【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

2021/03/17 18:17



おはようございます。

バラの家楽天店店長の木村やすはるです。



今日はバラ苗の生産についておはなししたいと思います。

まずは、よく頂くご質問を紹介します。


Q,届いた苗の株元に綿(スポンジ)のようなものがあります。
 これは取り除くべきなのでしょうか?生育に影響はありませんか?



2021-3-16-1.jpg


2021-3-16-2.jpg

綿のようなものとは↑こちらの株元に見えるものです。


綿のようなものはロックウールになります。

商品ページにも画像つきで紹介していますが、
癌腫抵抗性台木使用のロサオリエンティスは特殊な接ぎ木法の為、
一部を除きほぼすべての苗でロックウールを使用しています。



ロックウールの主成分はケイ酸とカルシウムのため
微量の肥料分も含み物理性の改善に役立っており取らなくても問題ありません。

また、土には還りますが時間はとても長くかかるので、
気になる場合は休眠期になりましたら取り除いてください。



一般的に園芸種を増やす時には種を蒔いても違うバラが生まれ、
全く同じ性質を持つバラは生まれません。

そこで、原種であるノイバラの種を蒔き台木として畑で育て、
夏から秋に掛けて芽を接ぐ芽接ぎと、

冬に掘り上げた台木に枝を接ぐ切り接ぎで増やします。



しかしながら、癌腫抵抗性台木の場合は他の園芸種と同じで、
種を蒔いても違うバラしか生えて来ません。

そのため、園芸種の接ぎ木と台木の挿し木を同時に行います。
その際に台木を挿すのがロックウールです。


2021-3-16-4.jpg
癌腫抵抗性台木の挿し木

昨年までは接ぎ挿し苗だけでしたが、
今年からは挿し木した癌腫抵抗性台木を育てて、
夏から秋に芽接ぎした苗も流通するようになります。



ロックウールの良いところは吸水性と保水性に優れ、
根に空気も行きわりやすくバラを始め植物の生育に最適です。

さらにもうひとつ良いのが“無菌”ということです。

もともと癌腫に感染しにくい癌腫抵抗性台木を
無菌のロックウールで生産することで、

さらに癌腫病の感染リスクを軽減することができるんです。



2021-3-16-5.jpg

ロックウールで挿し木や接ぎ挿しした苗は、
しっかりと消毒され、他の苗とは隔離した場所で発根発芽させます。






2021-3-16-3.jpg

しばらくロックウール栽培をした苗は、
癌腫の感染対策として真新しい培養土で植え付けます。


癌腫病が日本に入ってきたのは明治時代と言われています。

癌腫の菌はバラ以外の植物にも感染するため、

バラ以外の農地や、接ぎ木や挿し木で増やした植物が植えられている場所などでも、
長い年月をかけて癌腫の菌が繁殖してしまっています。


そのため、発芽や植え付け作業などは隔離された工場のような場所で行い、

培養土もただ新しいだけではなく、

原材料も癌腫の菌のいない地層の深い場所から掘り上げられる赤玉土やピートモス、
また、癌腫の菌が寄生できない単子葉植物のココピートなどを使用しています。




2021-3-16-8.jpg

見えるのは癌腫抵抗性台木使用の接ぎ挿し苗


2021-3-16-7.jpg

接ぎ挿しではなく、挿し木の癌腫抵抗性台木に芽接ぎした苗




バラの家では他社のブランドローズを除き、
ほぼすべての苗を自社で生産しています。



本当は自社生産の苗はすべて癌腫抵抗性台木で生産するのがベストなのですが、

ノイバラの切り接ぎや芽接ぎに比べて癌腫抵抗性台木の生産は、

手間や場所、時間が必要で、さらにコストも掛かるため、
これ以上は生産量を増やすのは難しいのが現実です。


そのため、一般品種などにつきましては、
ノイバラ台木での生産をメインとして行っています。

また、一般品種でもロックウール生産も試験的に行っているため
株元にロックウールを使用している場合もございます。



もちろんノイバラ生産でも癌腫感染対策はしっかりと行っています。


2021-3-16-6.jpg

ノイバラの種はしっかりと消毒されたトレーを使い、
真新しい培養土に蒔き、消毒されたビニールで隔離しています。




2021-3-16-9.jpg

接ぎ木した苗は、感染リスクを軽減するために
苗床で発根や発芽はさせず、直接真新しい培養土に植え付けます。







2021-3-16-10.jpg

真新しい培養土、ポットに植え付け発芽したばかりの切り接ぎ苗



2021-3-16-11.jpg

切り接ぎは主に少量生産品種で行っています。

少量生産品種は品種間違いのないように
植え付けと一緒に品種ラベルも付けて行くので、
現在は新芽よりもラベルのほうが目立つ状態です






2021-3-16-12.jpg

こちらは芽接ぎ苗。
主に大量生産する人気の定番品種で行っています。

現在は品種が変わる境目だけにラベルが刺さっています。
多いものでは何千と同じ品種が並んでいるんですよ!




今年も4月中旬ころより、
バラ新苗の販売を順次開始する予定です。

あと一ヶ月ほどとなりました。

楽しみにお待ちの皆様も多いと思いますが、
新苗の販売開始まで楽しみにお待ちくださいませ^^




木村裕治

最終更新:2021/03/17 18:31

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2021/03/15 17:07


おはようございます。

バラの家楽天店店長の木村やすはるです。



3月も中旬になり気温が20度を上回る日も出てきました。

東京などでは桜も咲きはじめ、
いよいよ春らしくなってきましたね^^


2月に冬剪定をしたシェエラザードやシャリマーも元気な新芽がいっぱいです♪

2021-3-15 1.jpg


とはいえ5月の開花まではあと2ヶ月。

きっとバラ好きの皆様にとってはまだ2ヶ月もある、
…だと思いますが、


バラ苗生産をしているやす店長にとっては、
もう2ヶ月しかありません^^;

生産の話はまた今度するとして、

冬から春へと季節が移ろう今が、
バラのお世話も生育期仕様へと変えるタイミングなんです。



2021-3-15-2.jpg


2021-3-15-3.jpg


3月中旬になり、バラの新芽が出て3cm位伸び、
新芽が展開し始めたら最初の肥料を与える合図です。


実は見た目ではわかりませんが、
バラの蕾は新芽が3cm位伸びた頃に形成されます。


3月中旬頃になったらIB肥料を規定量あげるだけで、
春のバラシーズンの開花に大きな差が出ます。


オーガニック肥料
など有機肥料を与える場合は、
効果が出るのに時間がかかるので3月初旬に施肥してください。




2021-3-15-4.jpg



肥料を撒く時のポイントは、
一箇所に集中してではなく、全体に広げて撒いてください。

できれば株の近くではなく縁の近くがベストですが、
だいたい広がればOKと思ってください^^



ただし、フォーユアホームやモンクゥールなど
深いカップ咲きや花弁が多く、香りの良い品種は、

肥料が多すぎるとボーリングと言って
蕾のまま開花することが出来ない場合があります。

そんなバラは1番花までは肥料を与えなかったり、
控えめにするなどすると綺麗に咲きやすくなります。



そして肥料を与えるとと、出てくるのがうどんこ病です。

それから3月中旬ころから出て来る害虫がアブラムシです。

特にベランダなどは暖かく発生も早いので要注意です。


2021-3-15-5.jpg


3月中旬頃、新芽が開き始めてきたら、

肥料と同時に薬剤散布を始める合図でもあります。


薬剤散布についてはこちらをご覧ください。




また、経験則になりますが、

新芽が出始めた頃に殺菌剤を散布しておくと、
雨の多い季節に困る黒星病にも効果があります。


黒星病は症状の出ない時期でも、ひっそりと菌が繁殖するので、

症状の出ないと時にも最低限の薬剤散布をするのがおすすめです。

うどんこ病は罹るとすぐに白い粉が出ますが、
黒星病はゆっくり時間を掛けて黒い斑点がでてくるイメージですね。



それにしても最近は便利な資材が出てきています。

土にまくだけ!ベニカXガード 粒剤 550g


2021-3-15-6.jpg


株元にばらまくだけでコガネムシの幼虫に効果があります。
また、小さな株や草花などであればアブラムシやアオムシなどにも効果があります。

さらに!微生物(B.t.菌)の働きによって、
植物の抵抗力を高めて丈夫にすることで病気をうどんこ病や黒星病の予防することもでます。

つまり、アブラムシやうどんこ病が出始める今が、
ベニカXガードを使用するベストなタイミングなのです。

ということは、今のタイミングでベニカXガードをまくことで、
普段の薬剤散布の回数を減らすことができるんです♪



皆様も素敵な春のバラシーズンをお迎えできるよう
開花に向けへのお手入れを始めてくださいね^^




木村裕治

最終更新:2021/03/15 17:07

2021/02/12 17:43

おはようございます。

バラの家楽天店店長の木村やすはるです。



バラと言うと今の時期はオフシ-ズンなわけですが、
生産から行っているバラの家では仕込みの真っ最中で、
春に負けず劣らず仕事に追われる毎日を過ごしています。

そんなこんなで気づいたらもうすぐで2月も折り返しです。
なかなかブログを更新することが出来ず申し訳ありません。


2月中旬になると冬剪定や用土替えの最適なシーズンもそろそろ終わりになります。

比較的暖かい暖地にお住まいの方で、つるバラなどの誘引がまだの方は、
お早めに誘引していただくのがおすすめです。

新芽もだいぶ伸び始め根の生育も活発になっていきます。
冬剪定は2月中に、用土替えや寒肥などは2月中旬頃までに行ってください!



昨年のブログになりますが、冬剪定や用土替えについて、
画像つきで紹介しているページを張っておきますので
これからの方はぜひご参考にしてください。



シャリマーの冬剪定 新苗を育てよう2019

冬の用土替え 新苗を育てよう2019

ペネロペイアの誘引 新苗を育てよう2019





2021-2-12-1.jpg

そのブログで紹介したシャリマーとペネロペイアと、

新苗を育てよう2017のシェエラザードとダフネも剪定&用土替えを行いました。





2021-2-12-2.jpg

時間がないのでささっと済ませたので
ダフネとペネロペイアの古い誘引は解かずに
基本は剪定だけを行っています。


写真はAfterだけでお許しくださいm(_ _)m





2021-2-12-3.jpg

シェエラザード


2021-2-12-4.jpg

ダフネ


2021-2-12-5.jpg


シャリマー



2021-2-12-6.jpg

ペネロペイア


2021-2-12-7.jpg

実店舗のバラたちも只今剪定作業の真っ最中!





もちろん我家のバラも剪定&用土替えを行いました♪



2021-2-12-8.jpg

ハッピーマザーズデー


2021-2-12-9.jpg

ピンクの濃淡のグラデーションにコロンとしたカップ咲き
小さな花をたわわに咲かせるとっても可愛らしい小輪花です。




2021-2-12-10.jpg

ベーシーズパープルローズ

2021-2-12-11.jpg

深い赤紫に黄金色のシベが美しい一重咲き
返り咲き性に優れとても丈夫なルゴサローズ。

我が家ではヤマモミジの下で日当たりが悪いながらも
きれいな花を楽しませてくれています。




木村裕治

最終更新:2021/02/12 17:43

2021/01/01 16:57



2021-1-1.jpg

シャリマー



明けましておめでとうございます。
バラの家楽天店店長の木村やすはるです。

今年も無事に新しい年を迎える事ができました。

昨年まで元日は杉戸の実家と、
家内の実家のある栃木県那須塩原へ挨拶に伺うのが恒例でしたが、

今年は那須塩原には帰省せずに、杉戸町で1日を過ごしています。


今までは新年を迎えるのが当たり前のことでしたが、
今年は本当に無事に年を越せたことが本当にありがたく思います。

このブログを読んでくれている皆様は実感している方が多い思いますが、
バラを始め植物には人を元気にする力があります。

バラ苗専門店の店長として頑張るべきことはできるだけ多くの皆様に
バラのある暮らしの手伝いをすることだと思います。


コロナ感染拡大以降は実店舗で開催している講習会“バラ塾”も休止となり、
バラ初心者の皆様へのフォローが十分に行うことが出来ていません。

まずはこのブログを通して冬剪定や用土替えなど、
休眠期の作業など育て方を紹介していこうと考えています。


現在は園芸店としてはオフシーズンに当たりますが、
バラ苗生産としては春と同様に忙しい毎日の繰り返しです。

どうしても仕事をこなしていく日々が続いてしまいますが、
少しでもこのブログを更新してバラの素晴らしさをお伝えしたいと思います。



2021年もバラの家 店長ブログ-ばらのおはなし-を、
どうぞよろしくお願い申し上げます。


木村裕治

最終更新:2021/01/01 16:57

2020/12/04 18:36


おはようございます。

バラの家楽天店店長の木村やすはるです。


12月に入ってからだいぶ冷え込むようになってきましたね。
昨日からはついに早朝車の窓が凍りはじめました。

ということでいよいよ用土替え&冬剪定の適期がやってきました。

今シーズンはバラの家実店舗で開催している講習会“バラ塾”も
開催を見送っている状態ですので、

少しづつですが休眠期の作業についてブログで紹介していこうと思います。




冬剪定や用土替えの最適期について


関東以南などの比較的温暖な地域では一番寒い1月の中旬頃が最も冬剪定用土替えに適した時期になります。

なぜなら、まだ光合成を行い、根も生長をしている品種もあるので
一番寒い時期まで葉を残しておくことで、光合成で作られた栄養(でんぷん)が茎や根に蓄えられ、
枝が太く硬く締まり寒さなどでも枯れ込みにくい枝になります。


また、あまり早く冬剪定をすると温かいうちに芽を伸ばし寒さなどで芽が痛みやすくなります。

とはいえ1月中旬ころは寒いし時間もないという場合には、
冬剪定は12月下旬から2月中旬頃までの間に行ってください。

つるバラの場合は誘引が遅れると花付きが悪くなるので1月中に終わらせるようにしてください。
どうしてもという場合は早くても12月中旬頃からがおすすめです。







水やりのタイミング


水やりの回数が多いとバラは休眠しにくくなり、
また株も柔らかくなり冬の寒さなどで痛みやすくなります。

冬剪定前で葉が多く残っている場合には小さな鉢の場合は水切れも注意が必要ですが
冬剪定後はほとんど土が乾かなくなります。地上の場合は水やりの必要はありません。

鉢植えの場合は表土だけでなく軽くほじって土の乾き具合を確認したり、
鉢を持って重さで乾き具合を確認して土が乾いてきたと思ったら
午前中暖かくなってから水をたっぷり与えてください。

夕方に水やりをすると土が凍り根を痛める原因となります。


とはいえ初心者の方は水切れが心配だと思いますので
水やりのタイミングとしては雨がふらなければ10日に1度程度水やりをしてください。

水やりが多すぎると根腐れを起こして
春先暖かくなり始めた頃に枝が枯れ込む原因となります。


根が張っている苗はそれほどの心配はありませんが、
畑から掘り上げられたばかりのまだ根が土を掴んでいない予約大苗の場合は特に根腐れには注意が必要です。

初心者の方や春先にバラをからしてしまう方は植物水分計のサスティなどを使うと土の乾き具合がわかり、
また水やりのタイミングも覚えられるのでおすすめです。


水やりが多いと冬剪定した枝の切り口から樹液が出てきて一緒に大切な養分なども流失してしまいます。
切り口から流れ出た樹液は乾くと白い粉のようになります。

もし樹液が止まらない場合でも、水やりを控えるようにすれば自然に止まりますのでご安心ください。
しかしながら、昨今のような暖冬だと、気をつけていてもどうしても樹液が出てきてしまう場合もあります。

多少は大丈夫ですのであまり気にしすぎなくてもOKです。






鉢増しについて





ということで、冬剪定や土を崩す用土替えを行う場合はもう少し先が、
根鉢を崩さない鉢増しなら今すぐにでも行うことが出来ます^^


鉢増しとは今までの鉢よりも大きな鉢に植え替えることで
冬剪定をしていない場合でも行える用土替えです。


しばらく同じ鉢で育てていたり、株に対して小さな鉢で育てていると
根がパンパンに張っていて、新たに根を伸ばすことが出来ず
そのままにしておくと株の生育や花付きなどが悪くなります。

そんな場合には一回り大きな鉢に鉢増しするだけで、
新たに根を伸ばしその後の生育や花付きが格段に良くなります!


用土替えをする場合にはあらかじめ水やりを控えて
土を乾かしておくと土が崩れやすくスムーズに行えます。


ほとんどのバラには多かれ少なかれトゲがありますので
手が傷だらけにならないようにガーデングローブを必ず着用してください。













まずは鉢から株を抜き出します。
順調に生育していると抜くのに結構力が必要です。

※注意※ 根がまだ張っていない場合には
鉢増しはもう少ししてから行ってください。







鉢底から根が出ている場合はどんなに引っ張っても抜けないので
ハサミやカッターなどで根を切り取ってください。




それでも抜けない場合には鉢の周りを手や膝などで
押したり叩いたりすると抜けやすくなります。




また株元を持ちゴムハンマーで鉢の縁を叩く裏技もありますが
鉢の破損等にご注意ください。



それでも抜けなかったり、テラコッタや陶器鉢、
鉢の形状でそのままでは抜けない場合などは、

プラントハンター根切りを鉢の縁に差し、
上下させながらぐるりと一周させると鉢と根鉢が離れ簡単に抜くことができます。





抜いたときに土が崩れてしまう場合は
そのまま戻してもう少し同じ鉢で育てましょう。

この時に草などが生えている場合にはできるだけキレイに取り除きます。




生育期は根鉢は絶対に崩さずにそのまま植え替えます。

休眠期に鉢増しをする場合には
根鉢を少しだけほぐしてから鉢増しをします。




特に根が密集している根鉢に肩の部分、鉢底、そして側面を
ミニクマデなどで軽くほぐします。
軽くほぐすことで新しい土との馴染みが良くなります。

※注意※ 根をほぐすのは休眠期だけの限定です。
生育期には絶対に根はほぐさないように気をつけてください。





こんな感じで少しすっきりさせると根の発根がよくなります。







鉢増しは元の鉢より一回り大きな鉢を選びましょう。
大きすぎると水のあげすぎによる根腐れの原因にもなるので要注意です。

また、バラは深根性の植物なので高さがあり、
通気性や排水性などに優れている鉢をお選びください。

バラの家の大苗などが植え付けてある6号角深鉢の場合は
2サイズ大きい8号角深鉢がおすすめです。


用土も通気性や排水性に優れたバラ向きの培養土がおすすめです。
今回、使用するのは初心者の方でも失敗が少なく育てられるプレミアローズ培養土です。


はっきり言ってしまうと、良質な用土でポイントを抑えて用土替えを行えば、
春の開花の半分以上は成功したようなものです♪






まずは培養土を鉢に直接入れます。

プレミアローズ培養土も8号角深鉢も通気性や排水性に優れているのでそのままですが、
排水性の悪い鉢などの場合は鉢底石や赤玉中粒などを底に敷いてください。

この時にプラスコップがあると便利です。






その上にプレミアローズオーガニック肥料を元肥として規定量(8号鉢の場合は80g)と、
根の生育を促進させるプレミアローズ根を育てる肥料を規定量(8号鉢の場合は30g)を
培養土と軽く混ぜ合わせ、




根が肥料に直接当たらないように
その上からもう一度培養土を3cm位かぶせます。

元肥なしでも大丈夫ですが、この一手間で更に良く育ちます。





鉢底に用土を入れたら苗を中に入れて高さをチェックします。

接ぎ口(台木と園芸種の接いであるところ)が必ず土の上にでるようにします。
また、用土は鉢の縁いっぱいまで入れず3~5cmはあけるようにしましょう。
この空間をウォータースペースと言います。







鉢と根鉢の間にサラサラと土を流し込んでいきます。




土を入れたら鉢を軽く持ち上げトントンと落とすか、
大きい場合はゆすって隙間に土が入るようにしましょう。

この時に木の枝や指などで押し込むと土の目が詰まってしまうので
絶対に土は押し込まないようにしてください。


また、1度ではなく土を入れながら2回に分けて
トントンしてあげると隙間ができにくくなります。





こんな感じで接ぎ口を出してウォータースペースをしっかり作りましょう。
ウォータースペースがないと水やりをしても土全体に行き渡らないので
用土全体に根が張らず生長不良の原因になる場合があります。






ウォータースペースからこぼれるくらいまで水がたまるように
水をたっぷりあげましょう。

この時、水圧が強いと土の目が締まってしまうことがありますので
必ずハス口を付けて水やりをしてください。





水が完全に引いたら






もう一度ウォータースペースからこぼれるくらいまで水がたまるように
水をたっぷりあげましょう。


普段の水やりもウォータースペースに水をたまるように
たっぷりと水やりをすると用土全体に水が行き渡ります。

また、冬の間は土が乾きにくいので水のあげすぎに気を付けましょう。

ただし、鉢ましの場合は根がしっかり張っているので
多少のあげすぎでも他の用土替えよりも失敗が少なくなります^^





これで鉢増し作業は完了です。
植え替え後はできるだけ日当たりがよく風通しの良い場所でお育てください。



木村裕治

最終更新:2020/12/04 18:36

ページ上部へ

カレンダー

2021年4月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

今月

過去の日記

2021年
2020年
2019年
【バラの栽培&品種選び掲示板】

こちらの掲示板はバラ好きの皆様のバラ栽培・バラ選びの一助となれば幸いと思い、店長木村裕治が個人的に返信しています。そのため、返信に時間がかかる場合もございます。

また、バラの育て方、品種選び以外の書き込みはすべて削除させていただきます。

ご理解・ご協力くださいますよう、よろしくお願いいたします。


【掲示板へのご返信ありがとうございます】

当店による返信にもたくさんの暖かいお礼のご返信をいただき、本当にありがとうございます。

掲示板のシステム上、当店からの返信は控えさせていただいていますがいつも嬉しく読ませていただいています。