【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2010/03/25 19:43

こんばんは
ミシンのお店アックスヤマザキのヒツモトですスマイル


今日は時々おこる糸調子の勘違いを写真カメラで解説したいと思います。

この時期、初めてミシンを使ってみよう!という初心者の方も多いですしさくら
ベテランの皆さまは、おさらい程度に流し読みしてくださいノート


ミシンの糸調子の話は過去にもブログで何度か取り上げてきました。
上糸と下糸の抵抗を合わせてあげると布の表も裏もきちんとした縫い目になりますねウィンク

普通の縫い目

こんな状態ですね
(写真の縫い目は。。。もう少し上糸調子を強くしてあげた方がいいかもですね雫




では、問題です

お電話のお問い合わせでも多い内容なんですが。。。

布の表側

布の表側はとりあえず縫えている。
(でもちょっと緩い気がするほえー


布の裏側

布の裏側はブカブカに糸がたるんでいるショック


さて、『こんな時あなたならどうする~?』



1番 とりあえず上糸調子を強くするパンチ


2番 もちろん上糸調子を弱くするうっしっし











さて~。。。






考えはまとまったでしょうか?




実は。。。うっかり2番と答えてしまう人が多いこの状況。


正解は。。。
1番ですっ!!




布の裏側でゆるんでるんだから、
下糸がゆるい状態。
上糸もバランスをとって弱くしなくちゃ雫
。。。と思ってしまう方が多いのですが。


実は布の裏側で弛んでいるのは下糸ではなく上糸なのですひらめき
上糸がたるみすぎていて、布の裏側で残ってしまっている状態なので上糸調子は強くしてあげます。



文章だと分かりにくいので、上糸を赤い色に変えて縫ってみましょうウィンク

赤い糸に交換



下糸はさっきと同じ青い糸を使っています。
糸調子もさっきと同じです。


布の表側 赤

布の表側はさっきと同じ。
とりあえず縫い目になっている状態ですね。

では、布の裏側を見てみましょう虫眼鏡



布の裏側 赤

布の裏側でブカブカしているのは。。。

赤色の上糸でした

下糸ではなかったのがお解りいただけたでしょうか!?


ここから上糸調子を少し強めてあげれば。。。

普通どおり

普通に縫えるようになりました。

「布の裏側は下糸」と思い込んでしまうと、
裏側で糸がゆるんでいると糸調子を逆に緩めてしまいさらに症状が悪化してしまいます失敗
上糸が一度釜の中を通ってから上にあがっていくという事もお忘れなくひらめき



ではでは、本日はこれにて四つ葉

最終更新:2010/03/25 19:43

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 12件 コメントを書く

2011/03/27 13:35:23

ミシンだいすき

栗山かりんさん

母の残したミシンを使うべく格闘中ですがなかなか言うことをきいてくれず。

ループ状の下糸を前に途方にくれてた。がもしやと思いネットをみる!

うれしい!原因がわかり調整すべくとトライします。

ありがとう!!!

2011/03/29 20:13:56

コメントありがとうございます!

ミシンのお店 アックスヤマザキさん

栗山かりんさま、ありがとうございます。
その後調子は直りましたでしょうか?
もし、当社のミシンをお使いでお困りの事がありましたら
お気軽にお電話にてお問い合わせくださいませ。
電話口にてミシンの状態を確認させていただきます(^U^)

2011/04/05 12:07:00

Special Thanxs!!

とおりすがりさん

ありがとうございます!
写真つきでわかりやすいです!助かりました☆

2011/04/22 18:57:51

コメントありがとうございます♪

ミシンのお店 アックスヤマザキさん

とおりすがりさん、お役に立てたようで良かったです!(^^)

2011/05/10 12:51:39

とっても参考になりました♪

ロコンさん

はじめまして(*^-^*)
布地の裏側が糸でぐちゃぐちゃになってしまっていて
糸の調子だとは思ったのですが、どうしていいのかわからず
あちこち検索していてたどり着きました。
上糸がゆるいという事・・・それの対処の仕方が
写真付きでとてもわかりやすく助かりました。
ありがとうございましたm(__)m

2011/05/23 19:48:10

Re:ミシンの糸調子の合わせ方【上糸下糸勘違いでの間違い】

たかさんさん

ミシンの下糸が 強すぎると思うのですが 調整できるのでしょうか?

2011/05/31 16:04:23

コメントありがとうございます。

ミシンのお店 アックスヤマザキさん

ロコンさん
ご返信おそくなりすみません;
お役に立てたようで良かったです(^U^)
ミシンの上糸と下糸の仕組みは理解するまでがちょっと難しく感じてしまいがちですからね。
もしどうしても上手くいかないときは、自己流で無理に使うよりメーカー又は購入店への問い合わせをおススメします★
修理につながる故障を未然に防ぐ事が大切です。

2011/05/31 16:13:57

下糸の調整について。

ミシンのお店 アックスヤマザキさん

たかさんさんコメントありがとうございます。
下糸が強すぎる場合は、調整することも出来ますが、通常下糸を基準として上糸の調子をダイヤルで合わせるようになっています。
下糸が強いと感じる場合は糸調子ではなく、下釜に出来た傷に糸が引っ掛かっている場合も有りますので、安易にいじらないようにしてください。
水平釜と垂直釜で対処が変わりますが、下記URLを参考にしてみてください。
https://shop.plaza.rakuten.co.jp/axe/diary/detail/200912230000/
https://shop.plaza.rakuten.co.jp/axe/diary/detail/201011170000/
https://shop.plaza.rakuten.co.jp/axe/diary/detail/201002020000/
https://shop.plaza.rakuten.co.jp/axe/diary/detail/200911250000/

2012/09/14 07:41:54

同じ状態です。

のんたんさん

全く同じ状態です。上糸の糸調子を最大まで設定したり色々試してみましたが、直りません。
メーカーの高い修理に出す前に、他に試せることはありますか?
針、糸も変えて、鉄板や釜に傷なども見当たりません。
よろしくお願いいたします。

2012/09/14 09:41:39

コメントありがとうございます。

ミシンのお店 アックスヤマザキさん

のんたんさん★

先ず下糸はすくえますでしょうか?下糸がすくえない場合は修理が必要な可能性が高いです。

次に、上糸調子は効いていますでしょうか?上糸を針元で引っ張ってみていただき、布押えが上がっている時と下がっている時で重さが変わるかを確認してみてください。
押えを下したときに上糸がスルスル出てくるときは、上糸調子が効いていない状態です。
故障か、糸かけがしっかりかかっていない状態です。


糸の太さは何番でしょうか?#30等の糸は太すぎて糸調子が取れないので#60位の糸を使ってみてください。その状態で上糸調子ダイヤルが標準位になります。(ミシンによって表示が異なります)

布の種類はなんでしょうか?生地によっては糸調子をきつくしないと縫えない物もあります。
こちらも参照してみてください。
https://shop.plaza.rakuten.co.jp/axe/diary/detail/201002260000/

それでも直らない場合は。。。
メーカー窓口等で直接状況をお問い合わせいただくのも、良いと思います。
修理が必要な状態かどうかをご案内頂けると思います。

2013/05/28 10:28:25

ありがとうございます!

四葉野玄馬さん

母親の古いJANOMEミシンで、糸くずの山を拵えつつブチ切れていたのですがw、上糸の調子を強くしたら快調に縫えました!ありがとうございます! 

2013/06/06 10:04:59

コメントありがとうございます★

ミシンのお店 アックスヤマザキさん

四葉野玄馬さま、無事に縫えるようになったようで良かったですね!
お役に立てて光栄です。
古いミシンという事は立釜のタイプでしょうか?
釜のお手入れ等もよろしければ参考にしてみてくださいね★
https://shop.plaza.rakuten.co.jp/axe/diary/detail/200912230000/

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2010年3月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

今月

過去の日記

2020年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年
2018年