【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

2019/01/14 18:21

おはようございます。

バラの家楽天店店長の木村やすはるです。



この冬は暖冬ということで安心しきっていましたが、

先週辺りからかなり寒くなってきました。


バラの家のある埼玉県東部の杉戸町では
マイナス5度を下回る日も出てきています。

さすが一年でも一番寒い時期ですね^^;



という事で、冬剪定や用土替えなどの最適期になりますね♪


今日は風もなく穏やかなので


新苗を育てようシリーズのシェエラザードとダフネの

用土替えや冬剪定をやってしまいましょう♪




まずは木立性のシェエラザードから

2019-1-14-1.jpg


2017年の5月から育て始めてから1年と7ヶ月も経ち

かなり立派になってきました^^


あの小さかった頃が懐かしいですね





2019-1-14-2.jpg

サクサクっと切って冬剪定は完成です\(^o^)/

チャチャっと用土替えも済ませてしまいました^^


木立性の冬剪定用土替えについては基本は昨年と同じになりますので

詳しくは↓こちらのページをご覧になってください。

新苗を育てよう! ー冬の作業その1 冬剪定 ー

新苗を育てよう! ー冬の作業その3 用土替え ー


基本的に同じと言っても一年経っているので、

枝数がだいぶ増え、株のボリュームもかなりアップしています。






続いてシュラブ性のダフネ


2019-1-14-3.jpg


夏剪定直後の悪天候の影響で開花が遅れましたが

秋にもたくさんの花を咲かせ楽しませてくれました。

開花後もそのままだったのでまだ花がついていますね^^;



昨年は鉢増ししたばかりで、

表土にバラの家堆肥をかぶせただけでしたので
今年は鉢増しか用土替えを行いたいところですが、


現在ロゼアスクエア330型に植わっているので
これ以上大きな鉢に鉢増しする予定はありません。

ということで用土替えを行うのですが、

シュラブやつるばらなどは枝を誘引させて
春にたくさんの花を咲かせるのが一番の醍醐味のバラです。


しかしながら木立性のバラと同じように根鉢をたくさん崩して用土替えをすると

根が土をしっかりと掴んでいないため、根に対して枝が多すぎるため、

根の負担が大きくなり枝を支えるのでいっぱいいっぱいになります。


そうなると花を咲かせるだけの余裕がなく、花数が少なくなってしまうんです。


じゃあどうしましょう??




答えは欲張らないです!簡単でしょう^^




2019-1-14-4.jpg

用土替えを行うのでまずは枝先を軽く切り戻し、
葉を落として、トレリスから誘引をはずします。


枝が長すぎる場合はこの時点である程度切り戻しておきます。


2019-1-14-5.jpg

鉢から抜くとこんな感じです。

今年1年この鉢のままだと夏前には
根が張るスペースが完全に無くなりそうです


それでは用土を崩していきます。

2019-1-14-6.jpg

欲張らずに用土を崩すのがポイントです^^


根がぎっしり貼っている鉢底と側面、肩の部分だけを崩します。

この時にプラントハンター根切りを使うと

根が密集している肩と底はのこぎりの様に切り取れるので

たくさんのバラを育てている方にはかなりおすすめです。





2019-1-14-7.jpg

こんな感じで根がぎっしり張った表面の土を取り除きます。

根鉢の肩の部分などは、ミニくまでなどを使い気になる部分は崩します。





2019-1-14-8.jpg

太い根など切り口が汚くなってしまった場合は


2019-1-14-9.jpg

よく切れる剪定ばさみなどで切り戻してください。








2019-1-14-10.jpg

根鉢の表面だけを取り除くと一回りくらい小さくなります。

あとは鉢増しと同じように元の鉢に植え直すだけ^^


鉢増しについて詳しくは
↓こちらのページをご覧になってください。

新苗を育てよう! ー2度目の鉢増しー





2019-1-14-11.jpg

それではトレリスに誘引していきましょう♪


誘引について基本は昨年と同じになりますので

詳しくは↓こちらのページをご覧になってください。

新苗を育てよう! ー冬の作業その2 誘引 ー



ここでも欲張らずに剪定と誘引するのがポイントです^^


根鉢を1/4程度崩しているので、
枝も同じように最低でも1/4は切り戻しながら誘引します。



2019-1-14-13.jpg


心配な場合は欲張らずに1/3くらい切り戻したほうが、

根の負担が減るので春にはしっかりと花を咲かせます♪



どれだけ枝を残したいかによって崩す土の量も加減してください。

ただし、欲張って枝を多く残すのはだめですよ^^





2019-1-14-14.jpg

どちらも今はスッキリしていますが

春にはたくさんの花を咲かせますので楽しみにしていてくださいね♪








最終更新:2019/01/14 18:21

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2019/01/03 12:27

2019-1-1-オデュッセイア.jpg

オデュッセイア



明けましておめでとうございます。
バラの家楽天店店長の木村やすはるです。




今年は3年ぶりに自宅で新年を迎え、

ご来光は子供部屋からの拝観となりました。





ちょうど高圧線の鉄塔と重なりましたが、

美しく輝く太陽を拝むことができました。


3年連続で初日の出を見ることができましたので、

運勢は確実に右肩上がりなんじゃないかと期待しちゃいます^^



2015年の元旦から書き始めたこのブログも、

今年より5年目にはいります!


相変わらずマイペースな更新となってしまいますが

育て方や、品種の紹介などを中心にして、

バラ好きのみなさまに喜んでもらえるような、


そして、まだバラを育ててないけど興味がある皆さんの

背中をそっと押せるように、

ブログを更新して行きたいと思います。




2019年もバラの家店長ブログ-ばらのおはなし-を、

どうぞよろしくお願い申し上げます。


















1日2日は家内の実家のある栃木県那須塩原へ。

小2の次女が雪で作ったトナカイがなかなか優秀でした^^


2019-1-3.jpg








最終更新:2019/01/03 12:27

2018/12/31 17:19

2018-12-31-1-アキレス.jpg


おはようございます。

バラの家楽天店店長の木村やすはるです。


2018年も残すところあと数時間となりましたね。

今年も1年間ブログをご覧になって頂きありがとうございました。



思えば2018年は自然の厳しさを改めて思い知った一年でした。


年明けから異常な寒さで、
バラの家のある埼玉県東部でもマイナス9度を記録。

そして、梅雨がなく春から夏へと急展開で季節は変化し、
異常な暑さが7月上旬から8月下旬まで続き、

人にとっても、バラに厳しい環境となりました。


きっとブログを見てくれている皆様の中にも
大切に育ててきたバラを弱らせてしまったという方も

もしかしたら多いのではないかと思います。


でも、適時に適切なケアしたバラたちは
気づいたらしっかりと回復してくれます。


このブログでは、そんなケアを含め、タイミングを逃さずに
それぞれの時期の作業などを紹介していきたいと思いますので

来年もどうぞよろしくお願いいたします^^








これから長男が初めて打った年越しソバをいただき、

晦日払いなどをして、自宅でゆっくり新年を迎えたいと思います。





2018-12-31-2.jpg



2018-12-31-3.jpg





2018年も本当にありがとうございました!


みなさま、どうぞよいお年をお迎えください。






バラの家楽天店 店長 木村裕治






最終更新:2018/12/31 17:19

2018/12/24 18:56


Merry Christmas☆彡

バラの家楽天店店長の木村やすはるです。


今日はクリスマスイブということで、
いよいよ2018年もあと一週間ですね!

12月中旬くらいに寒い日が続きましたが
今年は今のところ寒さはそれほど厳しくはありませんが、

天気予報を見ると週末からかなり寒さが厳しくなるようですので

皆様風邪などには十分に気をつけてくださいね^^


12月30日前後の予想最低気温は、

バラの家のある埼玉県東部の杉戸町でマイナス5度程度まで下がるようです。

埼玉というと東京のすぐ近くだし、熊谷などのイメージもありますが
暖地の中では比較的気温が下がる地域なんですよ!


マイナス5度程度でしたらしばらく鉢植えや地植えで育てている株でしたら
寒さに特別弱い品種を除けば、ほとんどの品種は問題ない気温なのですが、

今年畑から掘り上げられたばかりのまだ根が土を掴んでいないような大苗には、
マイナス5度でも少し厳しい寒さになります。


しかしながら、寒さよりも厳しいのが今日のような冷たく乾いた強風です。


ピエールドゥロンサールやダフネ、アリアドネなど樹勢の強いバラにとっては

そのくらいの強風や寒さでも問題のない品種も多いのですが、

紫や黄色、などの変わった花色や、切り花品種など

繊細な品種などにとっては非常に過酷な環境になり、
枝枯れなどの直接的な原因になります。



そこで、バラの家では、品種の特性と苗の状態によって
置き場を、屋外とハウスに分けて管理しています。

ハウスと言っても無加温で風のない時などは窓を開け
しっかりと寒さを与えています。





バラの家の農場は何も遮るものがない関東平野のど真ん中の
さらに田んぼの真ん中にあるのでかなりの強風が吹き荒れます

2018-12-24-1.jpg


そのため、不織布でバラ苗をすっぽり覆うことで
冷たく乾いた強風から苗をガードして、

堀り上げ大苗の枯れ込みの対策をしています。



2018-12-24-2.jpg

みなさんご存知だとい思いますが、
バラにはトゲがあるため、どんなに気をつけても
不織布はすぐに穴だらけになってしまいます。

穴だらけになると乾いた風邪が入りここみ効果が落ちてしまいますので

試行錯誤を繰り返し今のトンネル作戦です^^




2018-12-24-3.jpg


これから寒さが本格化してくる季節なので、

ぜひ皆さんのガーデンでも今年の掘り上げ大苗がありましたら

北風や西風などの当たらない場所で管理してくださいね!


どうしても当たってしまう場合には不織布やダンボールなどでも良いので

なるべく乾いた風が当たらない様に工夫してみてください^^


それでは皆様よいクリスマスを♪






最終更新:2018/12/24 18:56

2018/12/14 18:44

おはようございます。

バラの家楽天店店長の木村やすはるです。



2018年も残すところあと半月!

そして、もういくつ寝るとクリスマス\(^o^)/


今日はやす店長サンタから皆様にクリスマスプレゼントをご用意しました♪

どんなプレゼントかと言うと、

クリスマスプレゼントには少し早いんじゃないの??
いやいや少し遅いんじゃない??


と、なんとも言えないタイミングのプレゼントです^^;



ブログのタイトルを見ればバレバレですが、

実は2019年のロサオリエンティスカレンダーを作りました!



2018-12-14-1.jpg


2018年12月から2019年12月までの13ヶ月分のカレンダーです。


もう12月も中旬なのにちょっと遅すぎなんじゃないの??

と、怒られてしまうと思いますが、どうかお許しくださいm(_ _)m



コチラのカレンダーを12月14日午前10時より
即納商品を3000円以上お買い上げの皆様にプレゼントいたします^^





手前味噌になってはしまいますが、

かなり良く出来たんじゃないかなと自画自賛しています♪

そろそろどんなカレンダーか気になりだしてきたんじゃないですか^^


特別にいくつか紹介しちゃいますね。





2018-12-14-2.jpg

1月は今年の最新品種リサリサ

上部半分がバラの写真で下半分がが書き込みもしやすいように
シンプルなカレンダーとなっています。

左下には品種の説明が入ります^^




2018-12-14-4.jpg

7月も新品種のロマンティックチュチュ

咲き始めの明るい花色も好きですが、
咲き進み退色した花色がなんとも言えず大好きなバラです♪



2018-12-14-5.jpg

9月はラピスラズリ

こちらは先月撮影したばかりの写真です。
秋のこっくりとした花色とコロンとした花形が素敵でしょ♪



2018-12-14-6.jpg

そして、12月はオデュッセイア

クリスマスカラーと言うわけでありませんが、

一年の最後を締めくくるにはやっぱりこのバラかな^^








カレンダー単体での販売も行っていますので、

このまえ買い物したばかりだけどカレンダーが気になるという方は

メール便にて送料無料1080円にて販売中ですので、

ぜひぜひご検討くださいませ♪







あとがき

いつも縦写真ばかり撮ってるから横写真を選ぶのが大変でした。






最終更新:2018/12/14 18:44

ページ上部へ

カレンダー

2019年1月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

今月

過去の日記

2019年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2018年
2017年
【ご返信ありがとうございます】

当店による返信にもたくさんの暖かいお礼のご返信をいただき、本当にありがとうございます。

掲示板のシステム上、当店からの返信は控えさせていただいていますがいつも嬉しく読ませていただいています。