント 0件

ページ上部へ

カレンダー

2017年8月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

今月

【バラの栽培&品種選び掲示板】

こちらの掲示板はバラ好きの皆様のバラ栽培・バラ選びの一助となれば幸いと思い、店長木村裕治が個人的に返信しています。そのため、返信に時間がかかる場合もございます。

また、バラの育て方、品種選び以外の書き込みはすべて削除させていただきます。

ご理解・ご協力くださいますよう、よろしくお願いいたします。


【掲示板へのご返信ありがとうございます】

当店による返信にもたくさんの暖かいお礼のご返信をいただき、本当にありがとうございます。

掲示板のシステム上、当店からの返信は控えさせていただいていますがいつも嬉しく読ませていただいています。