【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

2014/08/05 06:00

貝合わせ



「貝合わせ」というのがありました。


平安時代から続く遊びです。

貝殻の美しさや珍しさを競ったり、
貝殻が題材の歌を詠んで優劣を競い合ったり。

そんな貴族たちの遊びでした。



「貝覆い」というのもありました。


左右一対のハマグリの殻それぞれに、同じ絵を描きます。

これを複数セット用意して、
トランプの「神経衰弱」のようにして遊ぶんです。

ハマグリに描く絵は、
源氏物語の絵巻や四季の花々が多かったようです。



で、現在では、
「貝合わせ」も「貝覆い」がごっちゃになって
どちらも「貝合わせ」と呼ばれるようになっちゃってるんです。


写真は、貝覆いのほうの貝合わせです。

小さいころからこんな素敵な神経衰弱をしていたら
「ごきげんよう」という挨拶が良く似合う、
蓮子さまのような女性になるのかな??


・・・最近、朝の連ドラにはまっております。




こちらは、藤原さんの貝合わせ「源氏物語」です。
貝合わせ


女の子のお誕生日や七五三の贈り物にいかがですか。


最終更新:2014/11/11 12:54

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2014/08/04 20:27

楽天市場のトップページの左上に「お中元特集」とあります。


ん?

遅くない??



と、思ってしまう僕。

東京都江戸川区に住んでいる関東人だからです。


関西の人にとっては、
まさに今がお中元シーズンです。



といいますのも、
お中元のことを
「盆供」や「盆礼」と呼ぶ地域があることからもわかるように
お中元は、もともとお盆に贈り物をする行事だったんです。



で、
関東では、新暦にお盆を迎える地域が多いので
お中元の時期は、7月初め~15日くらいまで。


関西では、月遅れの8月にお盆を迎える地域が多いので
お中元の時期は、8月初め~15日くらいまでなんです。



ちなみに、お中元の発祥は中国。

「中元」は、
中国の「道教」の「三元」という行事のうちのひとつなんです。


1月15日が上元。
天官という、福の神様を祀る日です。


7月15日が中元。
地官という、慈悲の神様を祀る日です。


10月15日が下元。
水官という、災害の神様を祀る日です。



中元は、地官という神様の誕生日。

地官の誕生日を祝うお祭りと
仏教のお盆の行事とが組み合わさって
お中元が始まったといわれています。




こちらは、
なぜか(笑)お中元にも人気の「べっ甲耳かき」です。
べっ甲の耳かき



最終更新:2014/08/04 20:27

2014/08/03 14:20

羽田空港からいま帰ってきました。


といいますのも、
今日から上のお兄ちゃん(5年生)が
奥さんの実家の長崎に遊びに行ったんです。

その見送りでした。



しっかしまぁ、
あっさりとしたもんでした(笑)

手荷物チェックの入口の手前のとこから、
下の子が大きい声で

「いってらっしゃーい!」

って叫んでるのに、完全無視。


チェックがおわったら、さーっと走って行っちゃいました。

まぁ、時間がギリギリだったってのもあるんでしょうが・・。



さっき「着いたよ」いう連絡がありまして。

約2時30分のひとり旅は、無事に終了したようです。



今回は、20日までのロングステイ。

少しはたくましくなって帰ってくるのかな。

楽しみです。



先日ご紹介した、
お盆の花火や精霊流し
もしっかり体験してくるようです。



では、今日はこの辺で。



残った大人は、お盆休みにゆっくり包丁研ぎなんぞいかがですか??
砥石



最終更新:2014/08/03 14:20

2014/08/02 23:42

フジテレビのリアルスコープハイパーという番組で
「消防署の最前線に完全密着」というのをやっていました。



車と電車が大好きな下の子は、かぶりつきで観ておりました。

救急車や消防車が画面に出てくるたびに、大喜びです。



僕は、119番電話への対応の素晴らしさに改めて感動しました。

下の子は(以前書いたような気がしますが)カラダが弱いです。


数年前に、
高熱で意識がなくなってしまい、119番したことがあります。

僕も奥さんもパニック状態で・・

最初に住所を聞かれたんですが、支離滅裂だった記憶があります。


そんな状態の僕でしたが
119番の方は、正しい住所をしっかり聞き出してくれて
ものの数分で救急車を配車してくれました。


本当にありがとうございました。



あれから数年。

近所に消防署があるので、たまに下の子と二人で見に行きます。

消防隊員の方々が、出動の準備をしていたりすると
目をキラキラと輝かせて熱心に見つめています。


「救急車に乗ったことあるんだよね!」


隊員の方々に良くしていただいたことを、
なんとなく覚えているみたいです。

救急車に乗ったときのことを、嬉しそうに話してくれます。




救急車
こちらは、下の子も持ってる清水さんの救急車。
インテリアとしても十分使える完成度の高さです。



最終更新:2014/11/11 12:52

2014/08/02 08:17

先日、「伝統工芸士」ってややこしいという記事を書きました。


読んでいただくと分かるんですが、ややこしいんです。


「伝統工芸士」で「東京都伝統工芸士」だったり・・

「伝統工芸士」で「埼玉県伝統工芸士」だったり・・・

どっちやねん!って感じなんです(笑)



今回はその続き。
「伝統工芸品」もややこしいというお話です。


といいますのも、
手しごと本舗には「千葉県指定伝統的工芸品」の作り手さんに
3人登場していただいています。


1.江戸鼈甲の矢吹さん

2.江戸独楽の太田さん

3.関東牛刀の八間川さん


千葉県の場合、
「千葉県指定伝統的工芸品」を作ることができるのは
千葉県指定の伝統的工芸品製作者だけなんです。


「矢吹さんのべっ甲細工」とか
「太田さんの木地玩具」とか
「八間川さんの関東牛刀」という風に、
作り手と工芸品がセットになっています。


僕が物凄く上手に江戸独楽をつくったとしても、
その独楽は千葉県指定伝統的工芸品とはいえません。

当たり前ですね。



で思ったんです。


他の都道府県はどうなんだろ??



「東京都指定伝統的工芸品」とか
「埼玉県指定伝統的工芸品」とかいうのはあります。


東京都指定の伝統工芸品は41品目。

なぜか、東京都では伝統的工芸品とは呼ばず、
「的」を取って伝統工芸品と呼んでいます。


埼玉県伝統的手工芸品は30品目。

埼玉県でも伝統的工芸品とは呼ばず、
「手」を付けて伝統的手工芸品と呼んでいます。

統一すればいいのに。



ただ、東京も埼玉もネットで調べる限りだと
千葉県のような作り手の指定は、特にないみたいなんです。


だとすると、極端な話
誰が作ったものでも「伝統的工芸品」
と呼んでいいことになっちゃいますね。



そんなばかな・・・



というわけで、電話して聞いてみました。


「東京都指定の伝統工芸品」
については、東京都産業労働局商工部経営支援課。

「埼玉県伝統的手工芸品」
については、埼玉県観光課の観光・物産振興担当です。


東京も埼玉も同じような答えでした。


各工芸品ごとに組合があって、
それぞれの組合で認められた職人さんが作ったものでないと
伝統工芸品とはいえない。


という感じ。


僕が作ったんじゃだめですか?

と聞いたら、失笑されてしまいました(笑)


で、
ついでに、国にも聞いてみました。


「経済産業大臣指定伝統的工芸品」について、
一般財団法人伝統的工芸品産業振興協会に電話してみました。


こちらも同じ答えでした。


結論としては、
「●●さんが作った●●」という風に、
作り手と品目の指定をしているのは千葉県だけで
国と東京都、埼玉県は
品目だけを指定して作り手の認定は各組合にお任せ
ということのようです。


うーん、なんだかすっきりしない・・・


千葉県みたいに
国(伝統的工芸品産業振興協会)が認定した伝統工芸士や
各都道府県知事が認定した伝統工芸士(東京都伝統工芸士とか)が
作ったものだけを「伝統的工芸品」と呼ぶ
ということにしたら分かりやすいのに・・。


まぁ、そんなわけにはいかない事情があるんでしょうね。


ところで、
なんで千葉と東京と埼玉なんだろ(笑)


他の都道府県はどうなんでしょうね。


今度、調べてみます。



こちらは八間川さんの古式鍛造包丁。
千葉県指定伝統的工芸品です。
千葉県指定伝統的工芸品の包丁





最終更新:2014/08/13 22:57

ページ上部へ

つぶやき

カテゴリ

カレンダー

2020年5月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

今月

過去の日記

2020年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年
2018年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月