【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

2014/07/15 12:00

神社の鳥居


「お子さんのお宮参り(初宮参り)は、神社でやる?それともお寺でやる?」

「初詣は、神社?お寺?」


これ、わかりますか??
神社とお寺の違いがわかってないと、迷いますよね。



というわけで、今日は神社とお寺の違いについてです。


カンタンに説明すると、
「神様、仏様、稲尾様」のうち、神様を祀っているのが神社です。
仏様を祀っているのがお寺です。
稲尾様はどこなんでしょう?



で、詳しめに説明すると・・

まず、信仰が違います。
神社は「神道」、お寺は「仏教」です。

神道には経典がありませんが、仏教には経典があります。
「法華経」とか「般若心経」です。

神社では参拝の際に柏手を打ちますが、お寺では柏手を打ちません。
神社の基本は二拝(礼)二拍手一拝(礼)です。
出雲大社や宇佐神宮など、二拝四拍手一拝のところもあります。
お寺では柏手を打つ代わりに、両手を合わせて合掌をします。


神社には鳥居がありますが、お寺にはありません。

うちの近所に神社の分院(分祠/ぶんしといいます)があるんですが、
すっごい狭い敷地の中に、しっかりと鳥居や手水舎(てみずや)、拝殿があります。

鳥居は、日常の世界と神様の領域の境界を示す門です。
くぐる時には、軽く一礼をするのが作法です。

ちなみに、鳥居には結界みたいな役割もあるんです。
赤い鳥居が多いのは、「朱色」には古来から魔除けの力があると信じられているからなんだそうですよ。



というわけで、神社とお寺はかなり違います。
かなり違うんですが、不思議なことに、

「お子さんのお宮参り(初宮参り)は、神社でやる?それともお寺でやる?」

「初詣は、神社?お寺?」


この質問の正解は、どちらも「神社でもお寺でもいい」ということになっちゃうんです。


お宮参りは、明治神宮(神社)でも、浅草寺(お寺)でもできます。
初詣も、明治神宮でも、浅草寺でもできます。


これにはちょっとややこしい理由があります。

もともと日本は神道の国でした。
そこへ、海を渡って仏教が日本に伝わってきました。飛鳥時代のことです。

その後、日本では長い間、神道と仏教が仲良く共存していました。
だから、神社とお寺の境目があったりなかったりしていました。

ところが明治になってから、その状況を良しとせず、「はっきりと分けよう!」という動きがあったんです。
それが、明治元年の「神仏分離」です。


だから、神道と仏教、神と仏、神社とお寺をはっきりと分けたのは、
日本の長い歴史の中ではつい最近のことなんです。

それもあって現在も曖昧なままなのかもしれませんね。


でも、お寺で「お宮参り」という表現はちょっと変ですよね。
「お宮」なんだから、神社のはずです。

お寺の場合は「お初参り」という表現になるんだと思います。
実際に、例えば千葉県の成田山のホームページには、「お初参り」と書いてありました。

最終更新:2014/08/01 21:47

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2014/07/14 12:01

江戸木目込み人形の柿沼東光さん


上の写真は、江戸木目込み人形の柿沼さんです。


とつぜんですが、柿沼さんは「東京都伝統工芸士」なんです。

そして「伝統工芸士」でもあるんです。



・・・知らない方がみると「どっちやねん」って感じですよね。



なので、カンタンに説明したいと思います。

伝統工芸士
認定対象は、「伝統的工芸品産業の振興に関する法律(伝産法)」に基づき「経済産業大臣が指定する215品目の伝統的工芸品」の製造に従事するひとたちです。
認定するのは「一般財団法人伝統的工芸品産業振興協会」です。
経済産業大臣が認定するわけではありません。

東京都伝統工芸士
認定対象は、「東京都が指定する41の伝統工芸品」の製造に従事するひとたちです。
認定するのは「東京都知事」です。


わかりました??



要するに、伝統工芸士と東京都伝統工芸士は全く別のものということです。
だから、柿沼さんは、「東京都伝統工芸士」でもあり「伝統工芸士」でもあるんです。


ちなみに、埼玉県には埼玉県知事が認定する「埼玉県伝統工芸士」というのがあり、
千葉県には千葉県知事が認定する「千葉県指定伝統的工芸品製作者」というのがあります。

江戸鼈甲の矢吹さん江戸独楽の太田さん古式鍛造包丁の八間川さんは、千葉県指定伝統的工芸品製作者です。
矢吹さんは東京都伝統工芸士でもあります。


最終更新:2014/08/13 22:57

2014/07/13 12:25

「漆器」って奥が深いです。

漆器は、いろんなところで、いろんな価格で売られていますよね。
安いものだと100円ショップにもありますし、高いものだと数十万~数百万円するものもあります。


では、問題です。
なんでそんなに価格差があるんでしょうか?



消費者庁の家庭用品品質表示法のページに、そのヒントが載っています。

重要なのは、漆器類の定義。
「漆又はカシュー樹脂塗料等を塗った食事用、食卓用又は台所用の器具(木製のもの及び合成樹脂製のものに限る)」と書いてあります。

どうやら漆器類は、塗料と素地が重要なようです。



1)塗料

塗料は、「漆を塗った」ではなく、「漆又はカシュー樹脂塗料等を塗った」と書いてあります。

「カシュー樹脂等」なんです。
この「カシュー樹脂等」に含まれるのが、「カシュー樹脂」や「メラミンアルキド樹脂塗料」「ユリアアルキド樹脂塗料」「ウレタン樹脂塗料」の4つの「合成樹脂塗料」です。
ですから、漆を一切使用していないものでも、カシュー樹脂塗料やメラミンアルキド樹脂塗料、ユリアアルキド樹脂塗料、ウレタン樹脂塗料を使用したものは、法律上は「漆器類」に分類していいことになっているんです。

要するに、「漆器類」に使用される塗料として認められているのは、天然の漆だけじゃないってことです。

※カシューはカシューナッツのカシューです。美味しいです。大好きです。カシュー樹脂塗料は、カシューナッツの殻から抽出するオイルで、漆の主成分「ウルシオール」に分子構造が似てるんだそうです。


2)素地

素地は、「木製のもの及び合成樹脂製のものに限る」と書いてあります。
ということは、天然の木を使用したものと合成樹脂を使用したものの2種類かと思いきや、合成樹脂と木粉との混合物を使用したものもあるんです。



価格の違いは、「塗料」と「素地」の2つの要因が大きいです。

塗料で比べると、「天然の漆>合成樹脂塗料」となります。
素地で比べると、「天然の木>混合物>合成樹脂」です。

そりゃそうですよね・・。

でも、これ以外にも要因はあります。


工程とか流通のルートとか。

例えば職人さんの手作りと工場での大量生産では、当然価格は違います。

合成樹脂にウレタン塗装をした大量生産品は安いものが多いでしょうし、天然の木に天然の漆を塗った職人手作りの品は高いものが多いでしょうね。


というわけで、確認方法です。

漆器類は品質表示法に基づいて表示しなければなりませんので、品名や塗装、素地の種類が明記されているはずです。
そこをチェックすれば、その漆器の塗装や素地の種類が分かります。

特に、「品名」は大事です。
「品名」に「漆器」と表示してもいいのは、表面の塗装全てに天然の漆のみを使用したものだけです。
「合成樹脂+合成樹脂塗料」の漆器類の場合は、品名には「漆器」とは記載できませんので、「合成漆器」と表示されていることが多いようです。

100円ショップで売られている「漆器類」は、ほぼ100%が「合成樹脂+合成樹脂塗料」です。
仕事場の近くの100円ショップで見たら、品名はちゃんと「合成漆器」と明記されていました。


ちなみに、
手しごと本舗で紹介している「内田さんの越前漆器」は、素地が天然の木で塗装が天然の漆ですので、「漆器」です。

「木内さんの食器セット」は、素地がABS樹脂で塗装がウレタンですので、品質表示法上の品名は「合成漆器」になります。





出産祝いやお食い初めにおすすめです。
内田さんの越前漆器
内田さんの越前漆器



木内さんの食器セット
木内さんの食器セット



最終更新:2014/08/01 21:47

2014/07/12 13:00

過ぎちゃいましたが・・・7月7日は七夕でした。
一年に一度、織姫さまと彦星さまが出会えるロマンチックな日です。

ところで、
七夕は、桃の節句や端午の節句と同じ節句のひとつだって知ってましたか??

あまり知られていないようですが
「5節句」といって、江戸幕府が制定した5つの節句というのがあるんです。

今日は、その5節句を紹介します。

1.人日(じんじつ)の節句・・・1月7日
別名「七草の節句」です。
春の七草で作った七草粥を食べますよね。
春の七草は、せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろです。
すずなはかぶ。すずしろは大根です。

2.上巳(じょうし)の節句・・・3月3日
「桃の節句」の方が一般的ですね。
お雛様を飾り、女の子の健やかな成長を願う行事です。

3.端午(たんご)の節句・・・5月5日
別名は「菖蒲の節句」。
こいのぼりや兜、五月人形を飾り、男の子の健やかな成長を願う行事です。
我が家では毎年、しょうぶ湯に入ります。

4.七夕(しちせき)の節句。・・・7月7日
別名は「笹の節句」です。
願い事をしたためた短冊を笹に吊るします。
かつては旧暦で行われていました。
旧暦だと今年の七夕は8月2日。
梅雨が明けた夜空には、きれいな天の川が広がっているんでしょうね。

5.重陽(ちょうよう)の節句・・・9月9日
別名「菊の節句」です。
長寿を祈る行事で、平安時代の宮中では菊を飾って鑑賞したり、菊の花をお酒に浮かべていただいたりしたんだそうです。

以上、5節句でした。



祭遊
こちらは、柿沼さんの江戸木目込み人形「祭遊(さいゆう)」です。
1年中飾っておける、新しいコンセプトの雛飾りで、写真は「七夕」です。
このほかにも、お月見やお正月、ひな祭りなど季節ごとに飾りつけを変えることで、一年中飾って楽しむことができるんですよ。

最終更新:2014/07/23 06:31

2014/07/11 16:15

何度かお伝えしておりますように
ストアの店舗名が「赤ちゃん子供新聞ストア」から
「手しごと本舗」に変わりました。

で、
Facebookページも「手しごと本舗」に変更しようと
Facebookさんに申請を出したんです。

そしたら、ものの10分で返事が。

はやっ!

と思いながらメールの文面を読んでびっくり!

あっさりと、却下させているではありませんか。


記載された却下の理由を読むと、
次のような場合は、Facebookページの名前を変更することはできないそうです。

・ビジネスの内容変更
・個人名から個人名+アクティビティまたはビジネス名への変更

うーん、
サイトの内容もビジネスの内容も変わってないのに。
変わったのは「店舗名」だけなのに。

どう考えても却下される理由が分からない(笑)


というわけで、すぐに再申請をいたしました。

そしたら、今度はオッケーでした!


よかったよかった。

ただ、変更が反映されるまでに、14日かかるそうです・・。


それまでは、Facebookページだけ「赤ちゃん子供新聞ストア」のまま・・・。

何卒、ご了承くださいませ。


最終更新:2014/08/01 21:48

ページ上部へ

つぶやき

カテゴリ

カレンダー

2020年5月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

今月

過去の日記

2020年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年
2018年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月