【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2018/10/20 15:29

507m-06.jpg

カーセキュリティーショップのユニバーサルトレーダーです。

盗難に遭ってしまうケースで車両ごと持ち上げる手法があります。

ジャッキアップしてレッカー移動したり、
車両ごとセーフティーローダーに載せてしまう方法のことです。

レッカー移動については一見すると目立つ行為ですが、
JAFのような格好をした人物であれば目撃されても疑われる確立が下がります。

つまり、目撃者も
「この車は故障でもしたのだろう。移動されるのは仕方が無い」
という認識で済んでしまいやすいのです。

人間の記憶というものは意外と曖昧(あいまい)なので
よほど注意深くしていなければ上記の状況を正確に覚えていないことの方が多くなります。

現在は防犯カメラの設置台数も大幅に増えているので
車を盗まれた後でもカメラによる目撃情報で追跡しやすくなりましたが、
盗む側(窃盗団)もそれを熟知しており、
盗んだ直後に特定されづらくする為にシートで覆うような方法を使います。

セーフティーローダーに載せる手法においても同様です。


こういった手法から守る為には、
ジャッキアップ直後に傾斜センサーを取り付けたVIPERなどのカーセキュリティーが
異常を感知してサイレンを鳴らせることができるのが効果的です。


もちろん、車両を盗まなくても高級ホイール・タイヤだけを盗む場合もあります。


ホイール盗難や車両自体の盗難を防ぐ為には
不法なジャッキアップによるお車の異常な傾斜を感知させるセンサーとして
傾斜センサー(507M)があります。

このセンサーはひとつのセンサーで前後左右の傾きを感知できる特性となりますので
設置場所は車両の中心付近に設置できれば多少の角度でもしっかりと反応しやすくなります。


ここで一つ、傾斜センサーの取り付けに関するポイントをご紹介しましょう!!

傾斜センサーは上記のようにセキュリティ作動時に角度を感知して反応できるセンサーなので
以前、ご紹介した高感度振動センサー(VISION 318-054)と組み合わせることで
非常に高度なセキュリティ効果を発揮できます。



DEI 507M(デジタル傾斜センサー)
https://item.rakuten.co.jp/auc-universal-trader/dei507m/


VISION 318-054(高感度振動センサー)
https://item.rakuten.co.jp/auc-universal-trader/318-054/



盗難の被害に遭う前では警察での対応には限界があります。
自分の愛車は自分で守るという鉄則を考え、盗難予防をしましょう。


最終更新:2018/10/20 15:29

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

カレンダー

2018年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

今月