【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

2019/06/03 17:49

おはようございます。

バラの家楽天店店長の木村やすはるです。



バラの家の実店舗の駐車場周りには
ロサオリエンティスのサンプルガーデン

『ホルトゥスロサオリエンティス』があるのですが、

ガーデンで密かに遂行されていたプロジェクトがあるのですが、

ついにこの春、目的が達成されました!!


オデュッセイアの巨大アーチプロジェクトです!


2019-6-3-1.jpg

写真だとわかりにくいかもしれませんが
高さが約3m、間口は約4m。

かなり大きく実物は結構迫力がありますよ^^


オデュッセイアを植えてある場所からだと全幅7mもあります!

両側から枝を5m以上伸ばし、ついに巨大アーチが完成しました♪





2019-6-3-9.jpg


オデュッセイアは四季咲きのシュラブで、
冬剪定で木立バラのように切り戻せば、
画像のように自立するシュラブとして仕立てる事もできますが

耐病性に優れ根がしっかりと育つ品種なので年月をかければ
大きな面積を覆うつるバラとして仕立てることも可能です。




2019-6-3-2.jpg

プロジェクトのスタートは2015年9月。

ちょうどアスファルトの敷き直しがあり、
その時にもともとあったアスファルトを剥がし、
砕石やアスファルトを取り除くことから始まりました。


20年以上アスファルトが敷いてあっただけあって
土の状態は非常に悪かったのをよく覚えています^^;



2019-6-3-3.jpg

土壌改良材として使用したのはバラの家 堆肥を5袋だけ。

画像をみるとこれだけで大丈夫なの?てt心配になりますね…。







しっかりと土作りをしてからオデュッセイアの長尺苗と
宿根草などを植えて最初のミッションは完了しました^^







2019-6-3-5.jpg

そして、8ヶ月後の2016年5月。

一度目の春は今から見ると寂しい感じですが、
冬までにさらに枝を伸ばし、しっかりと花を咲かせてくれました。




2019-6-3-6.jpg

それから3年の月日が経った2019年5月。

ついにオデュッセイアのアーチが上部で繋がりました!




2019-6-3-7.jpg

3m以上も上から見下ろすように花を咲かせるオデュッセイアは
いつもとは違って、また格別な美しさです。



2019-6-3-8.jpg


オデュッセイアの両脇には、
プロジェクト始動時にはなかったペネロペイアが咲き、

かなり可愛らしく見ごたえのある景観となりました。

やっぱりつるバラなどは3年ぐらいすると本領を発揮してきますね♪



プロジェクトの発起人でもあり、
オデュッセイアの生みの親、木村卓功も、

アーチの完成を心待ちにしていました。



実は冬の誘引の時から、

今年はアーチが繋がる繋がる♪

と何度も嬉しそうに言っていたんですよ^^



あまりに嬉しかったようで、珍しく自分から、

巨大アーチ完成の記念にオデュッセイアのSALEやりなよ!と言ってきました(´゚д゚`)


ということで、明日からスタートするスーパーSALEに合わせて、

オデュッセイアの新苗を520円OFFの1980円にて特価販売いたします\(^o^)/










ぜひぜひお得なこの機会に、
皆様のガーデンでもオデュッセイアを育ててくださいね♪





最終更新:2019/06/03 22:30

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2019/05/30 19:10

おはようございます。

バラの家楽天店店長の木村やすはるです。


春のバラシーズンはまだまだ続きますが、
怒涛の5月もようやくあと2日で終わりになります^^;


2017年5月29日に行ったシェエラザードとダフネの新苗の鉢増しから
ちょうど丸2年が過ぎたところです。


2017年5月29日の記事はこちら
新苗を育てよう! ー最初の鉢増し&ソフトピンチー

新苗を購入してから翌春の開花までに行う作業を、
1年間の時系列で紹介しています。




あの小さかったなバラ苗たちですが、








今年の5月にはこんなに立派に育ち、

2019-5-30-ばらぐらし.jpg

5月14日から20日に西武池袋本店で開催されたイベント
『バラぐらし』ではバラの家のブースで展示され、

ご来場の皆様は新苗が2年でこんなに育つの!?と
みなさまとてもびっくりされていました^^


そのときに何人かのお客様から、今年はブログで新苗育てないの?

と、声を掛けていただきましたので、
新苗を育てよう2019をスタートすることにいたしました♪




失敗しないバラ栽培のまず最初のポイントは品種選びです^^

2019-5-30-1.jpg


新苗を育てよう2019で選んだのは、

現在楽天市場店では完売中ですが最新品種のシャリマー

やす店長のお気に入りペネロペイアです。

どちらも育てやすく花つきの良いばらですよ!



基本的には2年前と同じ作業になります。

そのため過去の写真や文章を流用して行こうと思います。





それでは『新苗を育てよう2019』始めます!



新苗をご購入の皆様、

もう鉢増しは済ませていますか?



通常新苗は10cmほどの小さなポットに植えられていますが、

この小さな鉢は仮植え用の鉢なので、

これからどんどん育っていこうと思っているバラにとっては

すぐに窮屈になってしまいます!


そうならずにぐんぐん生長させるために、

新苗が届いたらまず最初にするのが鉢増しです^^



新苗が届いてるけどまだ鉢増ししていないよ!って方は

ぜひお早めに鉢増しをしてくださいね。


早く鉢増しすれば、それだけ早く生長してくれます♪



バラの育て方は、人によって様々だし、

こだわれば、こだわるほどに手間も時間もかかりますが、


今日は、初心者の方でも失敗が少なく、

それでいて手がかからない、

新苗の育て方を紹介したいと思います^^



2019-5-30-2.jpg


鉢増しに使う鉢はバラの家6号角深鉢がおすすめ。

慣れてくれば最初から大きな鉢に植えこんでも大丈夫ですが、


初心者の方は新苗の鉢より、一回り大きな6号鉢に植えてくださいね。



バラの根は土の乾湿を繰り返すことで水を求めて育ちます。


そのため、最初から大きな鉢に植えると、

土がなかなか乾かないので根の生長が遅くなってしまいます。


大きく育つ品種はまだいいですが、

コンパクトな品種なんかは根腐れを起こす危険もあるので注意してくださいね!




また地植えにする場合にも、

まずは鉢である程度大きく育ててからのほうが安心です^^


2017-5-29-1-新苗 3.jpg


まずは鉢底に培養土を4cmほどいれます。



2019-5-30-5.jpg



鉢増しにおすすめの培養土はプレミアローズセレクション培養土



詳しくはリンク先を見てもらうとわかりますが、

初心者の方の失敗に多い根腐れを起こしにくい用土です。


土選びはバラ栽培でいちばん大切なポイントですよ^^



2019-5-30-6.jpg


さらに良く育てたいという場合には、


鉢底の土にプレミアローズオーガニック肥料

元肥としてスプーン2杯入れて、



2019-5-30-7.jpg

培養土と軽く混ぜ合わせ



2019-5-30-8.jpg


その上からもう一度培養土をかけてから鉢増しすると

ワンランク上の生長を見せてくれます!


※元肥は多すぎると肥料焼けを起こすこともあるので

多肥には注意が必要です。





それでは新苗を鉢から抜いてみましょう♪



2019-5-30-ゆび1.jpg



人差し指と中指(中指と薬指でもok)の間に挟んで




2019-5-30-ゆび2.jpg



鉢をひっくり返して抜くだけ、


緊張しますね!







2019-5-30-9.jpg





じゃ~ん♪

根がしっかり張っているので土は崩れませんね!


早い時期に届いた新苗は根の張りが十分でなく

土が崩れてしまう場合もあります。

そんな時には慌てずに素早く植え替えてくださいね!


また、根が張りすぎてて抜けない場合には、

あらかじめ鉢を揉んでおくと抜けやすくなります。





鉢底から根がたくさん出ている場合には

根が引っかかって抜けない場合もあるので切ってください





2017-5-29-1-新苗 7.jpg


まずは鉢から抜いた新苗を6号鉢に置いて高さを確認します。

高さは新苗の土が、ちょうど6号鉢に線と同じくらいにします。


土が足りない場合や多い場合は、

いったん新苗を出して調整してくださいね^^





2017-5-29-1-新苗 8.jpg



周りの隙間を埋めるように培養土を足していきます。


この時に手で押したり、棒で突っついたりはしないでくださいね。







2017-5-29-1-新苗 9.jpg



鉢の線よりも多少多く土を入れたら






2017-5-29-1-新苗 10.jpg



鉢を持って、何度か軽くトントンとして土を安定させます。






2019-5-30-10.jpg


トントンするとちょうど線と同じくらいの高さになりました^^

足りない場合にはもう少し培養土を足してくださいね。




この時に接ぎ木したところが土から出るようにしてください。


また、切接ぎ苗はテープが巻いてありますが

まだこのテープは絶対に取らないようにしてください!





2019-5-30-接ぎ木.jpg



初めて水やりをする時は、できるだけふんわりとたっぷりやるのがポイントです。


強い水圧で水やりをすると表面の用土をかき混ぜてしまい、

素材によって比重が違うため、

良い用土で植えても団粒構造が壊されてしまうからです!



水遣りは鉢の縁までたっぷりやるのが基本。

ウォータースペースに水が貯まることで

用土全体に水が行き渡るようになります。


土をギリギリまで縁いっぱいに入れてしまうと、

しっかり水遣りをしたつもりでも、

表面しか濡れていないなんてこともあるのでご注意くださいね!



2019-5-30-11.jpg



水が引いて30分ほどしたらもう一度水遣りを

ウォータースペースたっぷり水をあげたら鉢増しの完成です\(^o^)/




新苗の場合はちょっとしたことで枝折れしやすいので

鉢増し後は必ずビニタイや麻ひもなどで支柱に留めておいてくださいね!



これで鉢増し作業は終了です♪


2019-5-30-12.jpg





そして、ひとつ大切なことがあります!





2017-5-29-1-新苗 16.jpg





届いた新苗に蕾があった場合にはすぐに切り取ってください。



新苗は人間で言うとまだ赤ちゃんみたいな苗なので

小さいうちに花を咲かせるとすぐに疲れてしまいます。




新苗に花を咲かせるとバラが疲れてしまい

夏の暑さで夏バテになり、

秋の長雨で黒点病になって…葉を落とし、


気づいら1年たっても同じ大きさなんてこともあります^^;



蕾を摘むのと摘まないのとでは、生育が大きく違ってきますので、

もったいないですが秋までは花を我慢してくださいね!



でもどうしても花が見たい時は

一輪だけ残して満開になる前に切って花瓶で楽しんでくださいね^^







2017-5-29-1-新苗 17.jpg



四季咲きのバラなどは新苗でもどんどん蕾を付けてきます。

できるだけこまめに観察をして、

蕾を見つけたら小さいうちに早めに摘んでくださいね!


鋏を使わないで手で摘めるうちに摘むのがポイント!






2017-5-29-1-新苗 18.jpg


小さな蕾を指先で摘んでポキっとするだけ






2017-5-29-1-新苗 19.jpg




この作業をソフトピンチと言います。


ソフトピンチをすることで枝数も増え

葉が増え、根が増えて健全な生育をします。



ソフトピンチの数だけバラが育ちますので

ぜひぜひ皆様もソフトピンチに励んでくださいね♪




また、一季咲きのつるバラなどは蕾が付きませんが、

ある程度の長さで先端を摘む作業をすると、

枝数が増え、同じようにしっかりとした株に育ちます。






最後にもうひとつ大切なポイントは、


できるだけ日当たりと風通しの良い場所で育ててくださいね^^

2019-5-30-13.jpg

他の苗の影になっていますが、
昼過ぎくらいまでは日が当たるを確保することが出来ました^^;



新苗を育てよう2019のペネロペイアとシャリマーは
バラの家実店舗にて育てていますので、
ご来店の歳にはぜひ気にかけてあげてくださいね♪







最終更新:2019/05/30 19:11

2019/05/24 19:45

おはようございます。

バラの家楽天店店長の木村やすはるです。




春のバラシーズンはまだまだ最盛期ですが、
早咲きのバラたちはすでに見頃を過ぎているバラたちもありますね。

咲き終わったバラたちはそのままにせず
花後の剪定は行っていますか?


まだの方は、花が咲き終わったら早めに花後剪定してくださいね!

早く剪定すれば、その分次の花も早く咲くし、

余計な体力も使わずに株も充実しますよ^^


さらに!咲き終わった花をそのままにしておくよりも見た目も綺麗!


バラの家の実店舗でもご来店の皆様に楽しんでいただけるよう
毎朝花後剪定を行っているんですよ♪


2019-5-25-1.jpg

国道旧4号から入るとすでにバラ色!

手前のピンクはペネロペイア、赤いバラはオデュッセイア



2019-5-25-2.jpg

反対側から見てもバラ色!!

根前の紫はローズシナクティフ
中央の柔らかなピンクはピエールドゥロンサール



2019-5-25-3.jpg

木立仕立てのオデュッセイアが見頃を迎えています!




2019-5-25-4.jpg

シェエラザードもまだまだ見頃!


先日の大雨を感じさせないくらいにどのバラも素敵に咲いていますね。
これが花がらがそのまま残しておいたらせっかくの綺麗なバラたちも
すこし残念な景観になってしまいますよね^^;




2019-5-25-5.jpg

トイレのダフネちゃんもまだまだ頑張っています!

ダフネは花が可愛く丈夫で育てやすいのが魅力ですが、
もう10日以上前から咲いていて、雨にも負けない強い花弁も魅力のひとつですよね^^





でも、今年初めてバラをお育ての方にしたら、

花後剪定も初めての経験になると思います。



2019-5-25 6.jpg


基本はこんな感じで咲いている花枝の半分まで切り戻すだけです♪



今日は初めての方でもわかりやすいように、

花後剪定の基本を簡単に紹介したいと思います^^






花後剪定の基本はこんな感じです♪


2017-5-31 花後剪定 1.jpg



一番花が咲いた枝の約1/2の高さを目安に

葉の付け根のすぐ上5mm~1cmで切ります。



また、内側に向いている葉のすぐ上で切ると

内芽と言って、葉の付け根から内側に向かって芽が伸び、


外側に向いている葉のすぐ上で切ると

外芽と言って、葉の付け根から外側に向かって芽が伸びます。




内芽外芽を上手くコントロールすると、

思い通りの樹形に育てることが出来ます^^


株を広げたい場合には外芽で、

株を細めにしたい場合には内芽を出すように剪定してくださいね♪





実際に切ってみるとこんな感じです。


2017-5-31 花後剪定 2.jpg


株の外側に向いてる葉のすぐ上で切ったので外芽が出て、

これを繰り返すと横張りの樹形になっていきます。



スペースの関係上などで、あまり広げたくない場合には、

内側を向いている葉のすぐ上で剪定してくださいね^^










房咲きのバラの場合は、



2017-5-31 花後剪定 3.jpg


中心の花が咲き終わったら、

まずはその花だけ切ります。


品種によって、中心の花が咲いたままで、

周りの花もいっしょに咲いてくるバラもあります。


そんな場合には咲き終わった花から切ってくださいね!






2017-5-31 花後剪定 4.jpg


ひと房すべての花が咲き終わったら、

基本通りに咲いてる枝の約1/2で切ってください。



花枝が短かく、1/2より低い位置から枝分かれしてる場合は

枝分かれ下の葉の、すぐ上5mm~1cmで切ってください^^









花後剪定をしようと思ったら、

もうすでに芽が出てしまっている場合には、





2017-5-31 花後剪定 5.jpg



やっぱり同じように約1/2の位置で切ってください。

この時にもったいないと思って残してもあまり良い花が咲かないし、


その花の後の剪定位置も、

花枝が短くどこで切ったらいいのか、

わからなくなってしまいます^^;







2017-5-31 花後剪定 6.jpg


こんなパターンもどこで切ればいいのか迷っちゃいますよね^^;









2017-5-31 花後剪定 7.jpg




こんな時も基本と同じで、咲いた花から切って、

すべての花が咲き終わったら、約1/2の位置で切ればOKです!




花後剪定をすると品種や苗の状態にもよりますが、

約40日ほどで次の花、2番花が咲いてきます。



2番花が咲いたらそれ以降の花後剪定も同じように行ってくださいね^^



また、基本的に肥料は月に一度定期的にあげるのをおすすめしていますが、

まだ肥料をあげたことがないという方は、

このタイミングで肥料をあげれば良い芽が出てきますよ\(^o^)/











おまけ



2019-5-25-8.jpg

長男の記念樹ロングジョンシルバーが開花しました^^



2019-5-25-7.jpg


3mのポール仕立て。
となりは長女の記念樹です。






最終更新:2019/05/24 19:45

2019/05/03 19:17

おはようございます。

バラの家楽天店店長の木村やすはるです。


ゴールデンウィークもいよいよ後半ですね!
また、やす店長には関係ないのですが、

そでれも全国バラ好きの皆様にご来店いただけ
お声掛けしていただけるので、

じつはゴールデンウィークは大好きなんです^^





実店舗のモッコウバラはというと…







2019-5-3-1.jpg

今まさに見頃を迎えています。

少し離れたところまで白モッコウの甘い香りが
風に乗ってただよって来るんですよ♪





2019-5-3-2.jpg

ロサオリエンティスの庭の方はというと、
本格的な開花まではもう少し!




引いた写真だとわかりませんが

ほんの少しですが開花が始まっています^^




2019-5-3-3.jpg

ニンファ Ninfa



透明感があって可愛らしいですね。




実店舗ハウスの中はだいぶ開花株が充実してきました^^



2019-5-3-4.jpg


このハウスにはいると、バラの香りに包まれて、
みなさんまずは香りにびっくりされます。


実は入口をはいってすぐのところで
シェエラザードが咲いているので、

たぶんその香りなんじゃないかなと思いますが(笑)



2019-5-3-5.jpg




2019-5-3-6.jpg

もちろん、その他にも香りのよりバラが酪酸咲いていますよ^^;






そして、我家の開花第一号はというと…









2019-5-3-7.jpg

予想を覆し、ロサウッドシーフェンドレリが最初に開花しまた!






2019-5-3-8.jpg

優しいピンクの一重の花が可愛らしい原種のバラです。
次女の記念樹として植えたバラです。


彼女も二年生にあったなったので

このバラももう少しで植えて8歳になろうとしています。






2019-5-3-9.jpg

茜富士ももう少しで開花しそうです。




2019-5-3-10.jpg

ほとんど日が当たらない反日陰に植えてあって
さらに影になるところに出来た蕾なので開花が遅れているようです^^;







こちらは長女と長男の記念樹。

2019-5-3-11.jpg

ポール仕立てのこのバラたちは遅咲き品種なので
開花は5月後半頃になるのかな?。

現在は蕾がいっぱいなので咲いたらまた紹介しますね♪



最終更新:2019/05/03 19:17

2019/04/27 18:24

おはようございます。

バラの家楽天店店長の木村やすはるです。


2019-4-27-1-ヘブンオンアース.jpg

アプリコットオレンジの花色に可愛らしいカップ咲き
中輪房咲き ティにフルーツの混じる落ち着く香り“ヘブンオンアース”





アプリコットオレンジのコロンとした丸い蕾がひらくと
カップ~ロゼット咲きのおおらかで優雅な大輪の花を咲かせる。

しっとりと落ち着いた花色は開花につれ、優しいアプリコットへ変化します。

花にはティ香にフルーツ香の混じる上品で個性的な芳香。


しっとりとした花弁の優雅な大輪の花に陽が射すと、

“地上の楽園”という花名を想わせるような
癒やしと神々しさを醸し出す素晴らしい表情を見せます。


2019-4-27-2-ヘブンオンアース.jpg


しなやかな枝に大きめの花を房に咲かせ、
春から秋までよく咲くフロリバンダのようなシュラブローズ。

冬剪定で切り戻さず誘引すれば、
小型のオベリスクやトレリスなどに誘引するのにも向きます。


耐病性に優れ樹勢も良いので初心者でも育てやすく
オーガニック栽培でも育てやすいバラです。








ということで、
今日からゴールデンウィークは始まりました!

本日もご来店いただきました皆様ありがとうございます。

ロサオリの庭のバラの開花はもう少し先ですが、
モッコウバラやハウスの中ではたくさんの花が咲き始めています。


バラの家実店舗は4月29日(月)と5月6日(月)は定休日となります。

また、営業時間は9時30分から17時となります。

お越しの際には定休日と営業時間のご確認をよろしくお願いいたします^^





久しぶりに店長ブログで新苗から育ててきたシェエラザードとダフネの様子も紹介しますね♪




2019-4-27-3.jpg

シェエラザードはというと、

ファイバーークレイの鉢をカバーにしてずいぶん立派に見えるようになりました。

いえいえ、見えるんじゃなくてほんとに立派です^^

ファイバークレイの鉢は一辺が38cmもあるんですよ!





2019-4-27-4.jpg


ダフネの鉢は一回り小さい32cm。

アイボリーのグローフェンスに誘引して上から下まで蕾がいっぱいです♪




2017年の5月末から新苗を育て始めてもうすぐまる2年です。
昨年もたくさんの花を楽しませてくれましたが、

当たり前ですが、今年はそれ以上に楽しませてくれそうです^^






2019-4-27-5.jpg

用土替え実験のローズドゥグランヴィルも元気ですよ!








2019-4-27-6.jpg


そして、自宅のロサウッドシーフェンドレリもふさふさです♪






2019-4-27-7.jpg

蕾もいっぱい!毎年我が家で一番先に咲きだすバラですが、

今年はどうやら二番手になりそうです。





2019-4-27-8.jpg

おそらく一番に咲くのはこのバラです!




2019-4-27-9.jpg

ピンクの一重が可愛らしい茜富士です。

ガクが割れピンクの花弁が見えているので開花までもう少し!


















本日のおまけ


2019-4-27-10.jpg

ブログ用の撮影かな?


最終更新:2019/04/27 18:30

ページ上部へ

カレンダー

2020年2月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

今月

過去の日記

2020年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年
2018年
【バラの栽培&品種選び掲示板】

こちらの掲示板はバラ好きの皆様のバラ栽培・バラ選びの一助となれば幸いと思い、店長木村裕治が個人的に返信しています。そのため、返信に時間がかかる場合もございます。

また、バラの育て方、品種選び以外の書き込みはすべて削除させていただきます。

ご理解・ご協力くださいますよう、よろしくお願いいたします。


【掲示板へのご返信ありがとうございます】

当店による返信にもたくさんの暖かいお礼のご返信をいただき、本当にありがとうございます。

掲示板のシステム上、当店からの返信は控えさせていただいていますがいつも嬉しく読ませていただいています。