【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus
店長の部屋Plus+は2022年1月をもって提供を終了致します。長きに渡りご愛読ありがとうございました。
※2021年9月末をもって、新規記事の投稿及びコメントの投稿を停止しております。

記事詳細

2013/01/23 14:40

こんにちは。
プチフィーのマキコです。





今日は小学校の支援級の教室に読み聞かせをしてきました学校

プログラムは、参加型タイプの絵本を2冊と、
聞かせるタイプの絵本を1冊。

私を含むメンバー3人で読みました。




まず始めに読んだのは、

こうていペンギン.gif

『はじめまして!こうていペンギン』 サン・チャイルド ビッグサイエンス1月号 (チャイルド社)


 こうていペンギンの生態を紹介する科学本です。

 ペンギンの赤ちゃんはお父さんの足の間で暖をとることや、
 えさを取りに行っているお母さんの帰りを何日も待っていることや、
 少し大きくなって1人で寒さから耐えられるようになると、
 幼稚園のような集団に入ることなど、写真で紹介されていますカメラ

 最後には見開きのページで、
 等身大のこうていペンギンの写真があるので、
 「背比べしたい人~」といって、順番に並んで楽しんでもらいました音符




2冊目は、ペンギンと同じ冬の動物のはなし…ということで、

しろくまのパンツ.gif

『しろくまのパンツ』 ブロンズ新社


 パンツをなくしてこまっているしろくまさん。
 そこへ、心配したねずみさんがやってきて、いっしょにパンツをさがしにいくことに。
 しましまのパンツ、誰のかな?
 かわいい花がらのパンツ、誰のかな?

 と、クイズ形式で楽しめる絵本です。
 最後の「あっ」とおどろく発見に、子ども達は大喜びでした。




そして最後に私が担当した、日本の昔話。

『かえるをのんだととさん』
 作: 日野 十成  絵: 斉藤 隆夫  出版社: 福音館書店



 ある日、ととさんのお腹が痛くなり、お寺の和尚さんに相談に行きます。
 すると和尚さんは「お腹に虫がいるせいだから、蛙をのむといい」と教えてくれます。

 教わったとおりに蛙をのみこむと、お腹にはいった蛙が虫を食ったのでお腹の痛いのはなおります。
 でも今度は、お腹の中で蛙が歩くので気持ちが悪くなり、また和尚さんに相談します。

 すると、「蛇をのむといい」といわれます。

 蛇の次は雉(きじ)、というように前にのみこんだものを食べる動物を次々とのみこみます。

 しまいには鬼をのむのですが、
 この鬼を追い出すのが「鬼はそとー」と、節分の豆なんですグッド

 

昔話を読むのはとても難しいので、
6年生の娘にアドバイスしてもらいながら何回も練習しましたぐー


始めのときは騒がしかった子ども達も、
だんだんと絵本に引き込まれていくのが伝わってきて、
「面白かった~」と声をかけてくれましたスマイル

自前の本だったので、
「教室に置いていきましょうか?」と先生に聞いてみると、
子ども達も先生も「わーい!」と喜んでくれたのが嬉しかったです音符




この絵本は昔話なので、
和尚様やキジ、猟師の着ているミノ、など子ども達が知らないものが登場したりします。

さらっと流れてしまうこともあるかも知れませんが、
まずは目にすることが大事ですものね。

それに、節分という季節の行事も楽しむこともできるので、
1月に読む絵本は毎年これに決めようかなと思いましたオーケー








最終更新:2013/01/23 14:40

コメント 0件

ページ上部へ

カレンダー

2013年1月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

今月