【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2019/06/11 12:51

パウダー用のスキーも種類がかなり豊富に増え、
それに伴いブーツやビンディングもバックカントリーやサイドカントリー
に対応したモデルが増えてきている昨今ですが、
今回はポールのバスケットに注目した選び方のお話しです。

ポールのバスケットの大きさは一般的な直径60mm程度の大きさの他にも
直径90mm程度の大きなサイズのバスケットのものが多く発売されるようになりました。

違いはものすごくシンプルで、

大きなバスケットは単純に面積が広いため、
浮力が強く、ふわふわな雪でもある程度の沈みこみが少ない
といった特徴があります。

バスケットサイズ.gif

小さなものに比べると振り回したときなどにバスケットが大きく
振り回しづらいというところがあえて言うならデメリットだと思いますが
気になるレベルでは違わないのかなというのが正直な感想です。

ファットスキーと合わせてパウダーを楽しみたい場合などは
ラージバスケットのポールをお選びいただくのがおすすめです!

コブやパークがメインの場合は振り回しやすいノーマルサイズがいいかもしれませんね。

モデルによっては標準でノーマルバスケットが付いており、スペアでラージバスケットが
ついているお得なモデルもありますので好みに合わせてお選びください♪



最終更新:2019/06/11 12:51

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

スノーボード&フリースキー     オフワン

カレンダー

2019年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム