【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2011/11/19 23:01




ブラックティ.jpg




初めてジュリアを見たときのように、

ブラックティーを見たときは、とても不思議な感覚でした!



両方ともガーデンローズではなく、

切りバラとして見た方が先だったのも、


今と思えば僕らしい(笑)



小学生の頃から手伝わされてた(笑)切りバラでは、

ピンクの濃淡、サーモンピンク、赤を最初に見て、


それから白と黄色

そのあと紫、茶色とバラの色彩の変遷を。。。



小学生の頃は黄色いバラが大好きだったのですが、

うちではあまり作っていなく(お金にならなかったのでしょうw)


他の人が作った黄色い切りバラをもらってくると、

高芽接ぎしてでもと、黄色いバラを欲しがっていましたwww



ブラックティーはそれこそバブル全盛の頃に

めちゃくちゃ流行っていて、


六本木とか東京の花屋さんでは

切りバラが一本1200円とかで販売されていて、

10本花束にすると1万円を簡単に越えっちゃったり(笑)



僕は切りバラがあんまり好きになれなくて、

ガーデンローズを志すわけだけど、


そんな中でも小さな蕾から

花弁をしなやかに展開し優雅に咲くブラックティは


大好きなバラのひとつでした^^


色も独特で良いけど、

香りもなかなか、でも個人的に気に入ってるのは、

花弁の先のとんがったところ♪


他の個性が強すぎるため隠れているけど、

とても可愛らしい表情^^


それはまるで、

大人な女性がちらっと見せる少女らしい一面。。


ギャップがとてもかわいらしい♪






バラって最高!

京阪園芸さん作の銘花!

ローズクリエイター 木村たくのり



最終更新:2012/08/31 16:58

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 3件

2011/11/19 23:58:52

バラの美しさはバブルじゃないけど

HONEYさん

ブラックティー・・・本当、バブル期の思い出ですよ。私のモテもただのバブルでしたがwww
バラをプレゼントしてくれた男の子達、今はどうしているかしら・・・と考えながら明日も土にまみれて
バラのお世話。男に貢がれる女の子から、バラに貢ぐオバサンになったけど、今の方が幸せかもww

2011/11/20 01:51:49

ブラックティ

安眠戦士さん

今から15年以上昔、初めてバラをやり始めた頃。
近所の京成さんに遊びに行く度、1鉢1鉢増えていくバラ。
そんな中で、バラの本で見かけたブラックティが欲しくて京成さんに尋ねたところ、お取り扱いがないとの事。
本で電話番号を調べて京阪さんに問い合わせ、ブラックティの苗を送ってもらいました。
しかしあの頃は今よりかなりテキトーに育てていたため(いや今だってしっかり手抜きなんですが)、わざわざお取り寄せたブラックティは、花を一輪見たっきり、わずかの間にお星様と消えてしまったのでした…。
深みと趣のあるブラックティは、憧れの彼方へ…。

今再びバラをやり始め、あの頃の教訓から、ちょっとはマシな育成になりましたが、ブラックティは結局お見送りに…。
好きなんですけどね。

でも今は、茶系では、禅とエクストリームを育ててます。
今度はお星様にさせないように、大事に大事に育ててます~。

2011/11/20 12:46:15

趣味の園芸

バイオハザードXさん

大変お勉強になりました!
鉢栽培におすすめの品種では、ラテアートが紹介されて、てんちょ様よかったですね~
育種家として、表舞台にはでませんが、誇らしく思いました。
「育種家、木村たくのり」、これからもがんばれ~  会員ナンバー:007

ページ上部へ

カレンダー

2011年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

今月

過去の日記

2021年
2020年
2019年
【バラの栽培&品種選び掲示板】

こちらの掲示板はバラ好きの皆様のバラ栽培・バラ選びの一助となれば幸いと思い、店長木村裕治が個人的に返信しています。そのため、返信に時間がかかる場合もございます。

また、バラの育て方、品種選び以外の書き込みはすべて削除させていただきます。

ご理解・ご協力くださいますよう、よろしくお願いいたします。


【掲示板へのご返信ありがとうございます】

当店による返信にもたくさんの暖かいお礼のご返信をいただき、本当にありがとうございます。

掲示板のシステム上、当店からの返信は控えさせていただいていますがいつも嬉しく読ませていただいています。