【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2008/10/18 18:09

エッフェルタワー

長い蕾が特徴のエッフェルタワーです^^
いかにもそんな感じでしょ♪

でも、じつはアメリカ生まれだったりします。


でもって
↓こっちはフランスのデルバール生まれの

新しいエッフェルタワーです。


フランス語なので、
トゥール エッフェル2000


英語だと同じで、エッフェルタワーです。



エッフェルタワー2000


ハマナシ系が入っているんで、
トゲトゲが凄いですけど、超強健!!

日本人好みの深紅で、
店長も大好きなバラです♪


こんな感じで、
バラって個性豊か^^


それぞれの個性の違いを楽しむのが、
バラ栽培の醍醐味ですよね♪




って、また寄り道しちゃいました(苦笑)


それでは「ソフトピンチ」始めます。


まずは「ソフトピンチって何?」って感じですが、
そもそも「ピンチ」って何?ですよね!


普通ピンチっていったら、

危機や窮地って意味だと思うんですが、


バラ栽培で使うピンチは、


難しく言うと、

「植物の成長点を剪定し、
 新たな成長点を育む手入れ方法」

っと言った感じです^^



簡単に言うと、

「春~秋に成長している枝を手入れすること」です。

日本語では摘心といいます。



そしてそのピンチも大きく分けると5~6種類あるのですが、
ガーデンローズ栽培でよく使うピンチは3種類あるんです。


あるんですと言いますか、

実は皆さん無意識に使っていたりします。



●ソフトピンチ

●ハードピンチ

●開花中ピンチ&開花後ピンチ

の3種類なのですが、



「開花中ピンチ&開花後ピンチ」については、
どなたも必ず行っていますよね^^


きれいな花が咲いたら、
3分咲き~5分咲きくらいで、

切りバラとして楽しみます。。

それが開花中ピンチ。


そして木で花が満開に咲いた後、花がらつみを行うのが、

開花後ピンチです。


あたりまえに行っていますよね^^


次に「ハードピンチ」ですが、

バラ苗購入時、大苗のみから育てている方は、
行ったことない方もいるかもしれませんが、


新苗から育てている方は、
どなたも必ず行うピンチ方法です。


よく新苗を購入する時に、
店員さんや栽培パンフレットに、

「秋までは蕾がきても、一番上もしくはその下の5枚葉の上で、
 剪定ハサミで切り取ってくださいね」


って言われたり書いてあったりしませんか?


そんな感じでやや木が硬くなってから
ハサミを使って行うのがハードピンチなんです。


基本的には蕾を開花させずに、
(花が一番エネルギーを使う為です)

その分のエネルギーといいますか養分を、
枝葉の成長や充実に使うための手入れ方法となります。



最後に「ソフトピンチ」ですが、

ハードピンチをさらに”せっかち(笑)”にした感じなんです^^



ハードピンチでは蕾が大きくなった頃に、
ハサミを入れて、ピンチするのですが、


ソフトピンチは、ちょっと蕾が見え始めた頃や、
蕾すら見えない頃に、


指先で行うピンチなんです。


って言葉で言っても分かりづらいので、
↓画像で説明しますね^^


ソフトピンチ.jpg


本当に蕾も見えないでしょ(笑)


その切り取った新芽を分解すると、
↓こんな感じになるんです。


ソフトピンチ1.jpg



蕾って実は見えなくても、
ず~と前から大切に用意されているんですね^^


一説によると、
新芽が出て4~5cmくらいの頃には、

花芽は形成されるようですよ~



ですので蕾に使う莫大なエネルギーや養分を、
少しでも早く処理して、


早く充実した株や枝葉を作りたい時に使うのが

ソフトピンチなんです^^



今回は勉強っぽくて面白くなかったと思いますが、
どうだったでしょうか。。


あははww
(説明うまくならねば)



次回はソフトピンチの実例を行いますね。


最近多い四季咲きのつるばらは、
四季をとおして楽しめるので良いのですが、


花が咲き続ける分、
壁面やフェンスの一面を早く覆のは得意ではありません。



そんな時重宝するのがソフトピンチなんですよ^^

どうぞお楽しみに。。




最終更新:2012/08/23 16:39

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 6件

2008/10/19 22:35:01

よく分かりました

カマちゃんさん

ソフトピンチは、新苗の新芽を摘むことなんですね。
ついうっかり気づいた時には新苗に蕾がついていることがあり、こころを鬼にして蕾を剪定ばさみで切り落としています。
もっと早く見つけてあげれば良かったんですね。
新苗には、気を使います。苗がぐらぐら揺れないように支柱で固定したり、水やりも水圧を下げて優しくかけないと土が飛び散ったり、根っこがぐらぐらして生育が悪くなるようです。大事にてをかけないといけません。今は、新苗の観察と地道な青虫の駆除(手でとっています)に時間を費やしてます。
早く、大きくなって欲しい。
初心者の私は、大苗を購入した方が、安心で、管理しやすい感じです。しかし、これも経験。
庭だから、害虫を寄せ付けないことが無理なのですが、有機栽培に挑戦しています。

丁度、四季咲きのつるばらの話が出ていたので、アーチやトレリス、壁面に絡ませるポイントを、いつかご紹介していただきたいです。
つるばらですが、ナエマは真っ直ぐに太い幹が2mくらに伸びています。アーチにくるくる巻き付けるようにするのか分かりません。ピエールは何となく日が当たる方向に向かって茎がカーブしながら伸びてきました。このピエールはどのようにアーチに絡ませたら良いのか悩んでいます。枝を横に伸ばすには、壁面か、トレリスを並べて這わせても良いのかなと考えてはいるのですが。今は、バラの育て方、使用する資材によってバラをどこに配置するか、決められるとおもっています。

バラの成長とともに、ずっと悩んでいます。
冬の剪定前にアドバイスがいただけたら幸いです。

つるばらは、存在感がありますね。バラの特徴にあった育て方を早く覚えたいです。

2008/10/20 19:03:17

失礼しました

カマちゃんさん

ソフトピンチは、「新苗の新芽を摘むこと」だけではないのですね。

失礼しましたm(_ _)m

2008/10/22 16:44:57

ソフトじゃないピンチ!

Jamilさん

う~む、そうだったのか。

秋の剪定はかなりソフトでなければいけなかったのですね。
新苗のつぼみが見えてきたときだけだと思っていました。

私の秋の剪定は結構ばっさりいっていました。(全体の4/1位を切り落とす)
なぜなら、夏を越してすっかり葉が落ちてしまい、それでも律儀につぼみだけをつけようとするので
木が弱ると思い、何とか葉を茂らせようとばっさりいっていました。ばっさりの後には必ず
活力剤をあたえているので、みごと葉は復活しますが花数は少なくなりますね。

冬の剪定など本当に継ぎ目から20cmくらいのところでこれまたばっさりです。
調子の悪い子はほとんど丸坊主(ゲンコツ剪定)です。

木のためにはどうなんでしょう。。。
じめじめな山間地なので、なかなか葉をふさふさと保つことが出来ず、花だけ咲かせようと
木も必死なのでなかなか生育が芳しくありません。




2008/10/26 16:12:32

アドバイスありがとうございました

カマちゃんさん

前々回のブログで、ピエールの育て方について、アドバイスありがとうございました。
ピエールが伸びてきている方のアーチの横にトレリスを立て、太いシュートを誘引してみようと思います。

ナエマが、真っ直ぐ空に向かって伸びて、アーチの高さを超えてしまいました。これからは、脚立を使ってアーチに絡ませないといけません。ほんとに、たくましいバラです。

2008/11/06 02:31:57

カマちゃんさん

てんちょさん

今回はちょっと文章が下手で

あまりよく伝えられなくてゴメンなさい。。

もう少ししましたら続きかきますね^^

2008/11/06 02:33:53

Jamilさん

てんちょさん

秋剪定は、ある程度葉を残した方がよいですよ。

成長中になりますので、葉を落とした分根も枯れますから。

冬は種類にもよりますが深めで大丈夫です^^

ページ上部へ

カレンダー

2008年10月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

今月

過去の日記

2021年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2020年
2019年
【バラの栽培&品種選び掲示板】

こちらの掲示板はバラ好きの皆様のバラ栽培・バラ選びの一助となれば幸いと思い、店長木村裕治が個人的に返信しています。そのため、返信に時間がかかる場合もございます。

また、バラの育て方、品種選び以外の書き込みはすべて削除させていただきます。

ご理解・ご協力くださいますよう、よろしくお願いいたします。


【掲示板へのご返信ありがとうございます】

当店による返信にもたくさんの暖かいお礼のご返信をいただき、本当にありがとうございます。

掲示板のシステム上、当店からの返信は控えさせていただいていますがいつも嬉しく読ませていただいています。